« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

惑の花折々 1030

惑の花折々 1030

柘榴 目一杯手を延ばして撮影してみたがわかるだろうか。割れた中に赤い実が見える。北の国では見ない風景。亜熱帯東京と亜寒帯北海道はやはり違います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紅葉@北海道 札幌近郊

Dscn3272
札幌近郊はピークを過ぎて山々も茶色っぽく葉が落ちて枝が露わになっている樹木も少なくない状態です。近所の公園でなんとか名残を見せているところを写して来ました。
写真は全てクリックすると大きく開きます。晩秋の北海道いかがでしょうか?

続きを読む "紅葉@北海道 札幌近郊"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

北の花折々 1028

北の花折々 1028

おんこ いちい 近くのホームセンターの店頭には除雪の道具、園芸コーナーの一部はクリスマスのイルミネーションのコーナーになっていました。
緑に赤。この写真もクリスマスカラーで 北の国は紅葉も終わり晩秋。冬仕度の季節です。今日は冬囲いで一日終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北のうさぎ

北のうさぎ

久しぶりに登場 我が家のペット コタロウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑の花折々 1027

惑の花折々 0627

?? 亜熱帯っぽい花 例の団地にはほぼ野性化した主なき園芸種が雑多にある。この花もそんなひとつ。曇り空だがワイシャツで歩ける気温 明日は北の花折々をお届け予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新庄と森本のハグ(TV写真)

Sdscn3246_1
優勝が決まった次の瞬間、最後のアウトを採った日ハムのレフト森本選手はそのまま新庄選手のところへかけより抱き合って喜びを確かめあっていました。
解説の東尾さんは「グランドでハグしているのは初めて見た。」と言っていました。皆が新庄のところへ集まって行きハグして、外野で胴上げが始まりました。外野で胴上げなんてことも初めてでしょう。とにもかくにも優勝おめでとう。やったぁ!! なのです。札幌で日本一になって最後の試合、スター新庄、格好よすぎです。でも、ありがとうです。

2006年10月26日、日本シリーズ第5戦 4対1で 中日ドラゴンズを破って北海道日本ハムファイターズ優勝です。

続きを読む "新庄と森本のハグ(TV写真)"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

惑の花折々 1026

惑の花折々 1026

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)  紫のネル (ベルベッド)の質感の花 日傘をさして歩いている人もいる昼下がり 日本ハム 本日優勝を予感させるような良い天気だ(笑)
調べてみると紫はガクでこの先に白い花が咲くそうな。でも紫の花にしか見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌ドームは空き地 by新庄

栗山さんが報道ステーションで紹介していた日本ハムファイターズ新庄選手の言葉。「札幌ドームは今の僕にとって小さい頃に野球を楽しんで遊んでいた空き地と同じ」
「あんなリラックスして日本シリーズでプレイしている選手は今までみたことがない」 江本さんと関根さんが解説していました。

続きを読む "札幌ドームは空き地 by新庄"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

つま恋のおじさんに涙そうそう

2006tsumagoi 涙そうそうとは涙がぽろぽろ止まらないという意味の沖縄の言葉だそうです、歌が流行って映画が作られて、すっかり有名になりました。
さて、今夜NHKではあるドキュメンタリーが22:00から放送されました。
今日までそして明日から~吉田拓郎・3万5千人の同窓会  つま恋で31年ぶり▽かぐや姫一日限りの再結成▽平均49歳涙と笑顔の大合唱▽定年目前の仲間の思い▽夢のジョイント中島みゆき」
というのがテレビ番組欄(^_^;)。残念ながら途中からだったのですが、なんだか涙そうそうでした。高校・大学時代、皆で歌ったし、深夜放送のパーソナリティもやっていたし、バイトして買ったステレオで最初に針をおろしたLPはかぐや姫でした。10歳年上の彼らにlこの年になって、また感動をもらえて感謝です。と、いううより、この年になったから感動だったのかもしれません。

BSで29日にライブを再放送するようです。見たい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋バラ(生田緑地バラ苑)

061022_134549_m
061022_140822_m 061022_133740_m
こないだの旧古河邸に続いて秋バラです。そろそろ終わりのようです。規模はこちらの方が大きいように思います。440種4000株の生田緑地バラ苑。登戸駅からは結構な距離でした。ま、それもいい運動かなとテクテク向かいました。
実はバラ園について、さてとカバンの中を見たらデジカメがない。え?あれ?ものの見事に忘れてきて、この写真は携帯電話のカメラなんです。とりあえずBest3?

続きを読む "秋バラ(生田緑地バラ苑)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まぐろ三昧

Aadscn3235
カマトロの炙り焼き、からし醤油ドレッシング添え

せっかくのマグロ(鮪)なので、ネットで調べていくつか作り、どれも美味しく食べました。ワインにも合うマグロ料理と紹介されていた上の料理は、わさび醤油ではなく、からしと醤油とオリーブオイルというソースがベストマッチでした。

続きを読む "まぐろ三昧"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぐろのカマ

Aadscn3214 買って来たのはタイトルにもあるようにマグロのカマ、40cm以上の高さがあります。店の人によると100kgもある大きなまぐろのカマだそうです。
下の赤い身が見えているのはひれがついていた場所。右側に頭があって、左側が尾の方向です。鰓の下の部分になるわけです。
もちろん普通はこんな風にはおきません。カマを説明するのと、このパーツから全体を想像してもらおうと、こんな向きにおいてみましたが、よく考えると、マグロの下半分だけをひっくり返しておいたイメージですね。下の図の赤い線で囲まれたのが写真の部分になります。さてどんな身がついているのか。

Maguro

続きを読む "まぐろのカマ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

藤岡琢也さんをCMで偲ぶ

渡る世間は鬼ばかり」があまりに有名ですが、もうひとつの代表作とも言うべき サッポロ一番 みそラーメンのCMを紹介して、わくわく日記は藤岡琢也さんを偲ぶこととします。
10月20日午後3時18分、慢性腎不全のため東京都内の病院で死去。76歳。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地市場

Aadscn3186_1
テレビでもよく見る近海もの、大間の釣りまぐろ。市場で買って店へ運ぶところです。今朝は早起きして生まれて二度目の築地市場体験。いやぁ活気があります。Aadscn3184
生マグロのセリです。メキシコ(養殖)とかトルコとか世界中から築地にマグロが集まっている感じです。
Aadscn3204
こちらは冷凍物。とにかく大きいのが並んで、セリに掛けられていきます。もちろん築地市場はマグロだけではありません。

続きを読む "築地市場"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Googleの携帯案内

Mobile_web Microsoftという会社はコンピュータ上で動くソフトウェアは全部自分の会社で作りたい会社で、日本語のかな漢字変換も一太郎-Atokを許してくれなかったし、データベースのOracle、ブラウザのNetscapeも独占状態は許さなかった。
 Googleという会社はコンピュータ上で管理されているデ-タは全部自分の会社でやりたい会社で、記事の検索インデックスに始まり、画像、動画、ニュース。今度は日本の電車の乗換え情報も集めて、しかも携帯電話からアクセスできるように提供を始めた。携帯用に提供するのは日本が世界で最初のようです。携帯電話でメールや情報収集している人間が一番多いのはきっと日本なんだと思います。

Qrcode_1 前置きはこのくらいにして、携帯電話で URLを入力できるところで「google.jp」と入力するか、バーコードを携帯電話で読み取ってください。 おなじみのタイトルに専用の画面が出てきます。検索は最後はパソコン用のコンテンツなのでイマイチですが、検索結果見るまでなら十分使えます。お伝えしたいのは、下の「ローカル/乗り換え」と「ニュース」全部無料です。まだベータ版ということにはなっていますので地域によっては情報が不十分だったり動作が不安定なところもあるのかも知れません。

続きを読む "Googleの携帯案内"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いちごのケーキ屋さん

Sdscn3056 まぁ ちょっと 画像をクリックしてみてください。
最近、ウロウロしている南青山 この店は5丁目、青山学院大学のすぐ隣。骨董通りと呼ばれる通りの角、思わず立ち止まってしまう大きなショーウィンドウ。しかもイチゴ、イチゴ、イチゴ。その名も Berry cafe 青山本店。
東京はやっぱりびっくりさせてくれる街です。自分自身はこの店のメイン客層とはミスマッチではありますが、食いしん坊としては写真に撮るだけではなく一度は食べてみたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

水のない滝

Sdscn3109 左の写真は滝の写真です。水はありません。季節的なものではなくこれは「枯滝」というものなのだそうです。

水を流さずに山水の景観を表現する「枯山水」の道具立てのひとつなのだそうです。小石で水流、青石等の大石を立て水の落ちる様子を表現しています。とパンフレットに書かれていて注目したからこうして紹介できる話で、あ~、前は水流れていたのかなぁ位が第一印象の情けない話です。

言わせてもらえば、この枯れ葉はちゃんと掃除しておいて欲しいなどとも思いますが、それも又野暮人の語るに落ちるなのかも知れません。

渓流に舞い流れていく枯葉の様子があなたには見えないのか、なんと風情を解せない寂しい人だと笑われてしまいそうです。クリックして大きい画面でじっと見つめてみてください。

枯山水と言えば竜安寺の石庭があまりにも有名ですが、この枯滝というのも日本人の優れた感性が造りえた芸術なのだと思います。滝が見えましたか?

 旧古河庭園の日本庭園内にこの枯滝はあります。洋館とバラの後で日本庭園も楽しめる 入場料150円東京都の公園です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハンカチ

Iron
ハンカチをクリーニングに出したりはしない。話題になった高校球児の化粧崩れを気にする女性のようなポンポンと充てるような押さえるような使い方はあまりしない。拭うという使い方が多い。そうするうちに何度も汗を拭いてしわくちゃになったのをまた取り出して使っていたりすることもある。洗っただけのを、ま、いいかとそれなりに畳んで持っていくことも少なくないが、できればアイロンのかかったハンカチを持って歩きたい。
そうすると悲しき単身赴任、しかたない、ワイシャツのような形状記憶ハンカチというのはまだないようなので自分でアイロンをかけるしかない訳である。で、時々はハンカチにアイロンという作業をしたりするのを今回は写真を撮ってブログネタにした次第。

続きを読む "ハンカチ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

惑の花折々 1017

Mizuhiki
ミズヒキ(赤) ギンミズヒキ(白) 水引と言えばやはり紅白。白い水引は初めて見ました。10月15日に六義園にて。この写真の後、富士山に登って来ました。

続きを読む "惑の花折々 1017"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

惑の花折々 1016

Sdscn3134
ハゼ 櫨 昨日駒込の六義園にて、このハゼ(それも一部のみ)だけが 小さい秋見つけた という感じでした。俳句の秋の季語にもなっているそうです。23区内で紅葉が盛りになるのはまだ一か月先です。クリックすると大きくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

旧古河庭園(秋バラ)

Sdscn3076

葉桜日記のTompeiさんが神代植物公園で見てきた秋バラを記事にしていたので、バラならと行って来たのが旧古河庭園、秋のバラフェスティバルが開催されていました。石造りの洋館と洋風庭園のバラはいかにもの風情。庭と洋館の設計者は鹿鳴館やニコライ堂、旧岩崎邸を手がけたジョサイア・コンドルさんという人だそうです。写真はいずれもクリックして大きくなります。

続きを読む "旧古河庭園(秋バラ) "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山手線のドアにチャック!?

Dscn3070
チャックで通じますよね。ファスナー、ジッパー、要はYKKの広告なんですが一瞬えっ?思いました。ところでチャックは巾着が由来の日本語だとは知りませんでした。
思わぬブログネタにすかさずパチリ。今日のメイン記事は後ほど。
参照:YKKのHP より
Q&A :「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違いについて教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

papas 青山店

Sdscn3053
夜の南青山でわからないまま、お洒落だなぁと写した一枚。パパスなどと聞くとドラクエVのあのパパスか、「夢のカリフォルニア*1」のThe Mamas and the Papas くらいしか思い浮かばなかった自分です。
調べてみると、女性服の有名なブランドでパパス マドモアゼル ノンノン Papas Mademoiselle nonnon この丸の内が本社の会社 なぜかパン屋さんや cafeもやっていて パン屋が Papas panya(?!) カフェは cafe papas この青山のお店は 右から パン屋,カフェ,洋服屋 と 3軒並んでいます。南青山はこんな風にブランド店がテナントじゃなくて、一戸建てのお店で、さりげなくあちこちに立っている街です。
クリックすると大きい画面でお洒落な夜の雰囲気ももう少し伝わるかもしれません。

 *1 youtubeは早朝か深夜以外はブツブツキレる可能性あります。一度最後まで流して再生するとすんなり聴けます。映像なくてもいいからスムーズに聞きたい方は こちらでメロディを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無性に食べたくなる豚骨ラーメン

Tenjin01
新橋にある「博多天神」という豚骨ラーメン(博多ラーメン)のチェーン店。細いまっすぐな麺は「長浜」と書かれた木箱に並んでいる。「出すのはコーヒーで言えばブラック、色んな具材を少しずつ入れて好みの味に仕上げてお召し上がりください」と店の壁に書いてあります。海苔、チャーシュー、木耳、うずらの卵は最初から乗っています。
紅しょうが、ゴマ、高菜の辛子づけ、などは山盛りにおいてあって自由に入れます。上の写真はそれぞれいれたところ。これをぐわっとかき混ぜて、濃厚そうで以外にあっさり、でもコクのあるスープが美味しい。紅生姜の風味、高菜のピリッとした辛味がまたよく合って、いっそう美味しくなります。
これで500円と言うのも良心的、替え玉100円でお腹もいっぱい。抜群のコストパフォーマンスです。時々無性に食べたくなるラーメンです。今夜も大満足でした。

住所;港区新橋2-8-15 NSプラザ新橋ビル1F
営業時間:11:00-27:00

Tenjin02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixiの広告

Mixiorg Mixi
左がオリジナル右が昨日あたりからのmixiの入り口です。右側はクリックすると大きくなります。今日から始まるTV番組(セーラー服と機関銃)の広告になっています。
一瞬ニヤリと思いましたが、広告料をもらうとはいえ・・・、ここまでやるのぉ?とちょっとひっかかりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜はパイナップル

Pinapples 果物は好きなのですが、なかなか高価です。で今夜も安売りのをと同じように調理して食べました。今夜のはラゾーナ川崎プラザの青果店の特売品、でやっぱり99円(^_^;)。
アメ横で売っている割り箸にささったスティックパインもつい買ってしまうので、実はパイナップルは好きなんでしょうね。
もっともそのルーツは缶詰の輪切りのパイナップルのような気もします。蜜柑や桃の缶詰ってとっても贅沢だった貧しい子供時代の名残かもしれません。もちろんバナナも大好きです(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

惑の花折々 1011

惑の花折々 1011

蜜柑 港区北青山などと言う住所で発見。普通の蜜柑のようだ。北の国では見れない果樹

| | コメント (2) | トラックバック (0)

教育の色々

教育の色々」そういう題で「kakoの手文庫」のkakoさんが記事をかかれていた。
娘さんの運動会の準備の出来事から自分が小さいとき転校した山の中の小さな学校と、町の大きな学校で、教育の方針が違っていた話を元に、一度しかない教育の機会を子供は選べないことの人生への影響について問題提起されていた。

この記事はコメントとして書きかけていて長くなってきたので、自分の記事にしてしまったもので、トラックバックさせてもらいました。

詰め込みすぎだ人間性軽視だと非難されて、ゆとり(?)にしたら学力が落ちたと問題視され、それでもそれぞれの時にその教育を受けて育った子供があるように、同じ時代でも地域によって差があった(ある?)んでしょうね。
先日ロボコンのアジア大会を見ていたら、中国、インド、ではなく決勝に残ったのはベトナムとタイ、グランプリをもらったのはマレーシアでした。優勝したチームのメンバーがどんな教育を受けて来たのかはわかりません。でも日本のチームより目がキラキラ輝いていたように感じました。
豊かな現実が幸せのように言われますが、今より豊かな未来に向かっていく、辛抱や努力の先に嬉しいことが待っていることが幸せなのかもしれません。
それを示せないと教育というものは行き場を失うのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

博物館で写真を撮る

Sdscn3015_1

埴輪に銅鐸、本物の写真です。昨日国立博物館で特別展と一緒に見た通常一般展示(特別展の入場券でみることができます)で見たものです。
デジカメで写している人がいたこと、カメラマークに×がついた写真撮影禁止という展示物が個別にあるので、係の人に聞いてみると、
「他から借りて展示しているものなどは、禁止になっていてその旨表示されていますが、フラッシュをたかなければ撮影してかまいません。」
とのこと。へえ そうなんだぁ。展示物を傷めたり、他の観賞者の迷惑にならなければ、国立だし、そういうことになるのかと早速一枚うつしてみたのがこれです。

続きを読む "博物館で写真を撮る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏像 特別展(国立博物館)

Sdscn3034
東京国立博物館仏像展を見に行ってきました。市原悦子さんのナレーションによるガイド(500円)も借りて見て来ました。

教を信仰した国の中で、日本ほど木で仏像を造ることにこだわった国はありません。
 飛鳥時代から奈良時代にかけて、日本の仏像は金銅仏や乾漆像、塑像が主流でした。しかし、奈良時代後半頃から一本の木材からできるだけ像の主要部分を造り出す一木彫(いちぼくちょう)が盛んになり、江戸時代の円空、木喰まで受け継がれました。今回の展覧会では、日本人がこだわった「木で仏像を造ることの意味」、「木と仏に託した祈り」について考察し、木の文化を通して育まれた日本人の心や精神性に触れます。
(パンフレットより 転載)

なにげに見ていた木の仏像が実は日本文化の象徴的な物だと改めて見直した良い展覧会でした。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

野菜のパパイヤ

野菜のパパイヤ

ラゾーナ川崎プラザのスーバーSANWAにて。20cmはあろうかというサイズ。どう料理するんでしょう?ココナッツミルクを使ったりするのでしょうか?
アルクブロガー病の惑でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リベンジなるか駒大苫小牧

のじぎく兵庫国体の高校野球、相変わらず早稲田実業の斉藤選手人気ですが、お互いに勝ち残って今日の10時から決勝戦。 せっかくいろんな競技をインターネットで中継しているのに、高校硬式野球は対象ではないようです。結果はここ
ただ、北海道のHTBというテレビ朝日系の地元の放送局は午後1:55から録画中継で放送するそうです。かなりの熱の入れよう。

さて、ファンサービスでハンカチ使ったなどとまるでタレントのような談話をのこしている斉藤投手、変に慣れがでてきたような気がしました。
さてさて、リベンジなるか駒大苫小牧。というより、ここは田中君に本間君に意地を見せて欲しいですねぇ。本当に高校生活最後の試合だと思います。悔いの残らないいい試合をしてほしいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

20年前

1986p 川崎駅の地下街は東京駅八重洲地下街についで二番目に広いそうですがその中央広場みたいなスペースはちょっとしたイベントをよくやっています。昨日からその地下街ができて20周年で1986年を振り返る展示が行われていました。当時の雑誌等の展示、世相をまとめたパネル。流行っていた音楽が流れていました。

メインの展示は川崎でもロケを行った元祖トレンディドラマとも言えるあの番組でした。

続きを読む "20年前"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »