« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

北の花折々0831

?? ここ数日 北の国なりの残暑です。pic_0358.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリケーン「カトリーナ」情報 from USATODAY

hc4

米国南部を襲う過去最大級のハリケーン「カトリーナ」の情報(朝日新聞LINK)

アメリカの情報はアメリカで。 USAtodayの特集 (USATODAY.com - Hurricane Katrina )の写真(photo)、ビデオ(Video)、 被害状況(damage MAP)etc それぞれのタグをクリックしてごらんになってください。なかなか良くできています。しかも適宜更新されています。個人的には背景に使われている衛星写真の目のくっきりさが凄いなぁと思います。

flashを使っていますが まとまっているし すごいのもよくわかります。インターネットで情報を提供するノウハウはやはり一日の長があるという感じです。

fromcnn 風速はmphで示されています。マイル(1.6km)/時間 です。おなじみのm/secに換算すると、 暴風の 25m/sec = 56mph  去年北海道で木が倒れたときが10分以上続くのが前提の風速さは30m/sec =67 m/sec 瞬間風速が 50m/sec=112mph カトリーナは 風速 145mph=65m/sec とか 言うような数字も出てきます。 凄いことになっても不思議はありません。おまけに雨も凄いし、波も凄くて、低い土地は埋没しそうです。

USATODAY.com 本体 の 気象記事に上記のflashは含まれています。

もうひとつ メジャーどころ CNN  一階部分が水没していて街灯の先頭しか見えない写真はCNNからの転載です。

いろんな画像を見たい方には、ここここを。  いくつか写真を勝手に転載させてもらいました。 続きでどうぞ

続きを読む "ハリケーン「カトリーナ」情報 from USATODAY"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北の花折々0829

?? 後ろはガクアジサイなのだが。秋晴れという感じの朝。チラチラと見た24時間テレビ 北村弁護士が目頭を熱くしているシーンを何度も見た。笑わない弁護士はやっぱり心優しい弁護士だった。

pic_0357.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリケーン

アメリカの凄いハリケーン日本をならべて見ました。風速75m/s・・

0829usa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0828

ガマ ガマ科 雌花は成熟するとより太く褐色になる。それが稲葉の白兎で有名な蒲の穂綿

onna

続きを読む "北の花折々0828"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイ、お似合いヨ

芸術の森野外 美術館にてふたり 朝倉響子 作

hutari3

 











「座っていいのぉ?」 
「いいんだよぉ。」
「今、お尻に触っていなかった?」
「 触ってないよ。」




「そう?でもなんだか並んで座って嬉しそうねぇ。スタイルいいもんね。」
「似合っていない?」
「ハイ、お似合いヨ」

という会話をしていたかどうかはわかりません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤とんぼ

アキアカネ 昆虫綱 トンボ目 トンボ科 英名 a red dragonflytombo2 

合体(ハマちゃん) 交尾(理科) 猶蜻蛉[あきつ]の臀砧[となめ*注](日本書紀 神武天皇)[]は原文ではフリガナ。*注:「砧」の字、原文では「くち」扁に「占」が書いてあります。JISに該当する字がありませんので、仮にこれを宛てました。
akatimbo1 tombo3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の道折々0827

R453 札幌 シコツ湖 の 途中。 左上の矢印は 冬に雪がつもっても道がどこかわかる為の標識です 秋の空に見えますか?pic_0344.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズフィルターの基準

小学生でもインターネットを使って調べる時代らしい。ただかなり危ない情報もあふれているのでそういう不適当なサイトは表示しないフィルタリング機能を持った検索サイトのひとつに「キッズgoo」がある。

昨日ここ経由の検索があった。ふりがなまでついて表示され、なんだか自分のブログではないみたいです。小学生の教科書みたいです。検索されて表示されていたのは白鳥の湖ウトナイ湖、通常表示はこちら。キッズgooの表示はこちら

検索されても、表示しようとすると「ごめんね。ページがひょうじできませんでした。」と表示されるページもあります。基準はわかりませんが伊藤美咲さんはOK黒木瞳さんもOK、でも井上和香さんはNGで「ごめんね」でした。見れるとこちらなんです。 (それぞれオフィシャルHPです。)

基準がなにかは不明です。NGキワードかブラックリストがあるのではないかと思いますが・・。判断は難しいですよね。小学生には刺激的過ぎる写真と言われれば、まぁ確かにそうですが小学生にとって刺激的なんじゃなくて、判定している大人にとって刺激的なんじゃないですかね(笑)。でも全部見るわけにはいかないので自動判定だとは思うのですが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民党に認められた?ブログ

メールマガジン、ブログの発信者と武部勤幹事長が懇談(8/25)

武部勤幹事長は25日、インターネットのメールマガジンとブログ(日記風サイト)の発信者を招き、全国から集まった33名の参加者と懇談を行った。ということで、わかる範囲で調べて見ました。 とりあえず興味のある方はそれぞれチェックしてみてください。 はてなの社長さんとか有名人もぞろぞろいたようです。 おおむね好意的で、自民党なかなかやるなぁですね。

続きを読む "自民党に認められた?ブログ"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

北の花折々0825

?? つぼみではなくこういう形の花らしい。今年の台風は関東直撃コースでやってきてすっと曲がるパターンがこれで二度続いた。収穫の秋、大きな被害が出るような台風は遠慮願いたいが雨が欲しい地域もある。適度?pic_0343.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高野連の指導

日本高校野球連盟 について調べていたら へぇ という記事にでくわした。昨年の11月26日の記事である。

日本高校野球連盟(高野連、JHBF)が大阪市内で全国理事会を行い、高校野球のテレビ中継を見た視聴者から「野球部員に目に余る服装などの乱れがある」などの苦情が相次いで寄せられたこともあり、野球部員が髪を茶色に染めたり、眉毛に剃り込みを入れたりすることを禁止し、校則違反の指導を徹底するように脇村春夫会長名で各都道府県の高野連を通じて通達を出すことを決めた。会長名でこのような通達が出るのは極めて異例。「校則違反の指導徹底について」という通達で「服装の乱れや眉毛の剃り込みなどは、全ての学校で規定されている。大会出場に当たっては、学校を代表する選手であることを自覚させ、指導者は校則違反がないように指導を徹底させるよう」と注文。通達には茶髪についての記述はないが、脇村春夫会長は「禁止の対象になる」とした。

続きに全文を載せたが、どこか違和感を感じる。高野連が理想とする高校野球はスポーツではなく武道のように扱われている部分があるような気がする。play ball なのに。この通達に今の若者たちはどう反応したか。

全部は読んでいないが、あの「2ちゃんねる」でのログ2ちゃんねるみらー - DUMPER.JP)があった。バランスと言うことで言えば実にバランスよくいろんな意見が出ている。オタクの偏った意見と見るか、今の普通の若者の声とみるかは読まれた方の感性に任せるが最後は幼稚園児を茶髪にしている母親たちの問題まで話は展開していっている。ただ、こういうい通達を高野連が出したことには総じて批判的だ。

あの事件の処分もこの通達を出した高野連によって決められる。後味の悪いことになってほしくないと思うがすでに遅いのかもしれない。

続きを読む "高野連の指導"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

北の花折々0824

朝顔 あちこちの庭先で朝顔が満開です。桔梗も一緒に映って八月もそろそろ終わりですpic_0342.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0823

ビロードモウズイカ  ビロード毛蕋花 (もうずいか) ニワタバコ 60cm~2mの大きさ こいつは日本生まれじゃないと 違和感たっぷり。白い毛に覆われて、にょきにょきと無意味に大きく伸びて、周りと協調して暮らしていこうなどというつもりは全くない というより、違和感のない場所に先祖はいたのに 何の因果か異国の地に生まれてしまったという感じ。

観賞用、薬用として1870年頃に導入されたらしい。

pic_0340.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園の詩 特別編 阿久悠

作詞家、作家として幅広い活動を続けている 阿久悠さんが、スポーツニッポンで高校野球の甲子園での試合に詩を発表し続けています。過去の甲子園の詩は阿久悠さんの公式HPに掲載されています。 1999年, 2000年, 2001年, 2003年 の詩と記事が掲載されています。

『勇士は還りぬ』 と題した駒沢苫小牧高校の連覇を称えた詩が載っていました。

続きを読む "甲子園の詩 特別編 阿久悠"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

北の花折々0821

nejirihana ネジバナ ネジリバナ 「捩花」 モジズリ ラン科 ネジバナ属 野草だが可憐で、構造も面白い、一個一個の小さな花が縒ったような螺旋の茎に回転しながら咲いている。 駒澤苫小牧高校を迎え待つ北海道は今日は雨です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒大付属苫小牧高校 優勝 おめでとう!

tomakomas打戦になるかと思ったが、締まったいい試合でした。野球の神様が今日は勝たせてくれたような気がします。7回の内野安打が神様のプレゼントだったような気がします。本田君は打ち取っている。京都外大西の守備にエラーはない。結果は内野安打。でも、ラッキーは不断の努力への神様のご褒美という話もまた真実なのでしょう。

「みんな、
  最高だぁ!!」

林 主将は 優勝インタビューを そう締めくくりました。57年ぶりという連覇、優勝おめでとう。感動をありがとう。 皆で持ってきた優勝旗を皆で持って帰ってくるなんて最高です。彼の春の選抜の選手宣誓を再掲します。泣かせてくれるやつです。この姿勢はこの夏もかわらなかったのだと思います。彼の顔を見ていたらわかります。

続きを読む "駒大付属苫小牧高校 優勝 おめでとう!"

| | コメント (25) | トラックバック (0)

北の花折々 0820

tuyukusa

ツユクサ 昨年も載せましたが再掲です。露草 英名はdayflower 半日の命の花でこの青い花は昼にはしぼみ、翌朝同じ場所で咲いていてもその日の朝咲いた別の花なのだそうです。同じ性質に由来しても、日本人はその可憐な花を「朝露の精」として露草と名づけたそうです。染料としても使われたのですが、水溶性ですぐ色褪せてしまうのだそうです。染料として色を着けるところから着き草、月草、転じてツユクサという説もあるそうです。白いものをはじめとしたツユクサの仲間40種類の写真はこちらのギャラリー

鴨頭草(オウセキソウ)、蛍草、青草、と別名はいろいろ。万葉の青はこの花の色だそうです。そうして季語としては秋なのだそうです。半日でしぼむ命の短さ、染めても退色していく儚さを関連づけて万葉集にも多く歌われている花のひとつのようです。縹(はなだ)色という伝統的な色の名前はもともとはこのツユクサの色だったそうです。 あさはなだ、うすはなだ、つゆくさいろ はないろ などは 青色百科 で確認してください。

続きを読む "北の花折々 0820"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張れ 駒大苫小牧!

今日は準決勝 相手は あの平田君がいる大阪桐蔭。蒸し暑さなど地の利は相手にあるが、昨日一日試合がなかったことは投手の体力という面でもかなり駒苫にラッキーな試合順だったと思う。勝利を目指して頑張ってほしいが平田君とは真っ向勝負してほしい。香田監督は全打席敬遠などという指示は出さないと思うが、思い切り投げて打って走って、そういう一生懸命な姿を見せて欲しい。できるなら平田君は打つが単発で駒沢苫小牧はつなぐ打線で打ち勝つと言うような試合を期待すると言うのは贅沢だろうか。頑張れ!駒苫!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

北の花折々0818

グラジオラス 夏の花壇をダリアと二分していた栄光の日々は遠い昔?pic_0335.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンガ通りのマンホール

札幌市内にはいくつかレンガを敷き詰めた歩道があります。建物や外灯もあわせて都市景観としてお洒落にしようという通りです。マンホールの蓋も例外ではありません。よくわかりませんが、円に沿ってきれいにカットして埋め込んだ職人の技が光る一品物のマンホール。夏は終わりの札幌からシックでお洒落なマンホール でした。

pic_0332

tbp00669-0

| | コメント (0) | トラックバック (1)

北の花折々0816

ぶどう 花ではありませんが、通勤途中にあったぶどう棚を撮影。実りへ向けて順調に育っている途中というところでしょうか。まだ青いぶどうです。今日まではお盆、電車も空いていました。空の色がもう夏の色ではなかった朝。少し高くなって秋の顔を見せていました。

pic_0329

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園 ライブ中継 2014 (高校野球)

※2014年 第96回 夏の大会 キラキラ輝く、キミの夏
  アンダーラインの文字はリンクが張ってあります。クリックするとそのHPに飛んでいきます。

   朝日放送 ライブ中継

   ABC朝日放送 ライブアプリ スマホ用

   朝日新聞HP 第96回全国高校野球選手権記念大会(公式HP)
   

   バーチャル甲子園 朝日放送 
   ハイライトなども後から動画鑑賞になるようです。

    ABC朝日放送の甲子園情報page
  

   NHK甲子園2014全国大会のHP は基本文字速報です。

   ラジオを聴くなんていうのもネットで可能です。
   NHKラジオのらじる はここ
   radikoのHPはここ

   twitterの公式アカウントは @asahi_koshien(朝日新聞 高校野球)で ここ
   ハッシュタグでは #高校野球 #kokoyakyu

   
   どこの高校をを応援していますか、コメントに一言いただければ嬉しいです。

続きを読む "甲子園 ライブ中継 2014 (高校野球)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

北の花折々0815

?? わが家の庭に咲いていたのですが いらっしゃいませ あの〜 どちらさまでしたっけ? と いう感じ 育てばラッキーで苗床も作らずの種の直撒きか 鳥や風が運んだか いつの間にかとかどうしてここに?は得意技(^-^)

pic_0323.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0814

tombo2 すすき トンボがとまっている下にあるのはのはススキの穂ずいぶんとトンボがとんでいました。秋の気配です。

秋の気配と言えば・・

あれがあなたの 好きな場所
港が見下ろせる 小高い公園

あなたの声が さくなる
僕は黙って を見てる

目を閉じて 息を止めて
さかのぼる ほんのひととき

こんなことは 今までなかった
僕が あなたから離れてゆく
 僕が あなたから離れてゆく...

オフコースがこの曲をだしたのは1977年昭和52年 僕があなたから というよりは あなたが僕から離れていったか そもそも近づいていなかったか 当時沁みた記憶がある歌です。

berrys 右の写真は自分はハマイチゴと呼んでいたキイチゴ。今日散歩していたら大きな公園の土手に自生していました。このくらい熟すると酸っぱさは控えめで甘いんです。ジャムにしたり、果実酒にしたり・・。ずいぶんと久しぶりに口に含みました。ぷちっとはじけて口の中に甘い香りが広がって、でも、もっと美味しかったような気がしたのは気のせいでしょうか。

karinz 左の写真はカリンズと呼んでいました。独特の風味。淡い甘さと強い酸味。赤すぐり、レッドカーラント、カシスは同じこの木の実をさしているそうです。カシスソーダを飲んだときに、「カリンズの味に似ているな」と言ったら、「カリンズって何?」って聞かれたのはいつのことだったでしょう。

もひとつ今日見かけて口にしたものが右のグスベリと呼んでいた実のなる潅木。グーズベリー、すぐり(酸塊)、というのが一般名。北海gooseberry道では大きな玉を栽培しているようでスーパーでも売っていたりします。梅じゃないけれど青いのをガリガリ食べる人、漬物にしたりする人もいたように思います。熟すると写真のように赤から赤紫という風に濃い色に変わっていくと同時に甘みが増します。かりんずほどではないですが、これも太陽にかざせば光が透けます。

秋の気配で せつない話をつづる つもりが甘酸っぱい実の話ばかりになってしまいました。甘酸っぱい思い出話のひとつもあれば 格好よいんですけどね。ただの田舎の貧しい子供の話でした(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BlueImpulse 編隊飛行

blueimpulse

数多くの写真に埋もれるにはもったいない、厳選の1枚を再掲載。背面飛行3機と通常飛行3機の6機の編隊飛行。天地逆掲載しても難しさは同じ。頭に血が登りますよねえ。あ 下がる というべきでしょうか(^_^)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0813

ほおづき(鬼灯) (Chinese lantern plant) 赤く色づくのはもう少し先ですね。去年は7月に花が咲いているときに載せました。我が家の庭のほおずきです。夏休みで帰っていた長女は軽自動車を買って初めての長距離ドライブに付き添いの母親と帰っていきました。受験生の次女と留守番です。

houzuki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0812

オキザリス・トライアングラリス(命名 伶さん) 葉が紫で△ 花は淡いピンク2cm未満 はっきり言って暑いです。

札幌人には十分です

pic_0313.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

甲子園の一勝

去年の優勝高校 高い期待値が号外ポスターの見出しでわかる 「まず一勝」なんとも奢りに満ちている。初戦突破だ!と喜んではいけないらしい。やった!勝った!と素直に拍手喝采してあげたい。憧れの甲子園、誰もが必死で戦っているのだから。

pic_0311.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

為末大選手の銅メダルは本当に凄い。

今朝の4時過ぎにリアルタイムで彼が銅メダルを獲得した瞬間をご覧になった方はそのときどうされたのでしょう。やったぁと声を上げたのか、思わずガッツポーズをとったのか、なんだか涙が止まらなかったのか。誰かに、「やった!凄いぞ!見た?」と電話をかけたくなるような感動のレースだったと思います。

残念ながら自分はリアルタイムで見ることはできませんでした。朝ニュースで銅メダルと聞き、あぁ、また採ったんだ。しかし大したものだなぁ。凄いなと思ったものの、それほど感動はしていませんでした。

仕事先で寝不足と言いながら凄かったと語る友や、仕事帰りの夕刊記事、[ツキウラ+]の朔夜さんの何もかもが、その瞬間へ向けて。 そしてテレビでビデオ映像や本人の談話でその凄さを追体験したのでした。

続きを読む "為末大選手の銅メダルは本当に凄い。 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の花折々0810

アザミ 薊 だと思う。衣服にくっつきます。探検だぁ。秘密基地だぁと野原をかきわけるように歩き回った後はなんだか色んな種がマジックテープのようにズボンや靴下についていたのを思い出した。晴れ 真夏日?pic_0309.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0810

桔梗 萩(はぎ) 薄(すすき) 葛(くず)撫子(なでしこ) 女郎花(おみなえし) 藤袴(ふじばかま) 桔梗(ききょう)で秋の七草 春の七草と違い基本的に 見るための花ということで七草粥にはしないようです(笑)。

pic_0266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっと もうすぐ200,000

気がつけば8月8日朝7:00は 199,859 今日中に200,000になってしまいそうです。検索でヒットされるかたも多いのですが、200,000 のお客さまは、できれば何か一言 いただければと 思います。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自衛隊基地のマンホール

もう病気ですね。航空祭を見に行ってマンホールが気になるなんて。かなりレア物ではないかと(笑)。自衛隊基地内で見つけた真ん中に桜のマンホール。

manhollsakura

tbp00669-0

| | コメント (1) | トラックバック (1)

千歳航空祭2005 その3 F-16

ブルーインパルスも凄かったのですが、戦闘機としての性能を見せ付けてくれたのが米空軍三沢基地からお祝いにかけつけたF-16.ファイティングファルコン。爆音も凄かったですが、150mから5000mへの急上昇、急旋回やスピード、きりもみと性能の高さを見せつけていました。普通の人間は気絶しそうな飛行でした。

topgun01 topgun02 topgun05

topgun04 topgun03 topgun06

性能はデザインにも現れるようで、見ただけでデザイン的に美しい機体だと思いました。パイロット、スタッフが事前の打ち合わせをしていたのですが、黒いユニフォーム、全員180cmありそうな体格、それこそ映画トップガンの一こまの様でした。写真はすべてクリックすると大きくなります。トムクルーズ並のイケメンかどうかの判断はおまかせします。飛んでいる写真は、まぁ映ったというレベルですが音速近いスピードが出ている証拠?の水蒸気が出ているのがうっすらわかるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

千歳航空祭2005 その2 ブルー インパルス

航空祭の目玉はやっぱりブルーインパルスの編隊飛行でしょう。今年は雲があったせいだと思いますが、白煙で軌跡を残すデモは少なかったように思います。それでもさすがのブルーインパルス。3倍ズームしかないコンパクトデジカメ(あぁ、いいカメラが欲しい(笑))で必死に勘で押したシャッター。何枚か映っていたので紹介します。

blue01 blue02

blue04 blue06

妙技ここに極まれりという素晴らしい飛行です。クリックしてご覧ください、左下の6機の編隊飛行が中でも凄いんです。良くごらんになってください。3機は背面飛行です。尾翼の向きが逆なのがわかると思います。それでもこの編隊飛行。所属基地は松島です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千歳 航空祭2005 その1 展示

千歳基地航空祭 cockpit0 モブログで二つほどアップしましたが、今日もなかなかの良い天気、真っ赤に火傷のようになるのを避けて日焼け止めクリームを塗って取材です。

(航空ショーの部分は上を見上げるので、帽子は役に立たないイベントなのです)

上の写真はF-15イーグルのコックピットです。クリックすると拡大します。トップガンでトムクルーズが操縦していた戦闘機もこんなでしたね。(あれは正しくはF14トムキャット)。この撮影は4箇所でやっていてそれでも20分くらい並んでの一枚です。

続きを読む "千歳 航空祭2005 その1 展示"

| | コメント (13) | トラックバック (3)

B747

政府特別機 なかなかこんな近くに寄れない飛行機pic_0298.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F-15

マッハ2.5で飛ぶ 戦闘機 千歳航空祭にやってきた。楽しいからと誘った主婦と娘には振られてオヤジひとりワクワクランドですpic_0295.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水分補給

歩いて汗をかいた時は水分を補給しないといけない。北海道限定の生ビールクラッシックとゴールの駅で産地直売していた生ブルーベリー200円 この酸味と粒の大きさがなかなかどうして ではなくビタミンも補給(笑)pic_0280.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRヘルシーウォーキング黒松内

天然記念物歌才ブナ自生北限地帯を歩くと題されたおなじみ企画ですがかなりハードでした。あれはトレッキングと言ったほうが適切。折り返し地点はふつうなら弁当広げて休憩できる場所なのだがご覧の状態。一人通る幅しかない山道を500人が行きかうことになったはずなのだがその後の状況は不明です。自分は2時間ほど早い電車でついて動いたので、混雑は避けられた。

pic_0276.jpg

続きを読む "JRヘルシーウォーキング黒松内"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長万部のかにめし

JRヘルシーウォーキング今日は黒松内と言うかなり離れた場所。乗り継ぎ時間を利用して桃鉄でもおなじみの「かにめし」をすぐ近くの長万部駅の本家で購入 まだ暖かい。美味しかった。

pic_0271.jpg

kanimesi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0805

?? 庭木だが南方系の風情。今日はこの夏一番の暑さと言う天気予報。それでも最高気温予想33度 メイリさんの熊本37度には及ばないですが、クールビズでもないのでそれなりに暑い朝です。pic_0269.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0804

?? 札幌の一日の最高気温の平年値は07/31と08/01の27.2度が一番高いんです。つまり夏の盛りは過ぎた北の国はすでに秋へpic_0268.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の花折々0803

サルビア 赤ではなく紫 風情はラベンダーにも似ている。雨も上がって涼しいくらいの午後pic_0265.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話が懐中電灯

昨夜 激しい雷と共に長い停電が何度かありました。最初の停電で騒いでいる時にポッと白く明るくなった先を見ると娘が携帯電話の写真用のライトを点灯させていました。下手な懐中電灯より遙かに明るいんです。通信手段だけでない非常時のツール。ラジオが聞けたり、テレビがみれる機種もあります。防水性を強くし、手回し充電が出来るような携帯電話もあるのでしょうか?
いえい、父親の懐中電灯はどこだと探す固定観念より、高校生の娘の周りにあるもので急場をしのぐ柔軟な発想というのが一番大事だと言う事を学ぶべきなのでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北の花折々0802

オオマツヨイグサ宵待草 夜になって咲き 昼間はしぼんでいる。時期は合っていても朝顔との2ショットは難しいかも(笑)pic_0263.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

北の花火

先週末、仕事帰りに一人で花火を見た。光ってからその音が耳に届くのに二秒程かかる距離だったが、ちょうど通りかかった橋の上からよく見えて、立ち止まって欄干に寄りかかって眺めていた。真上を見上げるような花火ではなかったけれど十分に雰囲気は伝わった。

運良く少し風も吹いていて、次々にあがる花火の煙は流れてくれて鮮やかな光を見せてくれた。光と音との時間差攻撃。

ひゅ~るひゅるるピカピカピカッ・・ ドァン、ババン

ピカ パッ ピッカ パラパラパラ・・・・・・バン、ダァダン、バチバチパチパチ

鮮やかな連発の組み合わせのスターマインや大きな大輪の花火には、周りで見ている人たちからも うぉ~っ と声があがる。汗が流れるような暑さではないが、ちゃんと色とりどりの浴衣に着替えた若い女の子たちもチラホラいる。札幌の夏、3週連続の花火の最後。

台風7号の残り滓のような雨が降っていた午後で、花火大会は今夜は中止かと思われていたが、すっとやんで花火大会は始まっていた。涼しい夜 曇り空で星もなく花火は闇に映えて本当にきれいだった。

最近、あちこちの観光地で冬の花火の企画もよく聞く。凍った湖、凍てつく空気、満点の星空、息が白くなる中での花火も評判らしい。花火を作った人、構成を考えた人、実際に打ち上げる人、かかわった人たちの勝負は一瞬です。でもその一瞬をしっかりと楽しむ。日本人は花火が大好きのようである。調べた訳ではないが、日本の花火文化は世界に冠たるものと聞いたことがある。それは桜の散り際の美しさをめでる日本の文化ともつながる民族の美意識なのかもしれない。

花火大会が終わって八月の声を聞くと、北国の短い夏の折り返し点はもうすぐそこまで来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »