« PMF2007 | トップページ | ルールルルル と言えば・・ »

PMF2007その2

20070707pmf03
昨日のPMF2007オープニングセレモニー、お隣ではこんな可愛い観客もクラッシックを楽しんでいました。とても手入れの行き届いた長めの芝生はまさに緑のじゅうたん、ビール片手に鑑賞する人、お弁当を広げる人。日焼け止めクリームを塗る人・・日傘もあちこち。昨日は演奏自体は最初のファンファーレを入れても一時間弱だったと思いますが、同じ場所で最終日7月29日(日)には大人2000円(学生1000円、中学生以下は無料!!)で午前11時から午後7時までピクニックコンサートと称する催し開かれ、同じようにのんびりクラッシックを楽しめます。
昨日も穏やかな名演に癒されウトウトと眠くなったのですが、同様の人もそこここに(笑)。子守歌にクラッシックとは良く聞きますが、オーケストラの生演奏でお昼寝なんていうのは最高の贅沢かもしれません。(いびきは大顰蹙ですが)

(※写真はいずれもクリックすると大きく見れます。)
20070707pmf01
こんな風にステージでは演奏が行われる訳です(基本撮影禁止ですが、フラッシュやシャッター音が演奏の妨げや他の聴衆の迷惑にならず、個人の肖像権を犯さない範囲で、雰囲気を伝えるためにないしょで一枚)。終了直後の会場の雰囲気はこちら、20070707pmf04
かなり後ろの木陰に座っていた位置からの撮影です。大勢の人が芝生の上でのんびり過ごしていた雰囲気は伝わるのではないでしょうか。
ステージのアップ写真も載せて置きましょう。Jazzのコンサートなども開かれたりするステージです。20070707pmf06実はPMFのイベントには今回初めて行きました。大勢の人が行く場所は・・と敬遠する向きもありますが、まぁ一度はどんなものか見ておいて損はない。というのは単身暮らしの経験です。何らかの魅力があるから人は集まるのです。その魅力が自分にとっても魅力の場合もあるしそうでない場合もありますが食わず嫌いで美味しいものを未経験のままで終わるのは勿体無いと思う好奇心旺盛、食いしん坊の自分です。
さて、この野外ステージ札幌市内ではありますがややはずれ、地下鉄の最終駅からバスで15分という場所にあります。札幌駅からでも40分というと近さですが、かなりの自然豊かさは札幌ならではです。(札幌芸術の森と言う美術館も含む施設の一部です)我が家からは札幌の中心街は通らず山の中を通って一時間足らずで到着する場所で小さなクーラーBOX抱えて一日過ごすのも悪くないなぁと思わせた会場(冷えた生ビールなどの露店もあるので手ぶらでも大丈夫ですが・・)。ステージ側からの写真を載せてこの記事の筆を置きます。
20070707pmf02

|

« PMF2007 | トップページ | ルールルルル と言えば・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/15687573

この記事へのトラックバック一覧です: PMF2007その2:

« PMF2007 | トップページ | ルールルルル と言えば・・ »