« ブログ依存症 チェック | トップページ | 明治MeltykissのBGMは文部省唱歌 »

ブログ依存症はある?

軽い乗りで ブログ依存症 チェックなどと5項目ほど並べてはみたものの気になって「依存症」を調べてみました。と言っても「あるある大辞典」のHPを見ただけの付け焼刃ですが(笑)。

どうやらアルコールや薬物によるものより「身近な事に依存症が蔓延していて、その数は計り知れない」くらい、危ない状況という判断をしている精神科医もいるような状況のようです。




姫野友美医学博士(姫野病院診療内科)
『習慣的にやっている行為が突然出来なくなったり、手段を失った時に落ち着かなくなったり、不安になったりする。そういう状態が続くのであれば、その物事への依存が始まっている』

ブログに記事をあげられない状況が続く。パソコンが壊れたりインターネットにアクセスできない状況になった時に落ち着かなくなったり、不安になったりする。  思い当たりますか?

さて その仕組みにはドパーミンという体内モルヒネとも呼ばれる「快感」を与えてくれる脳内ホルモンが関係しているようです。ブログでいうと・・・
 自分が考えて書いた記事をインターネットに載せれた。(初めてのブログ)
 共感を覚えた記事にコメントをいれたら、そのコメントにブログ主さんが好意的なコメントをつけてくれた。
 自分の書いた記事に、コメントやトラックバックがついた。

嬉しい楽しいことを繰り返し味わうことができるブログ。ドパーミンもでちゃっています。その快感を、また味あうためにまたアクセスしてコメント入れたり、記事をアップしちゃうわけです。ただ、怖いのは同じレベルでは快感を感じなくなってくる。ドパーミンがでなくなるらしいのです。
 
 だんだんブログの輪が広がってきた。常連さんも増えてきてアクセス数もだんだん増えてきた。
 コメントが、一つもつかないとちょっと物足りない。でも二つ以上つくととても嬉しい。
 人気のあるブログにコメントするのは勇気がいるけど、盛り上がっている話題に参加すると自分もいっぱしのブロガーになったような気になる。
 「毎日楽しみにしています」なんてコメントがつく。

このくらいのレベルにくると、それなりに時間を費やさないと快感は得られなくなるわけです。でもその分、苦労して書いた記事に、コメント三つ、トラックバックの二つもついていたりすると「おおっ!」と快感もワンレベル上がって、ドパーミンもたっぷり出ていて、その麻薬にも似た分子構造のホルモンは人をその快感の虜にすることもあるという話なのです。

単純に快感、快感のドパーミンと書いてきましたが、実はストレスという奴の最高の処方箋がこのドパーミンなんです。もう少し詳しく説明すると不安感、興奮という状態と関連するノルアドレナリンを打ち消すのがドパーミン。

つまり、仕事だったり、家庭だったり、子育てだったり、いろんなことでストレスが溜まりノルアドレナリンがでている日常があって、それがブログで楽しいコメントのやりとりなどあると、そのストレスが快感ドパーミンで解消される。という仕組みになるわけです。それがストレスは変わらないのにブログ快感に慣れが出てくるとドパーミンの出が弱くなるので、より沢山のアクセスやコメントを求めて(もっと沢山のドパーミンでストレス解消したい)、もっと記事を書こう。もっとコメント入れて回ろう。となっていく ということなのです。

これがブログでなくて パチンコ、買い物、携帯電話、恋愛、SEX、アルコール、「快感」のネタは多岐にわたるようで、仕組みは同じです。はまる人とはまらない人がいるのはなぜか ということも医学的には解明されています。

ドパーミンが出過ぎるのは危険なので、それを抑える仕掛けも人間は備えていて、セロトニンという物質がでて、ドパーミンを抑えます。そのセロトニンが出てくれないと、ドパーミンが暴走して快感の虜になってしまうということのようです。ちなみに バナナ 牛乳 というのが セロトニンを多く含んでいる食べ物のようです。では依存症への4段階を紹介してこの記事をおわります。

Step1
習慣化:ストレスを忘れられる行動が習慣になり、周期性を持ち依存が始まります。同時に準備行動や反応行動などの依存症特有の症状も始まります。

Step2
禁断症状:習慣化が高じるとそれが落ち着かない、不安などの禁断症状が起こり、その行為自体が精神安定剤の役割を果たすようになるのです。

Step3
強迫観念:更に進むとその行為をしなければならない、やらずにはいられない、などの強迫観念が起こります。鬱やノイローゼといった精神障害を併発します。

Step4
人格変貌:強迫観念が強くなると人格が変化。コントロール不能な状態になります。こうなるとカード破産や職場放棄など破壊的な行為にまでエスカレートすることもあるのです。

|

« ブログ依存症 チェック | トップページ | 明治MeltykissのBGMは文部省唱歌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお怖い!ステップ1から2の間くらいかな?
確かに、日常業務のストレスが多くてそれから逃れたいという気持ちが大きいですね。
嫌なことを放っておいてとなると問題なので、自己規制する必要がありそうです。

と、またコメントを書いている (^^;)

投稿: | 2004.11.07 09:35

>涼さん
本業あっての趣味や気分転換、逆転しちゃぁまずいですよね(笑)。どんどんお金がかかるという訳でもないし、直接的に誰かに迷惑がかかるわけではないし、生活への影響度合いは小さいとは思いますが、お互い、気をつけたいですね。コメントありがとうでした。

投稿: | 2004.11.08 07:52

おはようございます。
惑さん、
うーん、考えさせられる内容です。
依存してまーす!って言える方が反って良いのかも。

自分は依存いない・・と思ってしまうと重症化してたり
して?!

私は、ちょっとした暇な時間が出来るとすぐパソコンに
むかってしまいます。
以前は本を読んだりしていましたが。
うーん、少しセーブすべきなのでしょうか。

投稿: メイリ | 2004.11.09 08:49

>メイリさん 
何事もほどほどにってよく言うけれど、面白いときはとりあえず面白がってとことん楽しんでもら良いんじゃないんでしょうか(笑)ブログの場合盛り上がろうと思っても一人じゃ盛り上がれないし、文才、画才、アイデア、何かないとそんなにそんなにお客さんが増えるわけでもないですしねえ。それでもおなじみご近所まわりも一日二回くらいするとあっという間に時間すぎちゃいますよねえ。犠牲者がでてなければ良いのではないでしょうか?(笑) コメントありがとうでした

投稿: | 2004.11.09 23:36

昨日からgooブログの調子が悪く
まったく記事が反映されないのです。

・・・ちょっとイライラ。

まさしくstep2状態でした(苦笑)。
おかげで溜まった雑誌を読み、写真の整理が出来たのですが。
早く復活して欲しいと切望しているのでした。

投稿: みつまめ | 2004.11.10 13:37

>みつまめさん
無事回復されたようですね。興味が分散することも依存症にならない秘訣らしいですよ。雑誌を読んだり楽しんで写真を整理する時間も豊かな時間のような気がします。コメントありがとうでした。

投稿: | 2004.11.12 00:25

三太郎です。確かにBLOGを始めてから毎日自分のサイトを見るようになりましたね。ついでに幾つかのサイトを覗いて見る・・・結構時間を費やしているかも。
でも幸か不幸か、ドーパミンが出まくるほどのコメントはありません(^^)。月並みだけどほどほどが長続きのもとかなあ。

投稿: 三太郎 | 2004.11.13 10:06

>三太郎さん
そうですね。「ほどほど」が長続きの秘訣かもしれませんね。ドパーミンでまくりではなくても花好きの方が集まるblog「三太郎の園芸備忘録」。なかなか素敵だと思います。今夜は雪、北の花は外は終わりです。でも花の好きな人は冬の間は家族揃って旅行にはでかけないんですよ。家の暖房を止めたら家の中の鉢植えの花が凍って死んでしまうから。コメントありがとうございました。

投稿: | 2004.11.15 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/1884498

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ依存症はある?:

« ブログ依存症 チェック | トップページ | 明治MeltykissのBGMは文部省唱歌 »