« ディオールの折り紙(origami) | トップページ | 惑の花折々 0128 »

国立新美術館

Image414
作品持たぬ美術館 建物だけが 所蔵品

1月21日にオープンした「国立新美術館」に行ってきました。Simage420 左の写真は三階から二階のカフェを見たところ。一階のロビーは広くとりたいので逆円錐状にしていると設計された黒川さんがHP語っていました
今日見てきた文化庁メディア芸術祭10周年企画展“日本の表現力”というのは、無料ではもったいない展示です。ぜひ期間中に一度訪問されることをお勧めします。老若男女が楽しめる企画になっています。

この美術館は所蔵品を持ちません。行けば何か展覧会はやっていると思いますが、美術関連の展覧会、公募展のためにスペースを貸すための建物なので、あの彫刻が見れる。とかあの絵が見れるという常設展のある美術館ではありません。

乃木坂・六本木という場所もお洒落ではありますが、駅からは距離があり行き方もわかりずらく、坂も多く 上野の利便性にはかないません。このあたりにはいろんな考え方はあるようです。

黒川さんは「あそこに行けば何かやっている。カフェやレストラン目当ての人が多かったり、何かロビーでもやっていたり。展示は見なくてもも楽しいそんな空間が提供できて、アートの敷居を低くさせたい。」そんな事を話していました。

百聞は一見にしかず。ぜひ一度は足をお運びください。税金が380億円も使われているんですから。

|

« ディオールの折り紙(origami) | トップページ | 惑の花折々 0128 »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

NHKのニュースでチラリとこの建物の画像が流れましたが、こうして写真でしみじみ眺めると、とてつもない建物(アート)だと、よっく判ります。
次回日本に帰ったらぜひ行ってみたいです。

投稿: pegasus8 | 2007.01.28 10:23

>pegasus8さん
ガラスの壁面だけれど、光は通して熱や紫外線は通さない工夫がされているんだそうです。鏡のように光を跳ね返す無機質なビルにはしたくなかったそうですよ。コメントありがとうでした。

投稿: | 2007.01.29 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館:

« ディオールの折り紙(origami) | トップページ | 惑の花折々 0128 »