« 狭い道 | トップページ | 雪に埋もれる交通標識 »

特急 利尻

札幌を23:02に出発。終点の稚内に着くのは明日の朝なのでしょう。日本最北端の地と言う碑が海沿いにあります。流氷の勢いが強いと稚内の海も白く覆われます。今夜この特急に乗って稚内まで行く旅はどんなでしょう

追記:朝の6:00に稚内駅に到着するようです。約400km。寝台車両もついています。参考HP

Link top ほどちゃんの島~旅の写真館~

pic_0498.jpg

| |

« 狭い道 | トップページ | 雪に埋もれる交通標識 »

コメント

おはようございます。
その昔、札幌から夜行で稚内に向かい、そこから礼文島に渡りました。夏でしたけれど。真冬のさいはての地……想像しただけで震えあがります。でも、オホーツクの流氷を一度見てみたい!

投稿: Tompei | 2005.02.16 07:34

>tompeiさん
夜行列車で稚内に・・。周遊券、カニ族、ユースホステル よりは少し後でしょうか?礼文島は自分はまだ行った事がありません。駄文と写真が懐かしい思い出のきっかけになったのなら幸いです。札幌に生まれ育っても、摩周湖も知床も見たことないという人もたくさんいるんですよ。ましてや礼文となるとかなりレア度高いです。流氷は大雪原にしか見えない真っ白も迫力ですが、春先の晴れた日に青い海に白い流氷が漂い織物のように模様を描いて漂う姿はとても美しいものですよ。タイミングが合わないと難しいですがしの背景に知床半島があったりすると「世界遺産」の風景といえるかもしれません。浮かんでいる流氷のひとつではアザラシがお昼寝していたりするかもしれません。

コメントありがとうでした。

投稿: | 2005.02.16 08:06

>周遊券、カニ族、ユースホステル よりは少し後でしょうか?

リュックではなかったけれど、周遊券&ユースでした(^^;)。ユースホステル、懐かしい響きです。記事に書いてみようかしら……。
流氷は、渡辺淳一の初期の小説を読んで以来、あこがれていました。

投稿: Tompei | 2005.02.16 11:50

周遊券はパックツアーではなかったですよね。いまだと青春18キップと似たようなものでしょうか?Tompeiさんはどんな旅をされたのでしょう。北海道を初めてバイクで旅して「日本にもこんな場所があるんだ」と感激した茨城の若者が知り合いにいたのを思い出しました。

投稿: | 2005.02.17 08:26

昨日、トラックバックを送ったつもりだったのに、こちらに来てみたら届いてないことに気がつきました。再度送ったら、うまくいったようです(^^ゞ。

周遊券は、北海道内+東京との往復を2週間乗り放題でいくらというものでした。列車とバス、それに飛行機(釧路→札幌)まで利用して、スケジュールを作成しました。時刻表を見て日程を組むのが趣味だったんです。飛行機利用は苦肉の策でした。

投稿: Tompei | 2005.02.17 13:03

>tompeiさん
トラバありがとうでした。あの分厚い時刻表ですね。今はインターネットなどでも簡単に調べられるようになりましたが、路線を辿って自分で調べるのも楽しい作業でしたね。

投稿: | 2005.02.19 10:49

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特急 利尻:

» ユースホステルと言えば… [葉桜日記]
 学生時代の旅行には、よくユースホステル(以下YH)を利用していました。見知らぬ [続きを読む]

受信: 2005.02.17 12:48

« 狭い道 | トップページ | 雪に埋もれる交通標識 »