« 経栄山題経寺 が 本名 | トップページ | あと二日 »

惑の花折々 0620

Hana0616
フェイジョア  江戸時代から続く菖蒲園にあった洋物の花@堀切菖蒲園

Dscn3758 ということで、昭和になって、この花を植えたんですね。ブラジル南部・・移民との関係でしょうか。単に珍しい花をと植えたのでしょうか。ややミスマッチ感はありましたが、こうしてブログねたになりました(笑)
卵形の果実もなるそうな。南米らしく花言葉は「実りある人生、情熱に燃える心」とか。

|

« 経栄山題経寺 が 本名 | トップページ | あと二日 »

北の花折々」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

フ、フトモモ科・・・?
太腿かっ 南米かっ(^^;
初めて聞きました。

ユーカリやグアバなどがフトモモ科なんですね~
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー

珍しい植物の紹介、ありがとうございました。

投稿: アリス | 2007.06.21 09:33

>アリスさん
え?フトモモ?どこに書いた?と思ったら看板でしたね(笑)。フトモモ科のフトモモはふともも(蒲桃)というのがあるんだそうです。中国名の「蒲桃(プータオ)」が、沖縄で「蒲桃(プートー)」に転じ、本土で「蒲桃(フトモモ)」になったとか。英語ではrose apple というくらいでバラのような香りがして、実もなるそうですよ。

投稿: | 2007.06.22 00:33

そうか
フトモモ科というので惑さんのお目に止まったのか。
フトモモ科ムチムチ目好色系……

それにしてもずいぶんと長い道のりを辿って日本までやって来たのね。
おじさんはその経緯に感動した。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2007.06.24 05:24

>ピーちゃんの身元引受人さん
ニクズク科なんてのもあるんですよ。ところで南米からヨーロッパはいいのですが、南米から北上はせずに、ヨーロッパ経由で北米というのが面白いですね。パナマ運河でさえぎられたんですかね。コメントありがとうでした。

投稿: | 2007.06.24 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/15504803

この記事へのトラックバック一覧です: 惑の花折々 0620:

« 経栄山題経寺 が 本名 | トップページ | あと二日 »