« 藤岡琢也さんをCMで偲ぶ | トップページ | まぐろ三昧 »

まぐろのカマ

Aadscn3214 買って来たのはタイトルにもあるようにマグロのカマ、40cm以上の高さがあります。店の人によると100kgもある大きなまぐろのカマだそうです。
下の赤い身が見えているのはひれがついていた場所。右側に頭があって、左側が尾の方向です。鰓の下の部分になるわけです。
もちろん普通はこんな風にはおきません。カマを説明するのと、このパーツから全体を想像してもらおうと、こんな向きにおいてみましたが、よく考えると、マグロの下半分だけをひっくり返しておいたイメージですね。下の図の赤い線で囲まれたのが写真の部分になります。さてどんな身がついているのか。

Maguro

Aadscn3209
はい、生マグロのカマです。40cm左は赤身、右側は大トロの続きの部分でカマトロと呼ばれているようです。ちょっとトロの部分をアップで紹介しましょう。
Aadscn3210
カマ料理というと、そのまま焼いたり、煮たりしますが、こんな大物、しかも一人暮らしなのに、そんな大胆なことは出来ません。第一このオオトロでもカマトロでも良いですが、刺身で食べたいのは人情です。
Sdscn3216 で、1時間くらいかけて、おろして、スプーンで身をこそぎとって皮、筋、脂肪を外しました。 なかなかグロイ生々しい画像なので小さくしましたが、気にしない方はクリックされると大きく見れて格闘の残骸もよくわかると思います。中皿に山盛り二皿。さてこれをどう食べたかは また別の記事に。(^_^;)
脂ののったトロも美味しかったですが、筋を除いた赤身の筋肉質の身(ほお肉?)しっかりした歯応えがあり、肉にちかい感じがありとても美味しかったです。
そうそう、これは築地の場内の店で500円で買って来ました。
最終的に取れた肉というか身は下の写真の二皿(小さい写真の二皿を並べなおしたものです)、ビール缶は大きさ比較のためです。カマトロ、中おち、赤身、頬肉というか筋肉質の赤身。いろいろ堪能できそうです。
Aadscn3219

|

« 藤岡琢也さんをCMで偲ぶ | トップページ | まぐろ三昧 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひえー!すっごく美味しそうです!
昔、仲間たちと千葉(たしか)に鮪のカマを食べさせる店があるから行こうと言いつつ、ついに実現しなかったのを思い出しました。やっぱり鮪は大きいんですねぇ。
これから鮪が減るとニュースで見ましたが、、、

投稿: ペガサス | 2006.10.26 21:46

>ペガサスさん
はい、少なくとも一人で一度には食べきれない大きさです。でも美味しかったですよ。
一部の種類のまぐろに制約があかかりましたが、全体的には大丈夫だと思います。タイの店頭にはマグロは並ばないでしょうか?コメントありがとうでした。

投稿: | 2006.10.27 07:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/12365504

この記事へのトラックバック一覧です: まぐろのカマ:

« 藤岡琢也さんをCMで偲ぶ | トップページ | まぐろ三昧 »