« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

あけましておめでとうございます。

20060101
あけましておめでとうございます。
わくわく日記3度目のお正月です。
ささやかに正月らしさをテレビの上に飾ってみました。
(しめて400円)
さてさてこの原稿はじつは12/31 15:00にupしています。
これから仕事なんです。この三が日は某所で集中作業です。
記事のUPは時間指定でうまくいくのでしょうか?

それはさておき、北海道の様子を知らせるブログから怪しい料理が登場するブログに様相も変化していますが、当惑せずにお付き合いください。好奇心一杯にワクワクする話題が多い一年になれたら良いなと思っています。本年もよろしくお願いします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

惑の花折々

? 明日は大晦日と言う日に咲いている花はさすがにそう多くはないが、路傍に咲いていた花。淡いピンクの花はなんだか寒そうです。今年のデスクワークは今日で終わり。でも仕事は明日も続く!!051230_125314.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七味五悦三会

七味五悦三会「しちみごえつさんえ」と読みます。
今年なくなられた江戸風俗の研究家杉浦日向子さんから教わったと鴻上尚史さんが今週の週刊SPAの連載「ドン・キホーテのピアス」で書いていました。

七味とは7つの美味しかったもの、
五悦は5つの楽しかったこと、
三会は3人の素敵な人との出会い。
大晦日、江戸っ子たちは家族で除夜の鐘を聞きながら七味五悦三会を話し合い、鐘が鳴り終わるまでにすべてを数え上げられたら「今年はいい年だった」と喜び合い、「来年も(数え上げられなかった人は来年こそは)七味五悦三会を持てますように」と願った。

というものです。TVもラジオもない時代ゆっくりと時が流れていた時代の大晦日。年越し蕎麦を食べた後、何をしていたんだろうと思って調べてみると、大晦日31日の夜からお正月だったようです。実はお頭付きの鯛や雑煮を食べた後に年越し蕎麦を食べていたらしいのです。それなら楽しい夜ですし、蕎麦も食べてお腹も一杯。少しお酒も入っていてハイテンションで七味五悦三会の話も順番に言い合ったりするのかもしれません。
「あ、あれは美味しかったね」「え?いつ?どこで食べたの?」とか「そうかぁ良かったねえ」と家族で一年の楽しい思い出探して年を越す。そのBGMには煩悩を消し去る除夜の鐘。なんだか暖かな過ごし方ですね。
そうそう年越しを寝て過ごしてしまうと白髪が増えたり、シワが増えるとも言い伝えられているそうです。TVを消して、仄かな明かりで、美味しいもの、楽しかったこと、会えた人を思い出し語る年越し を過ごすのは美容にも良いのかもしれません(笑)。
消えていった素敵な風習 七味五悦三会(しちみごえつさんえ)のご紹介でした。


参考HP  「大晦日」 by日本文化いろは事典
      書窓漫録 2004/12/25記事 除夜とサンタクロース by 木田順一郎のIT書斎
      年末年始キーワード事典「年越し」 by 水戸黄門HP(常盤神社)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

年の瀬

昨日は御用納め。年の瀬も押し迫りましたね。と書きかけて気になったのが「年の瀬」という言葉。

「さんずい」でもわかるように瀬とは水関連の漢字。川の歩いて渡れるほど浅いところを「瀬」と呼びます。そういう所がある川には××瀬川という名前がついていたりするのかもしれません。渡良瀬川、奥入瀬川、綾瀬川。そうして「淵」と呼ばれる深く淀んだ部分に対して流れも早いのが瀬で「浅瀬」「早瀬」と言う言葉もあります。

続きを読む "年の瀬"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子フィギュアのスポンサーと代表選手

 女子フィギュア、トリノオリンピック代表。一発で決めるのが判りやすくて良い。どんなに有力選手だろうと去年は成績が良かろうと、その選考大会で調子が不良であればそれまでのこと、自己管理の問題だって問われるべきだし、運だってある。「運も実力のうち」なのである。安藤選手には4回転に挑戦して欲しかった全日本の大会だった。成功すれば文句なし、失敗して落選したもそれはそれで潔いではないか。まだ若いのだし。他の上位選手から見るとその覇気において負けていた演技だったような気がする。

続きを読む "女子フィギュアのスポンサーと代表選手"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

Beautiful @ KING KONG

KINGKONG1
Copyright Universal Studio Licensing LLLP

映画「KING KONG」を見た人にはわかる「一枚の写真」と「Beautiful」。恐竜が走り回って得体の知れないエイリアンのような怪物がいる島で見る夕日もニューヨークの摩天楼から見える夕日も変わらず美しいです。そうしてNaomi Wattsさんが演じるアン・ダロウの横顔の美しいこと。3時間8分を飽きさせず楽しませてくれます。ハリーポッターも見ましたがキングコングの方がお勧めです。細かな突っ込みはなしに、うわっ、へぇ~、危ない!、頑張れ!とワクワクドキドキしながら楽しんで欲しい映画です。

それにしても今のSFX技術を駆使することでその臨場感は格段に進歩しているものの、リメイクしてなお楽しめる骨格をなすシナリオの素晴らしさを改めて感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

クリスマス3態in北海道

xmas1
ガーデニングに凝る家があるように、イルミネーションに凝る家もあって、普通の民家なんです。(この写真だけはクリックすると大きくなります)

Xmas2s
教会です。生まれて初めてのクリスマスイブの教会。なかなかそれらしい絵ではあります。訳のわからぬまま「もろびとこぞりて」なんか歌ってきてしまいました。教会でアメイジングブレイスやホワイトクリスマスを歌う友人の伴奏をやるという娘を覗きに言ったら、そういうわけで聖書までいただいて帰ってきてしまいました。

xmas3s
クリスマスと言えばローストチキン。2時間かけた力作(笑)ジャガイモとにんじんとたまねぎがお腹に詰まっています。一緒に焼いたトマトがまた絶品でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

少ない雪

garden20051223
12月23日の我が家の庭の風景。今年はやはり雪は少ないようです。幹線道路は乾いてアスファルトが出ていました。でもそのうちこの庭の風景も いつもの冬の風景に変わっていくのだと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

最後だ持ってけ!

botanebis
近所の市場みたいな店で威勢の良いおじさんの声につられて買ったボタンエビ。特売の一山1980円を1500円で売ってもらって、15尾ありました。で今夜はボタンエビ丼!もちろん地場の生です。海老の中では一番美味しいのではないかなと自分は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千歳空港の空弁

到着ロビーで撮影。いかにものラインナップではある。

051223_131715_m.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬至カレー

tojicurry 今日は冬至。小豆と南瓜を食べておくと風邪を引かないと言われています。そこでカレーに入れてしまえという暴挙。さすがに小豆は下煮が必要ですが、作ってしまいました。小豆の粒粒が判るでしょうか?(右の画像はクリックすると大きく開きます。)南瓜の甘味が出てお子様向けの味になってしまいましたが、無茶な味でははありませんでした。南瓜は薄く切ってから揚げにして添えたほうがよかったかもしれません。ガーリックスライスも乗せて風邪対策もバッチリです。添えてあるのは水菜を湯通ししたものにイタリアンドレッシングをかけたサラダ。お風呂にいれるつもりで買ったゆずをすってのせて見ました。こちらは見た目通りに爽やかな味で、なかなか美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のgoogle

winter_holiday05_1

Googleの遊び心はなかなか洒落ている。今日のgoogleはアメリカ文化としてはクリスマスの五日前、楽しいクリスマス休暇を!ということでHappyHolidaysということでHoliday Doodle(休日のいたずら書き)というシリーズが日替わりでクリスマスの25日まで続くようです。日替わりの一覧は別HPで見れるようです。明日は何かなと???です。

一日の単発物はわくわく日記でもいくつか紹介してきましたが、2005/03/30 2005/04/15 2005/05/08 2005/06/08  2005/10/31
シリーズ物もすでに過去9回あるようです。

クリスマスシリーズは  2001年 2002年 2003年 2004年
オリンピックシリーズが2000年夏シドニー  2002年冬ソルトレイク  2004年夏アテネ
その他に 試作版なのか A B 二つある
このA B はすべてを紹介している googleのHolidayLogoについて書かれたHPでも紹介されていません。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

一所懸命

DSCN1689

「一生懸命」が正しい使い方ですが、ここは語源にしたがって「一所懸命」と表現させてもらいました。
北向きの部屋で、直射日光が差し込むことはありません。風にあたることもありません。人工の光とエアコンの温風と、水道の水で撒かれた種は芽を出しました。こんな一つところで懸命に生きています。乾燥気味の部屋なので気をつけて水だけはスプーンであげています。
どこまで育てられるかわかりません。こんな時期に発芽させてしまったのはとても残酷な仕打ちなのかもしれません。とりあえずこの部屋で一緒懸命の一人と一缶です。
オフ会葉桜日記のTompeiさんから頂いた~Little Herb Garden~バジル 栽培開始です。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

胸を打つ歌声

その歌声は耳にではなくて、胸の一番奥深い所にまっすぐに暖かく優しくしっかりと届いて自分の胸を熱くさせた。歌の持つ力、大きさ。決して大声ではない、むしろ穏やかに柔らかに、でもしっかりと伝わって来る歌。魂を揺さぶるという表現が適切かどうかはわからない。でもそれは間違いなく胸を打つ歌声だった。涙がボロボロ、ボロボロ出てきた。

「天使になった歌姫本田美奈子~夢と闘いの38年」というテレビ番組の中で流れていた彼女がアカペラで歌った歌。一時、病状が回復し退院の運びになったとき、看護師さんやお医者さんの前で感謝を込めて、生きる喜びを込めて歌った「アメイジング グレイス」がその歌だった。

その時彼女の歌を聞いた看護師さんの多くがやはり涙を流したという。彼女が亡くなったからという悲しみはその時のその場にいた人たちにはない。むしろ良かったね退院おめでとうという場面。魂が洗われるという表現が近いかもしれない。たかが一曲の歌ではあるが、それで泣けてしまう自分を恥ずかしいとは思わない。

天使になった歌姫 本田美奈子さん 僕達はあなたの歌を忘れない。 改めて 合掌

関連記事 マリ リ~ン♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっぱり亜熱帯?

こんな風景は北の国では熱帯植物園でしか見られません。横浜にて051216_123817.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪ダルマ?

komedaruma1 komedaruma2
雪だるまならぬ米だるま 寒波襲来あちこちから雪の便りの朝です。
まだ雪をみていない今年の冬ですが、こんなものを作ってみました。
クリスマスの食卓にこんなご飯はどうでしょう?(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カマゆでうどん

DSCN0004s
鯛のカマ 水菜 うどん 。カマゆでうどん。(^。^)
ちなみにカマは半身です。崩れた分ちょっと美味しい雰囲気ではないかも知れませんが、鯛のこってりした旨味、水菜のシャキシャキ感だしもでてうどんも美味しくいただきました。魚のコラーゲンたっぷり部分をすするように食べるのが嫌いじゃない人にはたまらない一品かと(笑)。

続きを読む "カマゆでうどん"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

黒くなったバナナ

DSCN0001s ドアノブに吊るして半分忘れていたバナナ(一週間経過?)。普通の黄色いというよりやや青みさえあったバナナです。ぶらさげて置くと溶けてべたべたにはならずここまで熟します。付け根の部分など干からびて細くなっているのがわかると思います。

DSCN0004s もちろん食べられます。というより甘味、しっとりした食感、これぞバナナという味なのですが、びっくりするのは皮の薄さです。柿とかりんごとかの向いた皮を一日放っておいたような感じです。
バナナスタンドはもっと見直されても良いのかも知れません。バナナが好きな方ぜひお試しあれ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

○○屋 お主も悪よのぉ

時代劇で悪徳代官と商人が密談をしていて、お代官が言うこのセリフ。
「○○屋 お主も悪よのぉ。フッフッフッ・・ (ニヤリ)」
イメージしたのは「越後屋」だったりしませんか?本当のところ良く使われているのはと調べた人がいます。2002年~2005年の「水戸黄門」今年の「大岡越前」「銭形平次」「世直し順庵」を調べたそうです。
鯛の買占めをしたり、若い娘をかどわかして海の向こうに売ったり、橋の手抜き工事をしたり・・そういう悪い商人に多い屋号は?かたや事件に巻き込まれ乗っ取られかける良い商人(?)に多い屋号は?
イメージがあるので、それぞれ2回以上使われた屋号は5個くらいしかないそうです。さて・・

続きを読む "○○屋 お主も悪よのぉ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青い電車

JR東日本の青い電車。京浜東北の水色とは違う青いライン。初めて見たかもしれない。
051211_115419.jpg
小山駅にて撮影。栃木県と茨城県を結ぶ水戸線の電車でした。ぶらり途中下車の旅ではありません。仕事でした。車窓から見えた柿の木は内地だなぁという感じでした。瓦屋根も北海道にはありませんが、雪が落ちる急勾配の屋根か、落ちない平らな屋根か、そういう屋根の家が多いので、ゆるやかな角度の普通の屋根が珍しかったりした車窓の風景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映らなかった人達をほめてあげたい30人31脚

今夜は30人31脚でした。ブログを始めて3回目です。去年とその前年も記事にしました。今年は我が道産子が堂々の優勝。端正な顔立ちの凛々しいキャプテンが印象的でした。
沢山の時間を割いて放映されていたアルジェリアチームの子供達も頑張ってはいましたが、全国大会まで来ていながらほとんど映らなかったチーム。生徒を前に出して自分は映ることのなかった、でも休日返上で指導や練習、ここまで纏め上げるのにきっと苦労された先生達。テレビという媒体はある意味において残酷で自分勝手なところがあります。
たまたま取り上げられた母子家庭の少年や、24歳の先生(泣かずに生徒に話した後の涙は、こちらも思わずもらい涙でしたが・・)、頑張って、頑張って、頑張って、それでもだめだった悔し涙がいくつ流れたのかわかりません。結果に差はあっても、少年少女の流した涙に差はないと思います。彼らが大きくなった時に、悔しさよりも、皆で頑張ったこと、全国大会に行けた事、その達成感・・皆で流した涙の尊さを知るのかもしれません。そこまで彼らを引っ張った先生達を含めて、全員に、特に今日テレビに映らなかった人達を褒めてあげたいと思います。アッパレ!!

この番組制作のスタッフ(カメラマン) あってぃさんが書いた記事からTB &コメントをもらいました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

人気記事

実はわくわく日記のアクセスは検索エンジンで何かを検索して訪れる人がほとんどです。その記事が目的を達していることは少ないのではないかと恐縮なのですが、その中でも検索人気の高い記事がいくつかあります。どんな記事かと言うと・・

先週あたりのアクセスで見ると、冬という季節もあると思いますが・・

 鰊(にしん)漬け レシピを探している方も多いようであまり役にたっていなかも。

 新琴似天舞龍神 よさこいソーラン祭りの2年連続優勝チームの記事。もうすぐ公式HPが完成するようです。

 卒業式の歌「旅立ちの日に」 仰げば尊しやほたるの光に変わる新定番の歌のご紹介

 失敗しないスポンジケーキ なんとケーキ作りに挑戦した記事です!参考になっているかどうか。

 アテネオリンピックの美女8 記事ではなく写真が画像検索されている記事。公式HPからの転載写真ですが、copyした英文で海外からも検索されているようです。女子新体操団体の写真は一見の価値ありです。

 銀座のクラブ 銀座のクラブに行こうと検索した人には直接的にはお店の名前も出てこないので役に立たないですが、20年前の体験談。

 七色のおばんざい 相田翔子さんがいい NHKで放送された連続ドラマの記事 結構相田さんのファンは多いようで地道に検索されています。

 こくわ(さるなし)の実 北海道では「こくわ」と呼ぶ山の果実。ドリカムの歌にも出てきます。先週の鉄腕ダッシュのダッシュ村でTOKIOも食べていました。写真は珍しいのかもしれません。

 飯寿司  さっぽろホワイトイルミネーション  冬囲い  雪国専用 ロータリー除雪車 北海道ならではの記事が続きます。

 アメリカで「トリビアの泉!」  にせこに5万人のオーストラリア人 イタリアターナーホテルのHP 日本一長い」直線道路 作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一といえば 珍しい記事も検索されています。

しかしこうしてみると 節操なくばらばらの記事ですねえ(笑)。それでも昔の記事にコメントがついたりすると嬉しいものです。今朝は歳末蔵出し記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車広告

コンビニで売っている鍋焼きうどんの広告。山手線の車両。あ、鍋焼きうどんもいいかもと、まんまとそう思わされてしまった。

051208_150509_m.jpg

このうどん実は発売25周年、ロングセラー、麺と具とスープの三層構造 の 冷凍食品 あ、それなら食べたことのあるあれだ と なったのでした。ちなみに関西は御堂筋線でこの迫力鍋焼きが見られるそうです。

山手線の広告車両をチェックし続けているブログがありました。
ぶろぐなたいからんどさんの 広告車両シリーズ この鍋焼き車両の記事もありました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「Google Earth」っておもしろい!

葉桜日記のTompeiさんがインストールに困っていたソフトをインストールしてみたらこれが面白い。たなぼたのピーちゃんの身元引受人さんも楽しんでいるらしい。衛星写真と3D地図を合体して自由自在にみることができます。地域によって詳細の度合いが違います。都会は詳細な写真がありますが、地方はラフになります。百聞は一見にしかず。まずは何かと話題の六本木ヒルズ。
ropponngi
次は3Dポリゴンで立体地図を視点を変えてみれる例です。槍ヶ岳から穂高を望むという風景です。
yarigatake
しかもこの穂高と六本木ヒルズを登録しておくと飛行機で飛ぶように風景が連続的に変わっていくのが楽しいんですよ。飛行機だけじゃなく宇宙船もつかっているような場合もあります。アフリカからアラスカでもひとっとびですから。
公式サイトはここ。日本語で詳しいHPならここでしょうか。wkipediaはここ。いろんな場所をお手軽にならここ

冒頭のご近所さんお二方にはトラックバック打たせてもらいました。

| | コメント (12) | トラックバック (8)

二日続きのカレー

日曜日はごはんも炊いてカレー(上)を作った。月曜日もカレー(下)を食べた。ごはんは冷凍したのをチンしたままなのでおにぎり型なんです。バリエーションで目玉焼き、サラダからトマト(土曜の残り)はなくなり、とんかつ屋のようにソースをかけてみた。たまねぎを一生懸命炒めて安かったばら肉で作った日曜のカレーを暖めてお手軽5分で準備の月曜のカレー。残りのカレーは冷凍になった。日曜も月曜も「あ、福神漬け!」と食べるときになって思い出したカレーでした。

curry1

curry02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白歌合戦に思う。

みのもんたさんが司会者になるのは知っていたが、1日に出場歌手が発表になっていたのをアリスさんの記事(※)を読むまで全く知らなかった。TVもネットもあるしと新聞をとってはいないのだけれど、知らなかったからと言って何の問題もないニュースなのだが、繰り返し流されているニュースでないかぎりネットやTVは旬のタイミングを逃すと表面から消えていく。今、世の中で何が起きているかではなく、昨日世の中で起きたニュースを一通り確認するメディアという時差はあるが新聞のあの広い紙面は他の媒体にはない特徴なのだと気が付いた。(※アリスさんの記事は二日の記事なのでこちらの訪問が遅かっただけではある(笑)。)

第56回NHK紅白歌合戦の出場者(byNHK)です。??は赤組のゴリエと白組のAkikoWada。まぁ司会がみのもんたさんの紅白だし、ゴリエが選ばれても良いのだけれど、赤組、白組の基準です。公式資料は見当たらなかったのですが、下記のような基準のようです。

男女混合グループの場合は男女の人数に関わらずメインボーカルを優先。また、基本的に男女のデュエットは紅組扱いとなる。例えばELTは紅組というように。戸籍上男性なのに「心は女だから紅組に入れてよ」と言う主張は当然認められない。したがって美川憲一は白組となる。

続きを読む "紅白歌合戦に思う。"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

とろろアボカドパスタ

tororopasta

パスタというのはご飯に合うものならなんでも合いそうな主食なんですよね。明太子、高菜、 などイタリアンとはいいがたい素材のパスタがすっかり定番です。で、ごはんに合うと言えば「とろろ」。がっと混ぜて、ずるずると半分すするように食べるのは好物のひとつです。

で、やってみました。今夜はイタリアン!(笑)はっきり言ってお勧めです。自己満足度の高い休日の夕食でした。

続きを読む "とろろアボカドパスタ"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

あまりにひどい。

あまりにひどい。残された親の気持ちを祖父母の気持ちを考えるといたたまれない。それよりもなお幼い子供の殺される痛みの辛さ、襲われる恐怖。どんなにか辛かっただろう。痛かっただろう。怖かっただろう。可哀想でならない。大きくなったら・・ケーキ屋さんになりたい、花屋さんになりたい。小さな胸に持っていたそんな夢と一緒にその尊い命を奪う人間を許せない。陰惨な事件が続く。平和で治安の良い国 日本はどこにいってしまったのだろう。 あまりに短い人生ではあったけれど幼き少女達は残された人たちの胸の中で光輝いて生き続けるだろう。いつまでもつぶらな瞳の笑顔のままで。哀悼の意を深く表します。 合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑の花折々1201

夏蜜柑? 柑橘系であることは間違いない。蜜柑と林檎は寒い地方と暖かい地方のシンボルみたいなところがあるけれど首都圏は暖かい所になるのでしょう。051201_123657_m.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こころにくいトラックバック

惑の花折々の寒椿にトラックバックがついた。

最近はどうしようもないspamトラックバックではなく、あるキーワードで検索して、該当したブログの記事に片っ端からという感じで打たれるトラックバックが少なくない。世間で話題のネタを記事にするとそんなトラックバックがひとつやふたつ必ずつく。はっきり言って勝手に自分の家の庭にちらしをばら撒かれたようなトラックバックです。先の記事に自分の記事のLINKはありません。でも多くの人がTBありがとうございますとコメントをいれています。そのコメントにも何も答えない。そんな記事には返しのトラックバックもいっぱいついてます。
わくわく日記の記事へのトラックバックは、自分でも読みたい記事、訪れた人にも読んで欲しい記事へのトラックバック以外は削除しています。

さて、たなぼたのぴーちゃんの身元引受人さんから受けたトラックバックは、自分の記事を呼んで「山茶花 との違いはよく判っていません。」という部分に、きっと「ニヤリ」とされて「しょうがないな、どれ」とご自分の過去記事を引っ張り出して、トラックバックを打ってくれたのだと思います。新規記事にたくさんの客を呼びたいちらしトラックバックとは全く違います。コメントがわりのトラックバック。しかも記事の内容をフォローしてくれているなかなかこころにくいトラックバックでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

惑の花折々

寒椿 山茶花 との違いはよく判っていません。 雪が似合う花の代表ですが北の国では春まで花は見られない時期になります。051201_122554_m.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »