« 新幹線も全面禁煙化 | トップページ | テクノポップも熟成するの? »

立春はまだ真冬?

明日は立春、暦の上は 春ですが よく聞くせりふ 正しいのかな?

今年は明日が立春、北の国では流氷の便りが届いて、一番寒い頃に立春がやってくる。「暦の上では春・・」そんなテレビのキャスターの声と梅や水仙の映像に旧暦もあるし、北の国だからなぁと、羨ましく思っていました。ところが立春というのは二十四節気のひとつで調べてみるとちょっと違うようです。

二十四節気というのは天文学的に由来するもので、毎年春分の日、秋分の日が微妙に変わるのもそのせいです。1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められています。
黄道と言うのがまた問題ですが(笑)、地動説視点で一年かけて太陽が通る道です。太陽が月くらいに暗くて昼間でも星が見えれば太陽の周りに見える星は一年かけてゆっくり変わっていきます。

この星(生まれた時に太陽の周りに見えているはずの星、星座)が星占いの十二星座になっているわけです。(と言うのは今回調べていてわかって実は自分もそうかぁと納得していました。夏生まれの人の星座は冬の夜に見える星座で、冬生まれのひとの星座は夏の夜に見える星座なわけです。確認はこちらで。)

さてそれで、冬至と夏至(二至:太陽の出ている時間が一番短い日と長い日)。そうして春分と秋分の二分(太陽の出ている時間が一日の半分)。これで二至二分といいます。90度間隔です。これに立春、立夏、立秋、立冬の4つが加って八節。45度間隔です。この45度の八節をさらに15度ずつ3つにわけて24分割して、そのポイントを太陽が通る日を24節気として、気温(小暑・大暑・処暑・小寒・大寒)や気象( 雨水・白露・寒露・霜降・小雪・大雪 )、物候( 啓蟄・清明・小満)農事( 穀雨・芒種)に由来する名前をつけて季節を意識してきたという訳です。

ここで改めて話は立春に戻ります。「立つ」は始めるの意味もあり、季節の分かれ目としては 冬至(12/22) 小寒(1/6) 大寒(1/20) 立春(2/4) 雨水(2/19) 啓蟄(3/6) 春分(3/21) (2007年)で 一番寒くなるよ~が「大寒」で、ピークは過ぎたよ~が「立春」。「冬の寒さも峠を越えた」と言ったところが相応しい表現のような気がします。雪から雨になり虫が出てきたら、「暦の上でも春」というところでしょうか。雪らしい雪が降らない江戸(東京)の冬は江戸時代よりは温暖化しているような気がします。浮世絵にも雪の絵は随分出てきますから。
 
季節は早取りが粋で、初めて、新しいもの好きなのは日本人の気質なので、新しい年を迎えて、ポジティブな姿勢の立春なのでしょう。 禅寺では「立春大吉」 という 札を貼ったりもするようです。

福はうち~! 鬼は外~! と子供の声がして鬼のお面をかぶったお父さんが逃げる。そんな光景が今夜は土曜日なのであちこちで多いかもしれません。正に 「立春大吉」でしょう。自分はひとりビールでも飲みながら歳の数だけ豆を食べることにしようかという 今日は節分、明日は立春です。

|

« 新幹線も全面禁煙化 | トップページ | テクノポップも熟成するの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

歳の数だけ お豆を食べて 
お腹を壊さないように・・°゜°。(;^^)

投稿: 堕天使 | 2007.02.03 12:03

>堕天使さん
ちょっと記事に誤りが・・。明日は立春、でその前日の今日が節分で混乱した記事になっていて書き直しました。
歳の数は・・確かに多いです。さてさて鬼のお面に「オニワソトー!」と豆をばらまく楽しいイベントは今夜行われるのでしょうか。炒った大豆じゃ皮がパラパラして大変なのもあって(?)北の国では殻つきの落花生なんかまいたりもしてましたね。コメントありがとうでした。

投稿: | 2007.02.03 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/13767604

この記事へのトラックバック一覧です: 立春はまだ真冬?:

« 新幹線も全面禁煙化 | トップページ | テクノポップも熟成するの? »