« 北の花折々0505 | トップページ | 味噌餡の柏餅 »

煮玉子

tamagoni

昨日、豚の角煮を作りまして、その煮汁で作った半熟煮玉子です。どこかのラーメン屋でこの半熟煮玉子に初めて出会ったときはちょっと感動しました。どうして味がしみているのに(煮込んだら完熟になるはずなのに)、この黄身はとろりゼリー状なのだろうと不思議でした。要はかなり緩めの半熟玉子を濃い汁(角煮の煮汁じゃなくても、俗に言う麺つゆみたいなものでもそれなりにできるようです。)に漬けておくと、浸透圧の関係で水分が抜けて、周りのつゆが染み込んで黄身がゼリー状に固まるというものです。美味しそうな雰囲気伝わるでしょうか。煮汁のレシピを付記します。

今回の角煮の煮汁は、500ccのお湯に市販のかつおだしの素、醤油カップ1/2、日本酒1カップ、味醂大さじ2杯くらい、砂糖大さじ4杯くらい、昆布もいれましたね。まぁ 薄めに作ってお好みで砂糖、醤油は足していただければ・・。肉のうまみがでて、冷えると脂肪も浮くのですがそれを救いながら、ヒタヒタのつゆの量だとクルクルまわしながら、まんべんなく色がしっかりしみてくると中も食べごろ。最低3時間 まぁ半日置くと 黄身がゼリー状になってくれるのではないかと思います。 惑のおやじクッキングでしたぁ(笑)

今日の昼はこれを入れた ラーメンにしました。

| |

« 北の花折々0505 | トップページ | 味噌餡の柏餅 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

うっうまそ~~~~っ!!

惑さん、やりますねぇ~~。
今日は私もお昼にラーメン食べましたが、同じ頃、惑さんはお手製煮卵入りのラーメン食べていたのね(笑)。いいなぁ。

煮豚との連携プレーで、時間と手間のかかるお料理、黄金週間ならではの技ですね。

投稿: まりあ | 2005.05.05 23:28

>まりあ さん
ラーメンはそこいらのスーパーで売っていた生ラーメンとスープがセットになったリーズナブルなやつでしたが、炒めたもやしと、こいつが乗っかるとかなり自己満足度は高いラーメンでした。卵は安いですからね。工夫して美味しく食べたい食材です。 コメントありがとうでした。遠足にゆで卵と塩を持っていったことがある世代の惑でした。

投稿: | 2005.05.06 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煮玉子:

« 北の花折々0505 | トップページ | 味噌餡の柏餅 »