« 私、生まれも育ちも | トップページ | 惑の花折々 0620 »

経栄山題経寺 が 本名

山号寺号(さんごうじごう)と言うのだそうである。比叡山延暦寺、成田山勝寺などは、そのままが有名だが、「経栄山題経寺」は 葛飾柴又にある 帝釈天の像で有名になって通称「柴又帝釈天」の山号寺号。大異山高徳院清浄泉寺 と言うのが「鎌倉大仏」みたいなものである。ちなみに○○さん○○じの言葉遊びもあるようだ。「惑さん良い記事」などと(笑)。
名前の話よりも驚いたのが、彫刻ギャラリー、400円で有料なのだが、訪れたときには是非見て欲しい。まずは1枚、クリックしてみてほしい。

Taisyakuten01

大正から昭和にかけての名工たちの傑作が並んでいます。雨風にさらされてしかも金網で覆っていたのをガラス張りの「彫刻ギャラリー」に変えたとのことです。外からみるとこんな感じです。Taisyakuten991階、2階をぐるり素晴らしい彫刻で囲まれています。Taidscn3786 十二支(写真はねずみ)、天女、メインの説話彫刻図(10枚)、Dscn3776s鶴(写真の下の段)の構成の二階、一階はTaidscn3792花鳥図に亀
(この亀の回りの波、有名なのは江戸時代の伊八という人で葛飾北斎は伊八の木彫を真似たという噂の作品も この記事をまとめるのに調べていて見つけた。このHP(帝釈天の彫刻の詳しい説明もある。))

説話図をもう2枚ほど。

Taidscn3774

Taidscn3778_1

お寺の全景ものせて置かなくてはいけない。Taisdscn3769山門、Taidscn3770本堂、

Taisdscn3801鐘楼 ということで 葛飾区、掘切菖蒲園、江戸川、柴又帝釈天 のぶらり旅終了。

|

« 私、生まれも育ちも | トップページ | 惑の花折々 0620 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぶんぶんさんから「予習しておくように!」とのお達しがあって見に来ました(^^)。
残念ですけど、明日はご家族のイベントを優先してください。
40年ぶり(?)に葛飾柴又に行ってまいります!

投稿: Tompei | 2008.11.14 19:04

>Tompeiさん
予習?いや、あまり予習として役立つような記事ではないですが彫刻をみないで帰っちゃう人も少なくない位マイナーな扱いになっているのはもったいないなぁという感じで記事にしたものです。
40年前・・三つ網のおさげか、おかっぱ頭だった頃でしょうか(笑)?寅さんの銅像と記念撮影してきて欲しいものです。

投稿: | 2008.11.15 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経栄山題経寺 が 本名:

« 私、生まれも育ちも | トップページ | 惑の花折々 0620 »