« 北の花折々0810 | トップページ | 甲子園の一勝 »

為末大選手の銅メダルは本当に凄い。

今朝の4時過ぎにリアルタイムで彼が銅メダルを獲得した瞬間をご覧になった方はそのときどうされたのでしょう。やったぁと声を上げたのか、思わずガッツポーズをとったのか、なんだか涙が止まらなかったのか。誰かに、「やった!凄いぞ!見た?」と電話をかけたくなるような感動のレースだったと思います。

残念ながら自分はリアルタイムで見ることはできませんでした。朝ニュースで銅メダルと聞き、あぁ、また採ったんだ。しかし大したものだなぁ。凄いなと思ったものの、それほど感動はしていませんでした。

仕事先で寝不足と言いながら凄かったと語る友や、仕事帰りの夕刊記事、[ツキウラ+]の朔夜さんの何もかもが、その瞬間へ向けて。 そしてテレビでビデオ映像や本人の談話でその凄さを追体験したのでした。

詳しいコラム記事 から一部抜粋させていただく。
戦略はまった為末 4年間の思い込めた銅
男子400mハードル 2005年08月10日 (向吉三郎)

レースの3時間ほど前から、雷のごう音とともに雨がトラックをたたきつける。約2時間の中断の後に競技は再開されたが、いったんは中止の情報も流れた。若い選手たちは荷物をまとめたり、アップを始めたりと明らかに動揺していた。
正確な情報が流れるまで、じっと待機していたのはベテランのフェリックス・サンチェス(ドミニカ)と為末だけだった。
いったんはやんだ雨も、スタート直前で再び激しく降り始めた。1回のフライング。若い選手たちの顔がさらに険しくなっているのが分かった。集中力もそがれている。
スタートで「かっ飛ばす」戦略
スタートのごう音とともに為末大は飛び出した。力の限り飛び出した。1台目のハードルで圧倒的なリードを奪うと、2台目まで猛スピードで加速した。プロになってからは、なかなか勝てない時期も経験。4年分の思いの丈をスタートに込めた。
執念で金最有力との競り合いに勝利
最後の直線は、金メダル最有力候補だった19歳・カーロン・クレメント(アメリカ)との競り合tamesue いになったが、クレメントは為末の戦略にはまり、追い上げることができなかった。
為末はゴールで前のめりになって一回転。「前転するつもりでいた。骨が折れるぐらいだったらいいやと思っていました」と執念でメダルをもぎ取った。
自分が3着になったのは、すぐに分からなかった。雨でかすむ電光掲示板の3番目に「Dai」の文字。3回見直して、やっと両手を突き上げてガッツポーズした。
「4年前とは重みが違います。思い出が乗っかっていますから」。メダルの色は同じだが、為末自身の輝きは何倍にも増していた
テレビのインタビューで4年前のインタビューが流れていた。「メダルを母に手渡したが父がさびしそうにしていた顔がたまらなかった。もうひとつとって今度は父に手渡したいです。」と・・
その父親はスランプに苦しんでいた二年前に亡くなられたそうです。その苦しんだ思いの分が「重みが違います」だったようだ。テレビは会場に来ていた彼の母親も写していた。スタートしたらほとんど見ていない。うつむいて祈るようにしていた。「あの子が本当に死ぬ気で走っているのだけはわかりました」母親はそう言った。骨ぐらい折れてもいいと思っていたゴール。
彼はアマチュアではない。今後も、プロとして活動資金を捻出するため、欧州各地で開催される賞金レースへ出場するそうだ。ゴルフで言えばトーナメントプロ。記録ではない。勝負に勝つことが生活を支えている。
雨の中嶋と呼ばれた日本人最初のF1レーサー中嶋悟選手をふと思い出した。彼がファステストラップを記録したレースは雨だった。それは雨に賭けたセッティングとパワーよりも技術の要素が優先されるレース状況と自分が生きていくためにベストを尽くした結果だった。
片手を突き上げ、涙して喜ぶ為末選手。ビデオでも思わずもらい泣きしてしまった。月並みな言葉だが感動をありがとう。

|

« 北の花折々0810 | トップページ | 甲子園の一勝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何事も勝つためだけに、そしてその思いを一瞬もブレさせることなく
目標に向かって経験を積み上げてきた努力が引き寄せた、本当に
見事な結果でした。
もぉね、言いたいことが後から後から沸いて出て止まらなくなりそうw

さきほど表彰式も見てましたけど、しあわせと元気もらいましたよ^^

投稿: 朔夜 | 2005.08.11 01:53

> 朔夜さん
尾方選手の銅メダルも男の意地、いくぞオリンピックという頑張りの根性メダルでしたね。でも本人がつらい涙を流して頑張った結果の、嬉し涙にはもらい泣きしちゃいますねえ。コメントありがとうでした。

投稿: | 2005.08.14 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/5399495

この記事へのトラックバック一覧です: 為末大選手の銅メダルは本当に凄い。 :

« 北の花折々0810 | トップページ | 甲子園の一勝 »