« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

東京ご当地キティ

Kitty
羽田空港で売っていたご当地キティ。葛飾の寅さん風キティとか、お台場自由の女神キティとか、いつの間に?と思うほどいろいろ売っていました。決まっている築地と無茶してるなぁという国会議事堂のかぶりもののキティをカシャッと写メしたものです(買わずに写しているだけの怪しい怪しいオヤジです(笑))。
ANAキティも売っていました。凄いなぁと思います。コレクターは大変だなぁと思いました。
地元のキティをここここで確認してみるのも楽しいかも知れません。北海道は食べ物だけでもカニ、ジャガイモ、アスパラ、とうもろこし、ウニ(!)、ホタテ、イカ、メロン、というオールスター状況。
発売元の子猫屋のHPを覗いたら8月にご当地キティ列車が走るそうです。イベントオリジナルとか、なかなか多様な展開をしているようです。

LINK先頭HP
  GojiReoMogu  いろいろ飼っているペットの名前が由来とか(ご当地キティ)
  はろうきてぃの根付部屋 1500あるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々 0731

Kikyou

桔梗 我が家の庭で撮影 秋の七草 関東まで梅雨が明けた昨日撮影。 桔梗寺と呼ばれるお寺が幾つかあるようで 日本三大桔梗寺 というものもあるのらしいのですがわかりませんでした。

香勝寺 静岡 遠州森町にあるお寺 4万本あるそうです。
     日本三大桔梗寺の一つと名乗っているお寺。
           ちなみにこの町の出身者で一番有名なのは森の石松でしょう。(自分も今日知りました)

谷性寺 京都府亀岡市にある明智光秀ゆかりのお寺、明智の紋にちなんで 桔梗が植えられているそうです。更にそのお寺のすぐ前に「ききょうの里」という桔梗を4万本植えた有料公園が3年前にオープンしたようです。

天得院 京都東山区 東福寺の中の別院 桔梗の様子がビデオになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの工作

Birdfeed 去年の冬は活用されなかったが丸二年外で雨風雪にさらされると、かなり痛みも激しくなっていたので、今日はリニューアル。崩壊寸前だったのを釘を打ち直したり、補強したり、吹き飛んでなくなっていた屋根を、丸太からはがれた木肌で葺きなおしてみました。(写真をクリックすると大きく見れます)
以前の写真はこちら。この冬また来客が訪れるでしょうか?
夏休みの工作 なんて言うのはまだあるんでしょうか?ラジオ体操と夏休み帳、絵に工作。やらなきゃいけないこともあったけれど、小学生の夏休みは今もキラキラ輝いているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝶(蛾?)二匹

Butterfly1
Butterfly2
上の写真はほおづきの葉の裏にいたものです。 羽根がシースルーの水玉というモダンな柄でした。下の写真はりんごの葉にとまった小さな蝶。名前をご存知の方いらしたらお知らせください。
今日は関東地方の梅雨が明けたというニュースが流れていました。う~ん・・もうしばらく戻るのを伸ばすことにしたいものだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々 0730

Oomatuyoikusa_1
オオマツヨイグサ 月見草 宵待ち草 富士山に似合うかどうかは微妙ですが、そう言いきった太宰治は好きな作家でした。宵待ち草のやるせなさと詠った作詞家、画家、デザイナー竹久夢二もまたお気に入りの才人の一人。本名より俗名というか粋な先生につけられた源氏名が有名になってしまった花。
ただし、この写真は名前どおりの夕方ではなく、言わば徹夜明けの朝の写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スープカレー

Soupecurry天竺というスープカレー屋さんで夕食 チキンレッグ+野菜  五穀米入りターメリックライス がついて997円。 美味しい辛さに満足でした。

こちら でお取り寄せも可能なようです。ラーメンとかもありますが、やっぱりお店で食べるのが一番なんでしょうね。でも、そう簡単にあちこち気軽に行けるわけではないですからねえ。他の店のと食べ比べて見るのも楽しいかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々 0729

Hamanasu_1
ハマナス 原生花園ではなく、近所の庭先に季節遅れで咲いていた一株。他の株はまだ熟さない青い実がついていました。写そうとした瞬間、蜂が飛び込んで来てそのまま撮影しました。頭を突っ込んで蜜をすっていました。あちこちの庭でアジサイが盛りです。今日は曇り空。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富良野のポスター

Sfurano1 Sfurano2
(ポスターの画像はクリックすると大きく見れます)
  1. 北の国から (連続ドラマ1981年10月9日 - 1982年3月27日)
  2. 北の国から'83冬
  3. 北の国から'84夏
  4. 北の国から'87初恋
  5. 北の国から'89帰郷
  6. 北の国から'92巣立ち
  7. 北の国から'95秘密
  8. 北の国から'98時代 2夜連続放送
  9. 北の国から2002遺言 2夜連続放送 (テレビドラマとしての最終版)

北の国から」(by Wikipedia)で一躍有名になった富良野ですが、上記のポスターは2006年のポスターで千歳空港に貼ってありました。考えてみれば千歳空港に降り立った時には富良野に行くかどうかは決まっていそうな気もしますが、行くことに決めている人に「ようこそ!歓迎!」の気持ちが伝わるかもしれません。
「ここが富良野なわけで・・」は純君のおなじみのセリフ。という訳で、自分も北海道に帰ってきているわけで、千歳空港のポスターなんかで記事にしているわけで、そんな風に帰省の1日目は過ぎていて、夕方になると網戸からの風が涼しい北海道な訳です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

千歳 航空祭 2006 は 8/5

Schitose結果報告は下記の記事
千歳基地 航空祭2006(ブルーインパルス)
千歳基地 航空祭2006(F15 F16)

最近アクセスの多い記事のひとつに昨年の 航空自衛隊 千歳基地の航空祭の記事が あります。 今年は来週の土曜日です。ファンならずとも一度は見ておく価値があると思います。これからイラクへ派兵というジャンボB747が羽根を振って飛び立っていったのは一昨年だったでしょうか。 ブルーインパルスの妙技に感動したのは一昨年の記事のです。去年はやらなかったハートに矢を射る技の披露は今年はあるでしょうか?
朝から一日太陽の輝く空を見上げて過ごすのでUVケアは男性でも必須です。とんでもない事になります。

千歳空港駅でポスターを撮影できたので掲載しておきます。できれば今年も見たいのですが、ちょっと微妙です。

関連HP

2006も行きました。わくわく日記の記事は
千歳基地 航空祭2006(ブルーインパルス)
千歳基地 航空祭2006(F15 F16)

千歳基地 航空祭 HP スケジュールや展示詳細もあり
航空自衛隊HP かなり凝っています。 各種画像も豊富
Blue Impulse ブルーインパルス (宮城県松島基地所属
        第4航空団第11飛行隊の通称) の
        一番詳しいと思うHP
        その見事な動画も閲覧可能です。
        (HP の 画像をクリックするとWMVの動画がみれます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑の花折々0726

惑の花折々0726

ワルナスビ オニナスビ 一見じゃがいも風だが茎にはとげがあり花のつきかたも異なる。梅雨明けと言う感じの夏らしい天気。仕事もひとくぎりの水曜日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピクサー展は行くべし!!

ピクサー展 チェック

次の条件を満たす人。
1.休みに六本木に行ける人。
2.『トイ・ストーリー』『バグズ・ライフ』『モンスターズ・インク』『トイ・ストーリー2』
  『ファインディング・ニモ』『Mr.インクレディブル』『カーズ』のうち2本は見ている人
3.問2がyesで、見て面白かった人。
3問全部yesの方、超おすすめです。
4.どうやって作っているんだろうと興味津々の人
4問全部yesの人、感動物です。必見です。
5.自分も作る側になって見たいと思う人
 問1以外が全部yesなら休みを取って、お金をかけてでも見に来る価値あります。自分は無理だとあきらめるか、やっぱりやりたいと夢を追うか、人生の分岐点になるかもしれません。

ジブリの森 美術館で立体ゾートロープ「トトロぴょんぴょん」に感動した人いますか?自分はそれを見ていないのですが、それの豪華ピクシー版「トイストーリーリトルグリーンぴょんぴょん」とでも言うべきものが展示の一番最後にあって、3回も見てしまいました。感動です!!目の前で動きだすんですから!!

小さな画面の短編映画も全部見ると2時間どころか半日いることになるかも。1500円は安いです。

キャラクタ一つが、車のデザインを決めるように、複数のデザイナーでいくつも作って、候補を絞ってクレイモデルを作って・・ へぇ へぇ と 驚くばかり。

そんなに派手に宣伝していないせいか混んではいませんでしたが夏休みになるとどうでしょう。最初のチェックで判断してぜひ行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の土用の丑の日の鰻

Unagi
今日は土用の丑の日、この夏の土用の丑の日は今日7月23日と8月4日の2回。本当は秋から冬に脂がのって旬になる鰻を、夏場にも売りたいが何か良い方法はないかと、江戸時代の奇才,アイデアマンの平賀源内に相談した鰻屋がいて、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。ということが始まりで、すっかり鰻の日として定着している。
小さい頃に土曜の丑の日と思っていて(偶然に土曜日だったのだと思う)。次の日が日曜日というときに食べるのかと思っていた記憶がある。
土用は春夏秋冬の四季の季節の変わり目を示す言葉で、立春、立夏、立秋、立冬の18日前からその日までが土用。だから正しくは夏の土用の丑の日 というのが正しいことになります。春分、夏至、秋分、冬至が季節の真ん中。合わせて8節の間に更に二つずつ入って24節気 となって、大寒 とか 啓蟄 なんていうのが含まれます。
広告とはいえ鰻にはビタミンB類が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止には効果的だそうです。まだ梅雨も開けぬ夏ですが今夜は出来合いの鰻を乗せてうな丼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑の花折々 0723

23hana1
ハマユウ (命名 伶さん 感謝)ひがんばな科 ハマオモト属 昨日の風鈴市の帰りに道端で見かけた花。全体で15~20cmくらいの大きい花なんです。この写真は美しく見えますが・・

続きを読む "惑の花折々 0723"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

郵便ポスト型 風鈴

22yubin_1 川崎大師の風鈴市の帰り道、川崎大師郵便局の前でくじ付暑中見舞い葉書を販売していて10枚買うと、郵便ポスト型の風鈴がおまけでつくという。可愛かったのと、これは一部にマニアックなファンがいる丸型ポスト探しにユニークに参戦できるとも思った次第。戻って調べたらこのノベルティかなり前からあったようで、おなじみのブログで全く同じ考えで記事になっていた(笑)。吊り下げる紐が色も赤になって少しレベルアップしたようだ。
マニアを喜ばせる凝った部分は収集時間。
ちなみにこのノベルティの丸型ポストグッズ、他には楊枝入れがあるようです。ヤフオクに出ていました。

Jikoku   22yubinp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎大師 風鈴市

22daruma_1 第11回川崎大師 風鈴市(明日7/23まで)というものに行ってきました。「全国47都道府県の風鈴が勢揃い北は北海道から南は沖縄まで760種類24000個」とパンフレットには書いてありました。写真は川崎大師オリジナル厄除けだるま風鈴。他にも有名な22nanbu2 南部風鈴、 22tokyo 江戸風鈴、音が良かった 22myoutin 明珍火箸風鈴、全国各地なので22tugaru津軽びいどろ風鈴、22arita有田焼風鈴、22kinhurin_1田中貴金属店の純金の風鈴は30万円、プラチナは40万円で売っていました。 備長炭風鈴やら各地の名産、焼き物を活かした風鈴が22hurinichi 22narutoずらり並んで即売されていました。

続きを読む "川崎大師 風鈴市"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本沈没は純愛映画

不謹慎ながら長野の水害や土石流の報道画像を見ていて先日見た「日本沈没」を思い出した。本物の迫力は違います。SF映画として大きなスクリーンで見ないといけない映画かというと残念ながらそうでもありません。2時間半で日本沈没はかなり慌しく、まぁ大変なことがいろいろ起きているという背景事象と眺めるとなかなか良くつくりこんであります。低予算の日本映画としてはなかなかですが、ディ・アフター・トゥモロー あたりと比較するのはきつそうです。
メインはお茶の間で「冬のソナタ」か「セカチュー」を見るような感覚で草薙君と柴崎コウさんの純愛映画としてそこに入れ込んで眺めるくらいがちょうど良いかなぁという印象です。
あの主題歌のとても贅沢なプロモーションビデオとみれば、これは本当に良くできています。MTV大賞がとれるかもしれません。

映画「日本沈没」の公式HPは こちら
主題歌の文中LINK Hpは 音楽ダウンロード・配信サイト ListenJapan

| | コメント (0) | トラックバック (1)

TBS「スペシャルドラマ 恋愛小説」

「短編には短編の良さがある。疲れきった人たちの心に染み込んで、優しい気持ちを感じさせる上質のラブストーリーに仕上がった」というプロデューサーの言葉を虚言とは言えないなかなかの出来で、2時間枠にオムニバスで3本。「恋愛小説
「デューク」は中尾明慶君の屈託のない愛するものへの笑顔(最高!)と、泣いても泣いても涙がとまらない優香さんの愛するものを失った泣き顔が順番に重なって行って素敵なラブストーリーが出来上がっていました。
「十八の夏」は大杉漣さんと観月ありささんの不倫が油絵の下塗りのように深みを与えながら、石垣佑磨君の18歳の少年。その目がキラキラしていました。家庭を不幸にする憎い女性と思いつつ年上女性の不思議な魅力に惹かれていく自己葛藤。ミステリー風味をふりかけながら、18の夏の恋物語。「CAとお呼び」とは違う、18の若者が背伸びして恋してしまう素敵な大人の女性を好演していました。
「月のしずく」は浅田ワールドですが、こつこつと真面目に不器用に生きてきた泉谷しげるさん演じる工員のなんとも切ない恋物語のように見えて、藤原紀香さん演じる銀座の一流ホステスの銀座に生きる女の意地、突っ張って生きてきた女性がふと立ち止まって自分を見直す部分が本当は味わい深い恋愛ドラマかなと思いました。このキャスティングはビートたけしさんと米倉涼子さんあたりだとまた違う雰囲気かなぁと思ったりもしました。

企画全体としてなかなか良い企画で、面白く観ました。「ドラマのTBS」という看板はまだまだありなのかなぁと思わせてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

500円の夕張メロン

Yubarimeron2_1 この夕張メロンは500円でした。Yubarimeron3 980円で売っていたのが、特別セールのタイムサービスで500円!
もう完熟だったせいもあるのでしょう。自宅でこのままカレー用のスプーンで掬って食べる分にはばっちりでした。

ちなみに安さにはもうひとつ秘密があって、農協が出荷する北海道の形に「夕張メロン」と書かれて「良」「優」「秀」のランク付けがされている「共撰」ブランドと、 農家さん直接出荷の「個撰」と呼ばれる楕円形のシールに夕張メロン「個撰」とかかれ農家の名前が入ったものがあり、これは後者。形やネットの張り等、いわゆる「見た目」が若干劣るため農協ブランドでは受け入れてもらえないもの。甘みも優や秀には叶わないようですが本物の夕張メロン、上品な甘さと風味。他の赤肉メロンとはやはり一線を画します。
通販でもこの個撰メロンをまかないメロンなどと説明して安く販売.もしているようです。北海道のス-パーで500円では買えなくても、千疋屋さんで秀を7500円で一個買うよりはお手軽かもしれません。それでも安くはないですが、夕張メロンを半分に切って掬って食べる贅沢感はなかなかです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

580円のタラバ蟹

Taraba
地元のスーパーで購入したタラバガニ このタラバガニ片側の足をとったのではなく。元々足はきれいにそろっていなかったようです。事故か襲われたか右側が3本、左側が2本しかなかったようです。お土産用にはなりません。でもしっかり身は入っていて美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0715

JagaimoLillyRabenda
Flower2RoseFlower1
我が家の庭で撮影。雑草?から野菜から総登場。クリックすると大きく見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花火

Hanabi7 Hanabi2
北の短い夏の花火を今夜みてきました。

続きを読む "北の花火"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千歳空港

千歳空港

今が旬?こんな高級品が沢山並んでいるのも千歳空港ならでは。すぐ横に朝茹で毛ガニが並んでいたりする。よい天気、爽やかな北の夏。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

羽田空港

羽田空港

| | コメント (0) | トラックバック (0)

故郷の写真

Koshimizu
山手線の社内に張られていたポスターです。(ゆがんでいるのはそのまま撮影した為です。)Kisugeエゾキスゲを見た瞬間に、「あれ?似ているなぁ。」と思って寄って見るとそのものでした。小清水原生花園 (こしみずげんせいかえん)網走国定公園の中の有名な原生花園でGenseiekiそのままの名前の小さなJRの臨時駅もあり有名な観光地です。生まれ育った町から10kmも離れていない場所です。遠足で行ったり、友達と自転車で行ったりというHamanasuハマナスやEzosukasiエゾスカシユリの咲き乱れる身近な場所でした。

続きを読む "故郷の写真"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

惑の花折々0710

惑の花折々0710

いちじく? 夏を感じさせる陽気。見た事のない実がなっていた。雰囲気はいちじくのようだが不明。
ワールドカップ決勝はPK戦でイタリアの勝利だったようだ。豪快なシュートの打ち合いみたいな試合で決まってほしかったなぁと個人的には思うが、とにかく世界一。イタリア語でおめでとうは何だろう。美味しいはボーノくらいしか知らない(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑の花折々0710

惑の花折々0710

いちじく? 夏を感じさせる陽気。見た事のない実がなっていた。雰囲気はいちじくのようだが不明。
ワールドカップ決勝はPK戦でイタリアの勝利だったようだ。豪快なシュートの打ち合いみたいな試合で決まってほしかったなぁと個人的には思うが、とにかく世界一。イタリア語でおめでとうは何だろう。美味しいはボーノくらいしか知らない(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スジ肉カレー夏野菜添え

Cares
コラーゲンたっぷりのカレーです。電子レンジで軽くチンした野菜を少し多目の油で揚げるような感じで炒めたものを添えました。野菜の食感も含めてなかなかと自画自賛。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グリーンうどん

Greenudon
休日のお昼は麺類。しかし暑い。冷蔵庫の中にはレタス、冷凍のうどん、モロヘイヤ、おくら、鶏胸肉、うどんと鶏肉は一分ほど、ほかはさっと湯通しで、お皿に・・。ノンオイル青じそドレッシングにゆず胡椒をそえて、夏の一品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦い恋より、甘い恋

あのCMです。苦い濃いより甘い濃い。アクセントはあれで正しいのだろうかなどとつまらぬことも考えてしまいますが「苦い恋より甘い恋」って聞こえてしまいます。

でも そう聞こえたうえでなお引っかかるんですよねぇ。

始まった恋はいつも甘くて、終わった恋はいつも苦いんじゃないかって。

そう考えるとあのCMは

「恋はふりかえるものじゃなくて、前を向いて楽しむもの」

Koihanabi   と 松嶋奈々子さんが 恋愛感を語っていて、甘い恋を楽しんでいる幸せな表情を演じていると見ると、なかなか良くできたCMだと恋に無縁のおじさんは深読みしたりするのでした。(^_^;)

「恋は遠い日の花火ではない」 なぁんてCMも昔々(1995)にありましたね。長塚京三さんが渋かったなぁ。

画像全体はここ
おなじみのCM音楽はここで  しんぶん屋堂apiiのMIDI音楽 より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザーサイパスタ

Pasta_1
ザーサイは結構お気にいりの食材です。以前、記事で紹介したアメ横通販もあるようです。安いので機会があったら一度利用してみてください。スライスしてから薄い塩水で1~2時間(塩加減をどこまで戻すかでお好み次第)というのが味見もしやすくてよいかと思います。で、買い置きしてあったザーサイを戻して使っていたあまりで今日はパスタ。玉ねぎ、ニラ、豚肉、を炒めて、ゴマ油、醤油、ラー油、キムチの素、で味付け。赤くみえるパスタはナポリタンのトマトの赤じゃなくてピリカラの赤なんです。
今日はパスタも多目に茹でてしまったので冷凍保存してみようかなと思っている、そんな日曜の午後です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スパイ大作戦

M:i:Ⅲを見てきました。懐かしのスパイ大作戦 …「おはようフェルプス 君。」「そこで今回Impossible の君の使命だが、」「例によって、君もしくはメンバーが捕らえられ、あるいは殺されても当局はいっさい関知しないからそのつもりで。尚このテープは自動的に消滅する。健闘を祈る。」30年以上前ですがボッと煙が出てTVカセットテープが消えるのを楽しんで見ていました。導火線に火がついて燃えていくタイトルバックにおなじみのテーマソング。細かいお約束をちゃんと守りながらスケールの大きな痛快娯楽アクション映画に仕上げられていて、
映画の日で1000円はお得感の高い2時間6分の映画でした。大きなスクリーンで見なきゃいけない映画です。
スパイ大作戦の写真はないかと探していたら、アメリカTV映画のスパイ物としてはこれも忘れちゃいけない二人組みの写真がPhoto あったので並べておくことにします。わかる人は少ないと思いまUncle04 すがわかる人には懐かしい写真だと思います。
0011(011は札幌の市外局番ですが関係ありません)がキーワード。金髪の相棒は「イリヤ」だったと思います。

「スパイ大作戦」と「おはようフェルプス君」に触れている同じ発想のブロガーさんの記事にトラックバックしました。

                       (記事は M:i:Ⅲではなく最初のDVD
FRENCH-POINT のカミカゼさんの M:I:Ⅲ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

妙楽寺(川崎のアジサイ寺)

交通の便が良くないのですがなかなかのアジサイでした。
_ajisai3 _ajisai5 _ajisai7

_ajisai6
先週とは違う種類をアップで切り出してみましたが、同じ花とは思えないくらい。アジサイ寺と言えば有名なのは同じ神奈川県、北鎌倉の明月院。 さだまさしの歌に習って源氏山から歩くコースも考えたのですが雨模様でしたし、縁切り寺には用もなく(笑)ネットが教えてくれた市内のアジサイ寺を訪ねてみました。やはり先週あたりが満開だったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »