« 水族館のお正月 | トップページ | 住民の証明 »

鏡割り

siruko 本当は11日がその日なのですが、正月の鏡餅をパックから取り出してお汁粉にしました。(右奥にあるのがパックの残骸です)。
ちいさいので、なかにそのまましっかりお餅がつまっていました。割るのに刃物が必要で、鏡開きの趣旨からはちょっと外れてしまいました。大きいパックだと刃物は不要だと11日にyoshiさんが記事で紹介されていました。
Wikipedeiaによれば、

汁粉は餡の違いによって区別される場合が多い。基本的なものはこの三種類である。
 ・
御前汁粉 漉し餡を用いている。
 ・
田舎汁粉 つぶし餡を用いている。
 ・
小倉汁粉 粒餡を用いている。
なお、関西などで用いられるぜんざい(善哉)の語は田舎汁粉の事を指し、とくに御前汁粉は漉し餡のぜんざい、あるいは単にしること称した。

ということで今日作ったのは田舎汁粉です。ゆであずきの缶詰をお湯で溶いて砂糖を足した汁にとりだして煮たお餅を入れて出来上がり。しっかりお腹もふくらみました。

ところで「夫婦善哉」というのは都蝶々さん司会の素人夫婦対談番組の名前とばかり思っていたのですが、大阪で一人前頼むと二椀でてくるしるこを「夫婦善哉」と呼ぶ(法善寺横丁の甘味処「夫婦善哉」以外でもそのメニューがあるのかどううかは不明)のだと上記のWikipedeiaで知りました。思い込みとは怖いものです。

|

« 水族館のお正月 | トップページ | 住民の証明 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私も"おしるこ"を作りました(^^)。東京で単に「おしるこ」と言うと、「田舎しるこ=ぜんざい(関西)」のことを指します。

「小倉しるこ」は初耳でした。つぶし餡と粒餡の違いも微妙ですよね。普通のおしるこより汁気がないものを言うのかしら? 東京版「ぜんざい」のことかな?

大昔、法善寺横町で夫婦善哉を食べました。確か、一人前に二つのお椀が出てきたはず。テレビの夫婦善哉ももちろん知っております(^^)。

おしるこについて書いた過去記事からトラックバックを送らせていただきます。

投稿: Tompei | 2006.01.15 11:11

>Tompeiさん
羊羹とか、お汁粉とか、あの甘さが欲しくなるときありますよね。つぶし餡と粒餡は確かに微妙ですね。
ちなみに夫婦善哉は一人分で二椀が正解でした。本文にLINKを貼りました。有名な水掛不動さんの隣なんですね。コメントありがとうでした。

投稿: | 2006.01.15 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/8156141

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡割り:

» 冬はやっぱりおしるこ! [葉桜日記]
 「夏はやっぱり氷宇治金時!」「秋はやっぱり栗蒸し羊羹!」に続き、季節の甘味シリ [続きを読む]

受信: 2006.01.15 11:14

« 水族館のお正月 | トップページ | 住民の証明 »