« 惑の花折々 0723 | トップページ | ピクサー展は行くべし!! »

夏の土用の丑の日の鰻

Unagi
今日は土用の丑の日、この夏の土用の丑の日は今日7月23日と8月4日の2回。本当は秋から冬に脂がのって旬になる鰻を、夏場にも売りたいが何か良い方法はないかと、江戸時代の奇才,アイデアマンの平賀源内に相談した鰻屋がいて、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。ということが始まりで、すっかり鰻の日として定着している。
小さい頃に土曜の丑の日と思っていて(偶然に土曜日だったのだと思う)。次の日が日曜日というときに食べるのかと思っていた記憶がある。
土用は春夏秋冬の四季の季節の変わり目を示す言葉で、立春、立夏、立秋、立冬の18日前からその日までが土用。だから正しくは夏の土用の丑の日 というのが正しいことになります。春分、夏至、秋分、冬至が季節の真ん中。合わせて8節の間に更に二つずつ入って24節気 となって、大寒 とか 啓蟄 なんていうのが含まれます。
広告とはいえ鰻にはビタミンB類が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止には効果的だそうです。まだ梅雨も開けぬ夏ですが今夜は出来合いの鰻を乗せてうな丼でした。

|

« 惑の花折々 0723 | トップページ | ピクサー展は行くべし!! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/11071585

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の土用の丑の日の鰻:

« 惑の花折々 0723 | トップページ | ピクサー展は行くべし!! »