« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

雪景色に逆戻り

昨夜からの雪がしっかり10cm程も積もりアスファルトが出ていた道路も水仙の芽が1cm程出ていた日当たりの良い花壇も隠れてしまった。朝一番の電車に娘を見送った。真っ白な景色は新生活へのエールかもしれない。pic_0554.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ゴッホの誕生日

goghgoogleという検索エンジンは遊び心があって、時々「google」の文字のデザインが変わる。今日はなにやらぐにゅぐにゅ全てのものが真夏のかげろうのように揺らいだようなタッチで描かれていた。1850年3月30日ゴッホ(Vincent Willem Van Gogh) の誕生日でした。糸杉の絵のタッチによく似ている。検索結果が優れているのも当然なのだが、これくらいの遊び心があるのもgoogleお気に入りの要素の一つなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の引越し

 長女が赴任先へ引っ越す。引越しの常ではあるのだが、「あぁ、これ懐かしい」「捨ててもいいんだけど、もったいないよねえ」と荷造りは思うように進まない。その上初めてのひとりぐらし「あ、あれもいる。これもないと不便」となんだか細々買い込んでいるようである。

続きを読む "娘の引越し"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

海洋堂の飲茶の食玩

セブンイレブンのキャンペーン ペットボトルの飲物に一つ着く。12種類あるらしい。10円玉で大きさわかりますよね。pic_0553.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣ける選手宣誓

宣誓! とはやらなかったと聞いてはいたのだが内容は良く確認していなかった。
第77回選抜高校野球 駒澤大学付属苫小牧高等学校 野球部主将・林裕也君の選手宣誓。jikka*day by day のyoshiさんが「二つの開会式」 で宣誓の全文を掲載されていました。読み返しただけでやっぱり僕も泣けました。どうもだめですねえ。一生懸命に弱いのかなぁ。宣誓の全文は続きに。
絶叫も、挙手もなしの選手宣誓。独りで考えたのかアドバイスした人がいたかわからぬが駒大苫小牧、やってくれるじゃないですか

続きを読む "泣ける選手宣誓"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

危ない誘惑

なんとも怪しいタイトルのメールはよく来ます。開くとURLのLINKが張ってあるその手のメールです。最近は手間かけて誘導するものも多いらしく、まったくURLなどかかれていないメールもあります。結果として返事を出してしまうといろいろ面倒なことに巻き込まれるのは同じなのですが。今日は「これからよろしくお願いします」というメールが「千秋」さんから届いた。たくさん出されているようです。検索するとこんなにありました。
やりとりをしてみた方がそれを2ちゃんねるに上げている記事があったので「続き」にコピーしておきます(アドレスはマスクしました)。携帯の出会い系サイトに登録させることが目的のようです。それで架空請求がくるのか、続きは不明です。3通目でやっとそういう話になるのがなかなかのテクニックのようですが、返事には関係なく用意されたパターンの返事を送信する手順になっているようです。
タイトルが「はじめまして」で一通目の出だしに、「惑さん、はじめまして。いつもブログ楽しく拝見しています。」という一行が入っていたら、危なかったかも・・(笑)。この手のメール女性名で男性へというものばかりだけれですが、男性名で女性へという怪しいメールもあるのでしょうか?まぁ、ひっかかる男性がいるから続いていると思われ、困ったものです。というか情けない話でもあります。

続きを読む "危ない誘惑"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

オム丼

pic_0552
食べるものが見当たらない朝。冷凍のご飯・・さて、どうやってこの一杯を食べようかと、冷蔵庫をのぞいても卵くらいしかみあたらず、「よし!」と「オム丼」つくりにとりかかる。(食べかけの汚い写真ですみません。おいしそうなのをご紹介します)

続きを読む "オム丼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれホリエモン

今朝の朝日新聞の経済欄の片隅にUSATODAYと言うアメリカのメジャー新聞がインターネットの大手サイトを買収したというような記事が出ていた。産経新聞がライブドアを買収するような話でホリエモンの着眼点は広告媒体としての野球に続きアッパレだと自分は思う。なんだかんだいいながらソフトバンクは「大人のやり方」で美味しいところだけ持っていく。ガンバレ!ホリエモン。そう思う三月二五日、札幌は雪の降る朝です。

追記: 米新聞大手3社、ネット買収 ネット囲い込み加速
 という記事でした。

米紙USAトゥデーを発行するガネットなど米新聞大手3社は23日、ニュース専門サイトの新興インターネット企業「トピックス・ドット・ネット」に出資し、株式の25%ずつ計75%を取得したと発表した。

 米国では、ニューヨーク・タイムズ社が2月に、インターネット上で専門家への相談などができる仲介サイト「アバウト・ドット・コム」を買収するなど、大手メディアが人気サイトを囲い込む動きが加速している。

孫氏は知らない私の判断とか答えていたが、かつてメディア王といわれるルパート・マードック氏と組み、テレビ朝日株の大量取得に動いて結構な騒ぎを起こしていたのは孫正義氏だったのをマスコミが大きくとりあげないのはどうしてだろう。がんばれホリエモン!

続きを読む "がんばれホリエモン"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

移動距離と疲れは比例する?

東京 札幌は飛行機で一時間半です。必ず座れます。電車 バスで立ったまま一時間半かけて移動する場合もあります。個人的な感覚としては飛行機のほうが疲れるような気がします。時差などないのですが離れた場所に人が移動する際には、特別なエネルギーを使っているような気がします。都内を山手線で一時間回っているよりは新幹線で熱海に行くほうが疲れ度合いが高いような。パイロットやスチュワーデスは凄いし宇宙パイロットはもっと凄い何かを体験していると思うのですが旅慣れない素人の戯言かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

出張

 PIC_0126PIC_0141PIC_0132PIC_0127
関東の某県まで出張にいってきました。前日入りで昨日は移動だけだったので上野によってみました。鈴本演芸場では「林家正蔵」の初公演をやっていました。科学博物館では大恐竜博をやっていました。撮り忘れましたが早咲きのきれいに咲いた桜の木もちらほらありましたがまだまだでした。今回はできたばかりの羽田第2ターミナルを利用しました。55番搭乗口 エアドゥという社名が読めるでしょうか。海を背景に発着するところが見えます。京急もモノレールも伸びていました。え?祭日をつぶしての業務出張でなかなか大変だったんです。その雰囲気がよく伝わる記事になっていると思うんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝も雪

20050319c
幹線道路の雪はなくなり、二日ほど続けて雨がふったこともあり、住宅街の中小路までアスファルトが顔を出し始めていたのだが、昨日の夜から降りだした雪が朝まで降っていて、一面銀世界に逆戻りの朝。ひらひらと舞うように、パウダースノとは言えない少し湿った雪が降っていました。新雪とフワフワ降っている雪の感じが伝わらないかなあと写真一枚撮って。クリックして大きい画面で質感を味わってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の就職

pic_0532
今週末の18日に長女が短大を卒業する。小学校の教員資格も取れる学校で4年生の大学を出てもなかなか難しいと言われる教員採用試験にB登録で受かっていた。最悪2006年の3月まで自宅待機になる可能性もある採用なのだが、今日連絡が来て4月1日付けの勤務が決まった。

続きを読む "娘の就職"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

googleのデスクトップ検索は凄い

前から日本語版も出ると話には聞いていたが、ベータ版がHPからダウンロードできる。(モブログなのでlinkはれず。)WindowsXPと2000のみの対応だがメール、マイクロソフトのオフィス製品、pdf自分が見たHP。から探して来てくれる。インストールも全部の準備は後から暇みてぼちぼちやるから適当に終わってよいらしい。30%くらいでやめて検索してみた。あっと言う間に検索結果が出る。あれはどのフォルダーにいれたかな?あれはなんて言うタイトルにしたか。もう気にしなくてよい。機能、性能が画期的な上にノーチェックでダウンロード。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

目印

赤と白の棒がガードレールの角に縛り付けてます。除雪作業で除雪車が壊さないように目印なんです。pic_0527.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式 式次第

「旅立ちの日に」を検索されて卒業式の歌 「旅立ちの日に」へのアクセスが多くなっています。トラックバックもいただいていて、昔ながらの卒業式を振り返ってみました。それにはまず式次第からと調べてみると意外な事実が判明しました。

続きを読む "卒業式 式次第"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極のマンガ200冊

manga200-1smanga200-2s
雑誌 SIGHT vol23 2005春号からの コピーです。1960~日本の漫画大集合で深く語られているのですが、見開きの頁に並んだマンガのまぁ凄いこと、その感動をお伝えしたく張ってみました。クリックして拡大してみてください。懐かしい一冊はどれですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

札幌駅

まさか もちろん違います でも今夜の本物pic_0526.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースディカード

「幸せは経験するものではなくて、
 あとで思い出してそれと気づくものだ」
        by オスカー・レバント
       (ピアニスト 作曲家)

アッドニフティから こんな格言を添えたカードが届いた。

「一年後の誕生日にこれからはじまる一年を振り替えった時、溢れ出る幸せに思い出を感じることができますように。お誕生日おめでとうございます。」と。

昨日はサンバの日、今日はサンキューの日。
周りの人々に感謝する48回目の誕生日である。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

コメント

モブログで書くのには軽めのネタではないですが。いろんなブログでコメントを入れるのは楽しい作業です。徒に迎合するつもりはありませんがそれぞれのブログの風合いみたいなものは壊さず、一言感想なり合いの手なり、つっこみなりいれて楽しんでいます。自分のブログ更新せずによそでコメントいれてしまい、トラバにすれば良かったかと思うこともしばしば。難しいのは自分のところにいただいたコメント返しです。逆に考えると他のブログに書くものはコメント返しが気持ちよく書いてもらえるコメントでありたいなとおもいます。ニヤやニコッと思ってもらえたなら最高です。
好意的であれ、批判的であれ、コメントいただくのは熱烈歓迎。わざわざ、わくわく日記のために時間さいて読んだよと足跡残してくださるのですから、きびしいコメントだって大いに結構。うれしいんですよね。コメントはいると。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式の歌 「旅立ちの日に」

     旅立ちの日に
           作詞:小嶋 登 
           作曲:坂本 浩美 
           編曲:松井 孝夫

  白い光の中に 山並みは萌えて
  遙かな空の 果てまでも 君は飛び立つ
  限りなく青い 空に心ふるわせ
  自由をかける鳥よ 振り返ることもせず
  勇気を翼にこめて 希望の風に乗り
  この広い大空に 夢を託して

  懐かしい友の声 ふとよみがえる
  意味もない いさかいに 泣いたあの時
  心通ったうれしさに 抱き合った日よ
  みんな過ぎたけれど 思い出強く抱いて
  勇気を翼にこめて 希望の風に乗り
  この広い大空に 夢を託して

  (※)今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
     はずむ 若い 力信じて
     この広い 大空に

  (※)繰り返し

    JASRAC作品コード:006-6326-3

※youtubeの動画を追記しました。

続きを読む "卒業式の歌 「旅立ちの日に」"

| | コメント (13) | トラックバック (2)

お雛さま見せて

桃の花、ひなあられ、白酒、はまぐりのお吸物、ちらし寿司、最近はひなケーキも必須のようです。お雛様見せてとケンといずみちゃんの家に遊びに行ったのは小学二年の春でした。遠い遠い思い出。雪まだ深しひな祭り。

この記事にハッピー探の探検隊さんの「お雛様」という記事へのトラックバックが打たれていた。コメントもいただいていたのだが、トラバでとんだ先にはわくわく日記へのLINKもなかったので削除しました。悪意には見えなかったのでコメントと逆トラックバックを打ちました。参考になったかなぁ。良いトラックバックと悪いトラックバックという記事を書いていて基本的にその姿勢です。
pic_0519.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

札幌駅のストーブ

駅の待合室で電車の(汽車の)来るのを待つ。時刻になるとドアを開けて改札に駅員さんが立つ。切符に鋏が入り、客はホームに出る。一時間に数本の電車しか止まらない小さな北の駅。待合室にはストーブがあった。pic_0518.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥生三月

四月がスタートの月なら三月は新たなスタートに向けて別れと準備の月。故郷を旅立つ、学生時代を過ごした街を離れる。木綿のハンカチーフ、なごり雪と言う歌を思い出すのは古すぎるかもしれないが、四月を待つわくわくする気持ちこそ春にふさわしい。買ってもらったランドセル背負ってはしゃぐ子の笑顔可愛いわくわくの春。桜前線も北上を始める三月。一方、年度末などと言う言葉もまさに三月、ファイト!である。三月一日 by モブログ

追記:発想が貧困である。一年前の記事が刷り込まれていたことがわかった(苦笑)。ランドセルやら「わくわくの春」など、姿勢が前向きだなどとはとても言えない。季節ものは気をつけないと・・。「弥生三月春の雪」去年よりはるかに多い今年の雪ではあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »