« X'mas2006@Hilton | トップページ | X'mas2006@Century Hyatt »

年内になんとか

日本のビジネス慣習のひとつに「年末のご挨拶」と言うのがある。
平たくいうとカレンダーを配り歩く作業でたいていはアポなしで、それでも一定期間にお得意先を一通り廻るのはそれなりに大変ではあるのだ。
でもそれより大変なのは現場である。「年内になんとか」確かにお互いに一区切りつけて気持ち良く新年を迎えたい。多少のがんばりでなんとかなるなら「年内になんとか」したいがちょっと無理な場合もある。
そういう場合にやっかいな妥協案が提示される場合がある。「じゃあしょうがないですね。年明け一番でもいいですよ。」確かに約一週間ずれる。しかし、しかし。それで結局「年内になんとか」頑張ろうとはするが意志決定出来る人が「年末のご挨拶」で不在がちで思うように進まないのもまた年末なのである。
ちなみに年明けにスタートダッシュがかかるかと言うと、休みボケと「年始の挨拶」で一、二日はダメである。となると鬼が笑うのかも知れないが来年のカレンダーは一月四日が木曜日。帰省土産のお菓子など食べながら休みボケも少しもどった金曜日が終わると三連休なのである。(15日でない成人の日の休みはどうもまだ馴染まないが)どうも実質この三連休明けが皆が揃って仕事が始まるタイミングになりそうである。
一月は三分の一が過ぎてしまっている。となるとますます「年内になんとか」は双方の思いとなり、教師でも牧師でも釣師でもないが走りたくなる忙しさの人は自分を含めて少なくないのだろう。もっとも、あれもこれもと気になりながらどれもこれも思うように進まない情けなさではある。
あと二週間余りで今年の仕事(をする日)も終わりだ。

|

« X'mas2006@Hilton | トップページ | X'mas2006@Century Hyatt »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

教師でも牧師でも釣師でもないが

じゃあ、詐欺師? いかさま師? 錬金術師?

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2006.12.14 05:25

べんごし てんきよほうし しょうぼうし あ これは 武士の仲間ですね。
たいし けびいし けんとうし、 あ これは 使わされる人ですね。
うまし うるわし あおによし あ、これは 奈良市ですね。
で なんでしたっけ?(笑) コメントありがとうでしたぁ。

投稿: | 2006.12.14 16:11

そのカレンダー配りの真っ最中!!。それも中型日めくり版です。これが、絶対に欲しいというお客様と、これ要らないから返しますと言うお客様に分かれます。会社にくるカレンダーもだんだん経費削減なのか、減ってきていることもあり、うちも減らそうかとすれば、とたんに抗議がお客様からくるし・・・。

投稿: タケタク | 2006.12.14 23:22

>タケタクさん
ご挨拶で届くカレンダーもいろいろですが、日めくりはなかなか根強いファンがいますよね。絵や写真のない月めくりの書き込みができるシンプルなものとかも人気だったりします。お金をかけているメーカーさんのセンスの良いカレンダー。めくってみるけど持ち帰らない旅行代理店から届くJALの「世界の美女」カレンダー。増えたり、減ったり、世界遺産ネタとか、集まったカレンダーは以外に世相だったり、会社の業績(お付き合いの広さ)を映していたりするかもしれませんね。
年が明けたら今度は名刺に赤い「年始ご挨拶」の判を押して配る年始のご挨拶でしょうか?
コメントありがとうでした。

投稿: | 2006.12.15 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/13059842

この記事へのトラックバック一覧です: 年内になんとか:

« X'mas2006@Hilton | トップページ | X'mas2006@Century Hyatt »