« 自転車でアフリカ5000キロを横断の女子大生帰国 | トップページ | 立春 »

地域で違う大雪の基準

050131ものすごい寒波が襲来しているらしいのですが、札幌あたりは今日は肩すかし状態で穏やかな一日でした。yahooの天気予報はなかなか色んな情報を教えてくれるのですが、今日のご紹介は雨雪情報です。(画像はクリックすると大きくなります。)

画像は1月31日19:00のものです。最新はLINKで)雨なのか、雪なのか、湿っているのか乾いているのかが一目でわかります。四国、九州にも一部の地域では雪が降り始めているのがわかります。もひとつ、警報注意報の状況のページ。今夜は全ての都府県で、何か出ています。九州北部が真っ赤に警報が出ているのですが、これが「暴風雪警報」おまけに「大雪注意報」。しょっちゅう出ている北海道の人間でも自分を含めて意外に定義をきちんと知っていたりはしないものです。調べてみました。

暴風雪警報 とは
  平均風速がおおむね毎秒20メートルを超え、雪を伴い、重大な災害が
  起こるおそれがあると予想される場合に行う予報です。
風雪注意報とは
  平均風速がおおむね毎秒10メートルを超え、雪を伴い、災害の
  起こるおそれがある場合にその旨を注意して行う予報です
大雪警報とは
  大雪によって、重大な災害の起こるおそれがある旨を警告して行う予報です。
  基準は地域で違い、札幌近辺は12時間で40cm 関東以南は24時間で20~30cm
大雪注意報とは
  大雪によって、災害の起こるおそれがある場合にその旨を注意して行う予報です。
  基準は地域で違い、札幌近辺は12時間で20cm 関東以南は24時間で5~10cm
  
札幌では大雪注意報になる半分の量でも、本州では大雪警報になるんですね。
準備がないので、重大な災害になりますからね。
暴風雪警報は風速20m以上・・横殴りの雪は冷たく痛いです。
警報・注意報の出ている地域の皆さん、お気をつけください。

本文LINK top
警報・注意報 種類と基準
株式会社 気象サービス

|

« 自転車でアフリカ5000キロを横断の女子大生帰国 | トップページ | 立春 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/2760678

この記事へのトラックバック一覧です: 地域で違う大雪の基準:

« 自転車でアフリカ5000キロを横断の女子大生帰国 | トップページ | 立春 »