« 鏡割り | トップページ | 鮭フレーク パスタ »

住民の証明

tosyo 公立の図書館の貸出しカードはその街の住民もしくはその街の学校や会社で働いていることを証明する書類が必要になります。
北海道から単身赴任の仮住まい、住民票など移していませんし、客先なので社員証があるわけでもありません。でも、写真のように図書館のカードを作ってもらえました。住民であることを証明するのに出せた書類がありました。

実は運転免許証なんです。運転免許証の住所変更は新住所を確認できる書類が必要で、その書類の中に新しい住所宛の葉書、封筒などの郵便物が含まれています。住民票の写し、健康保険証、身分証明書に比べるとかなり甘い確認のような気がしますが、OKなんです。まぁその場所に住んでいるという証明としては現実的なのかもしれません。
レンタルビデオ店の会員になるとか、こちらの銀行に口座作るとか、ちょっとしたことで本人確認で免許証とか何か・・と必要になることがあり、こないだ変更しておいたのが役に立ちました。写真が付いた公的身分証明書としては最強レベル。
実技試験なし、適正試験と筆記試験だけで取得できる原動機付自転車(50ccの通称原付バイク)の免許証なんていうのは運転しなくても以外に役に立つ一枚なのかも知れません。(合格後、「実技講習」はあるようです)
この技は前回単身赴任時に免許の更新時期になり警察に行ったら、北海道の住所のままこちらでの更新は手続きが面倒だから住所変更されたらどうですか?と言われ、「住民票とか移してないんですよ」と言ったら「今住んでいるところに来ているはがきがあればOKですよ。」と言われてそうなんだと判った次第。と言う訳で、自分の免許証の表の住所は東京都、裏を見ると北海道に変更、神奈川に変更と小さな歴史が刻まれています。

|

« 鏡割り | トップページ | 鮭フレーク パスタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/8159815

この記事へのトラックバック一覧です: 住民の証明:

« 鏡割り | トップページ | 鮭フレーク パスタ »