« 雪が溶けない道 | トップページ | 黒木瞳さんの食事 »

良いトラックバックと悪いトラックバック

トラックバックという仕掛けは最初よくわかりませんでした。だんだんと判ってきたら、これは中々面白いよくできた仕掛けです。技術的な仕掛けの話は置いておいて、どんな使い方ができるのかというところから話をすすめてみたいと思います。

基本的に使い方は二つ。

一つは誰かのブログ記事に触発されたり、大いなる感銘を受けて書きたいことがあって、コメントで書くにはそのボリュームが大きくなりそうだったり、コメントの枠を超えた内容になりそうなときに、トラックバック。
「あなたのブログを読んだのがきっかけで、私のページでこの話題と関係する記事を書きました。良かったら読んでみてください」というトラックバック。 きっかけとなた記事へのLINKが張られているのは当然です。

もう一つはあるテーマについてのLINK集を簡単に作れるしかけであるということ。こころぐのトラックバック野郎などはその典型でしょう。ワクワク日記でも「ホトトギス を ネタにしたブログ」という記事は、このパターンの亜流です。いろいろ調べたブログへのLINKと、それぞれの記事にトラックバックを打たせてもらいました。おかげさまでトラックバック返しまでいただいた記事でした。
「あなたの記事を紹介しました。それがメインではないですが、あの記事を書かれたあなたなら、この記事も楽しんで読んでもらえるんじゃないかなと思います。」というトラックバック。

相互の交流と、そこを訪れた読者へより楽しい話題や、豊かな情報を与えてくれる強制LINK、それがトラックバックだと思っています。是非参考に、元ネタはここ。詳しい話はここで、いろいろな場面で僕はLINKを使います。どこにLINKするかを時間をかけて比較検討する場合もあります。たとえトラックバックでも「わくわく日記」からのLINKは管理人である自分に責任があると考えています。

ある記事を書く、その記事のキーワードを検索する。でてきたブログには片っ端からトラックバックを打つ。そんな風に打たれたであろうトラックバックが「わくわく日記」にも時々きます。訪れて見ると紹介なんかは全くされていない。ほとんどLINKはない記事。コメントがやたら多くてほとんどが「トラックバックありがとうございます。」そんな悪いトラックバックにお礼のコメントは不要だと自分は思っています。ただカウンタを増やしたいだけとしか思えないトラックバック。ちなみにそういういトラックバックは「わくわく日記」では削除させていただいています。何の関係もないスパムトラックバックもありますがそれは論外です。

LINKやトラックバックでつながっていくブログネットワークはとても面白いと思っています。拙い記事にトラックバックいただいて、おまけにコメントまでいただくような場合もあります。楽しい記事をありがとう。自分の記事のあとに、ぜひ一緒に読んで欲しいような素敵な良いトラックバックをありがとう。そんな風に輪が広がっていけたら素敵だなと思っています。

追記

あちこちでトラックバックについて考えたり、調べているブロガーさんはいらっしゃったようで、LINKなんかなくてもいい。読者を増やせるしかけと管理しているスタッフが思っているブログサイトもあるようです。困ったことになったなとも思いますが、この記事のスタンスを変えようとは思っていません。LINKなしTBでもいい記事で逆にLINK張ったこともあります。削除する権利がある部分をどう考えるかは難しい部分がるあと思います。トラックバック関連記事をご紹介します。

単なるLINK紹介だけでなくTBも打ってますが・・

あまり良いTBではないかも知れませんね。難しいです。

経済オンチ、日経を読む くろのさんの トラックバックのマナー

企業法務についてあれこれの雑記 kataさんの マナーって言うけれど

大いなる夢 ecotakaさん の トラックバックは素晴らしい道具だ

Kakoの手日記 Kakoさんのマナー(2)

*second message* takoさんの 「トラックバックについて」

↑似た名前ですが、違います。tako kata kako ecotaka 偶然の産物(笑)

葉桜日記 tompeiさんの 「トラックバックにおけるマナー

KASOKENの研究員Aさんの 「トラックバックって?」

|

« 雪が溶けない道 | トップページ | 黒木瞳さんの食事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日(1/10)こんなコメントとトラクバックが新撰組の記事につけられました。
「お邪魔します!
ご挨拶大変遅れまして恐縮ですが 新選組!をキーワードにブログを検索していたら盛りだくさんの素敵なページでしたのでTBさせていただきました。このネタ以外にもコツコツアップしてましてリンクもフリーですのでよろしければ遊びにいらしていただけると嬉しいです。」
記事は12/25日に書かれた物で、新撰組のDVDがアフェリエイトでLINKが貼られていました。「TBありがとう」というたくさんのコメントが入っていましたがそれらのコメントに店長と言うオーナーの返しコメントは全く入っていません。もちろん記事の中でわくわく日記が紹介されているわけでもありません。
今日コメントを返しているブログさんを訪ねたら「わくわく日記」へのコメントと一字一句全く同じコメントが入っていました。僕にとっては悪いトラックバックなので削除させていただきました。

投稿: | 2005.01.10 21:36

「あなたの記事を紹介しました。それがメインではないですが、あの記事を書かれたあなたなら、この記事も楽しんで読んでもらえるんじゃないかなと思います。」というトラックバックの見本のようなトラックバックをもらいました。
スマトラ島沖地震・津波と衛星画像 という記事で 衛星写真が語る巨大津波の跡 への トラックバックです。いろんな情報を整理して並べている中に、「津波と衛星画像に関するblog」とまとめたコーナーの1/8版に紹介とLINKをもらっています。

投稿: | 2005.01.10 23:19

こんにちは。

まったく同感なのに、八方美人な自分が情けない……。
また「催促コメント」があったらイヤだな、と思ってしまったんです。

投稿: Tompei | 2005.01.11 12:51

「催促コメント」そうなんですよね。TBしてあげたのに、何もコメントくれないのはどうしてだと言わんばかりの忘れた頃のコメントで、そういう感じでしたね。まぁ何だか得体がしれない怖い感じもあったりしますから無理することはないと思いますよ。

投稿: | 2005.01.13 00:23

こんばんは、

お雛様の記事から進んできた?今日の自分の記事ですが、どうも散漫で何をいいたいのかはっきりしなくなっています。
この優柔不断がよくないのかな?
でも、ここで書かれていることはまったく同感なので、あらためてですがトラバさせていただきますね。

今日言いたかったのは何なのだろう?と自問しつつ。

投稿: | 2005.03.07 17:39

>凉さん
以前普通のHPも持っていたことがあり、そこで他の方のHPにLINKを張るというのは、相手の許可を得て初めてLINKが張れる。バナーの画像ももらってきてLINKを作っていました。ご自由にLINKしてください。と書かれていない限りそれがマナーなのは今も同じだと思います。
LINKを張るのにさえそれなのに、トラックバックは勝手に相手のHPに自分のHPへのLINKを張ってしまうという凄いしかけです。自分も辿って、なるほどと納得できる記事で自分の記事にもLINKが張られていてやっと五分のマナー。自分の記事がほめられていたり内容が紹介されていてはじめて「トラックバックありがとう」だと思っています。
中にはアフェリエイトLINKだらけの記事だったりすると削除する手間さえいやになります。
自分のところの被害ではないですが、記事をアップするたびに、あちこちにトラックバックを打っているブロガーさんも見かけます。トラックバックしてくれた記事へのトラックバック返しですが、内容にLINKなどありません。そういうのもスパムトラックバックだと思います。「最後の記事」にトラックバックしたはずなのに、トラックバック返し!それが、え?また記事アップしたの?というほどもう6通くらいになるんじゃないでしょうか?おなじブログからのトラックバックが並んでいるところがいくつかあります。ほめてくれたり、応援してくれたブロガーさんへのトラックバックであってもマナーは大事だと思います。
ココログ通信2005年3月号にもトラックバックのあり方が紹介されていました。考え方は自分と同じでした。

投稿: | 2005.03.08 00:20

TBありがとうございました。
惑さんが仰っているとおり、色々な方がトラックバックについて考えていらっしゃいますね。それだけ、判断が難しいのだと思います。
とても便利なツールであるのは確かなのですが、人間の方がついていっていないのかもしれません。

投稿: Kako | 2005.04.29 23:41

こんばんは。あら、デザインが変わっている(^^)。

トラックバックとリンク、ありがとうございます。トラックバックはもとより、ブログ自体がまだ新しくて発展途上なので、いろいろな解釈があるんでしょうね。今のところ、あからさまな「悪いトラックバック」以外は受け入れていこうと思っていますが、基本的には惑さんのお考えに賛成です。

投稿: Tompei | 2005.04.29 23:48

>kakoさん
あらら、コメントなんかいいのに(笑)本当に道具を使いこなせていないのかもしれませんね。何時にどこでと待ち合わせ場所と時間をきちんと前もって決めておかないと逢えなかった時代から、用事すんだら電話するから、それで逢おう。と携帯電話を持っている同志の待ち合わせはこれで終わり。LINKを貼りあうのは仲良しの証拠、オーナーお勧めみたいなのはブログ時代の常識ではないのかもしれませんね。

投稿: | 2005.04.30 02:26

>Tompeiさん
あらら、Tompeiさんまで、コメントなんかいいのに(笑) はいちょっとデザイン変えてみたアルヨ。 まぁ我慢することはないですよね。相手にいやな思いもさせたくはないですけどね。このへんが難しい。どうして電車の中で化粧しちゃいけないかって、いけないと思っていない若い女の子に説明するのと同じくらい難しいかもしれません。え?注意なんかしませんよ。じっくり観察してしまいます。変身シーンなんてそうそう見れないんですから(笑)

投稿: | 2005.04.30 02:34

こんにちは。エントリ紹介いただき恐縮です。
トラックバックもコメントも、結局のところ性善説に立たないと成り立たないしくみですよね。ほとんどの方は、マナーもなにも考えず、相手の立場を尊重してネット上で発言等されてるので、ホントはマナーなんて考えたくないのですけどね…。ごく一部、たまーに悪質なのが。
悪貨が良貨を駆逐するようなことにならないといいのですけど。とかなんとか、いいながらも、自分はかなり楽観的ですよ。以前に比べて「普通の」人たちがネット使うようになってきましたから。

投稿: くろの | 2005.05.01 16:16

>くろの さん
普通の人が増えてきている っていうのは確かにいえますね。ラジオの広告費よりインターネットの広告費のほうが多い時代のようですし。性善説に立ってというのもその通りで、リスクはあると意識した上でのブログなのかもしれません。お店を開けば、いやな客や、性悪な客だってくるけれど、たくさんのよいお客さんと出会うのもお店を開いたからですからね。

投稿: | 2005.05.02 10:28

りゅうちゃんミストラルさんのこの記事から飛んで来ました。
http://plaza.rakuten.co.jp/ryujisato/diary/200506260000/
記事を読んで、とっても勉強になりました。
今後は、私も【これは必要】と感じたときだけTBしようと思います。

投稿: gigalomania | 2005.06.29 13:13

> gigalomania さん
勉強になる などと書かれると恐縮してしまいます。ただ、こういう考え方もあると納得してもらえるのは素直にうれしいです。遠く四国は高知からのコメント、ありがとうでした。

投稿: | 2005.06.29 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/2505357

この記事へのトラックバック一覧です: 良いトラックバックと悪いトラックバック:

» 良いトラックバックと悪いトラックバック [いつでもyumi]
わくわく日記 : 良いトラックバックと悪いトラックバック トラックバックの意味が [続きを読む]

受信: 2005.01.09 10:03

» トラックバック考、再び [徹也]
ココログマガジンというのが配信されているらしい。「らしい」というのは、どうも、週 [続きを読む]

受信: 2005.03.07 17:36

» ミュージカルバトンとトラックバック [りゅうちゃんミストラル]
日記を休もうとしていたが、私の日記に反響があったので日記を書かざるを得ない。そこで26日の日記に書くこととした。ミュージカルバトンなるものが流行していること。そして私はそれに参加しないことを6月21日の日記に書いた。ミュージカルバトンが「チェーンメール...... [続きを読む]

受信: 2005.06.28 14:58

« 雪が溶けない道 | トップページ | 黒木瞳さんの食事 »