« 私の中のよからぬものが・・ | トップページ | 今日の花一杯 »

敗者復活戦 頑張る姿にもらい泣き

日本テレビ「シャル ウィ ダンス」を見ていた。もらい泣きばかりしていた。

芸能界に生きる人たち、自分を表現するプロではあっても、分野違いのダンスという場で普段は見せない必死の姿をさらけ出して練習し、発表の舞台に立った人たち。
江守徹さん、森三中・大島みゆきさん、松本伊代さん、安めぐみさん、水前寺清子さん、桂三枝さん。今日敗者復活となった松本伊代さんはジャイブというテンポの速い快活な踊りを踊っていた。審査員のプロの方も言っていたが、あのアイドル松本伊代がそのままそこにいた。笑顔も軽やかな動きも、10代のアイドル松本伊代の可愛さが伝わってきた。
そう見せた努力は半端なものではなかったと思う。教えるプロも必死。それぞれの出場者にそれぞれのドラマがあり、一緒にやり遂げた達成感や緊張から開放された安堵感。審査員からの素直な褒め言葉やねぎらいの言葉にこぼれる涙に見ているこちらも、もらい泣き。
もうだめだという処から、もう一頑張り二頑張り。一緒に頑張ってくれる仲間(先生や家族)と頑張って頑張って少なくとも自分が納得できる、悔いのない結果を残した姿は見ている者にもその心持ちがシンクロして胸を熱くさせ、目頭を熱くさせてくれた。

自分自身、そこまで自分を追い込んで頑張ってはいないなと、反省もさせられた。たかがテレビのバラエティー番組だが、ひとつのドキュメンタリーとして伝えられるものは軽くない。

|

« 私の中のよからぬものが・・ | トップページ | 今日の花一杯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/9818925

この記事へのトラックバック一覧です: 敗者復活戦 頑張る姿にもらい泣き:

« 私の中のよからぬものが・・ | トップページ | 今日の花一杯 »