« 危ない誘惑 | トップページ | 海洋堂の飲茶の食玩 »

泣ける選手宣誓

宣誓! とはやらなかったと聞いてはいたのだが内容は良く確認していなかった。
第77回選抜高校野球 駒澤大学付属苫小牧高等学校 野球部主将・林裕也君の選手宣誓。jikka*day by day のyoshiさんが「二つの開会式」 で宣誓の全文を掲載されていました。読み返しただけでやっぱり僕も泣けました。どうもだめですねえ。一生懸命に弱いのかなぁ。宣誓の全文は続きに。
絶叫も、挙手もなしの選手宣誓。独りで考えたのかアドバイスした人がいたかわからぬが駒大苫小牧、やってくれるじゃないですか

 『この世に生を受け、十数年生きてきた中で、

  夢を実現させようとし、一生懸命立ち向かうこと
  そこにぼくたちの人生があることに気が付きました
  
  夢を追い続けるひたむきな姿が美しく輝いている
  ということを学びました
  
  ぼくたちのために、多くの方が見守ってくださった
  ことも知りました
  
  ここまで成長させていただき支えてくださったみなさん、
  ありがとうございます

  今、高校野球って素晴らしいということを実感しながら
  感謝と一生懸命を胸に、
  甲子園という夢の舞台に挑むことを、

  ここに宣誓します

  平成17年3月23日
  駒澤大学付属苫小牧高等学校 野球部主将・林裕也』

| |

« 危ない誘惑 | トップページ | 海洋堂の飲茶の食玩 »

高校野球」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
この宣誓のことば、文字で追っていても
じーんときました。
ライブで見たかった(聞きたかった)です。

高校生がありのままの言葉で、というところに胸を打たれるのでしょうか?

高校球児よ、眉を整えなくとも
十分君らは輝いているよ!!(笑)

投稿: みつまめ | 2005.03.29 23:08

>みつまめさん
なんでしょうねえ。スポーツマンシップにのっとり正々堂々と戦うなんていうお決まりの言葉もなく、「高校野球」と「甲子園」は 「高校サッカー」と「国立競技場」に置き換えても通じてしまう、ピュアな気持ちが訴えるんでしょうね。
残念ながらこの春は昨日 敗退してしまいましたが「3年生がいないチームでの練習は日本で一番遅く始めたチーム」(監督の言葉)だったのに甲子園まで来れただけでも立派だったと思います。
コメントありがとうございます。

投稿: | 2005.03.30 12:13

トラックバックありがとうございます。
>やってくれるじゃないですか
ほんとにこんな気持です。

負けちゃいましたね・・・残念でしたね
ベスト8ならず・・・

でも考えてみれば
以前は『せめて一勝したい』というのが北海道でしたから、
それを思うと求められるレベルも高くなっちゃったんですね。

みつまめさんのコメント
>高校球児よ、眉を整えなくとも
十分君らは輝いているよ!!(笑)

私も同感でした (^^)

投稿: yoshi | 2005.03.31 11:38

>yoshiさん
考えてみると日本ハムが北海道を本拠地にした年の夏に大優勝旗が津軽海峡を越えたのも関係がないようで、実はちゃんとつながっているのかも知れません。憧れるスター選手が地元の球団にいるというのは、高校球児の底辺を厚くすると思います。
野球バカじゃなくて、眉を剃る余裕があると見るべきなのか、十分に野球バカだが、髭を剃るのと同じように眉を剃るのも身だしなみの一部なのか。そこはよくわかりません。
昔のロングスカートの女子はある目印でしたが、今のミニスカートの女子はファッションでほとんど全員なようにね(^_^)。コメントありがとうでした。

投稿: | 2005.04.02 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泣ける選手宣誓:

« 危ない誘惑 | トップページ | 海洋堂の飲茶の食玩 »