« もうすぐ100000! | トップページ | 23号はどれでしょう »

私はいまだかつて、嫌いな人に会ったことがない

 サヨナラサヨナラサヨナラで有名だった淀川長治先生のことばです。正しくは「私はいまだかつて、嫌いな人に会ったことがない。好きになることがどんなに人を助けるか、私は知っている」だそうです。

黒柳徹子さん曰く、「それが淀川先生の口癖でした。でも、実はとっても好き嫌いの激しい人だった。なのに嫌いな人がいないとおっしゃる。つまり淀川先生は、人の良いところを見つける天才だったのです。」 映画の解説でもそんなだった記憶があります。映画自体がつまらないときもあの役者の演技が良いからそこに注目しなさいとか、別の良い映画に似ている駄作でも比べて見る楽しさがあるとか、そんな紹介をしていたときもあったように思います。

 数年前に仕事がらみでいろんな中小企業の社長さんと接する機会が多い立場にいたことがありました。本当に魅力的な人。会社の中で誰よりも頑張って仕事している人。おおらかな素朴さが安らぎを与えてくれる人。気難しいけれど親しくなったら親兄弟と同じように接してくれる人。無茶もやるけど責任感あふれる男気のある人。人に使われることが出来ない人間が社長になっているんだよ。笑いながらそう言った社長さんもいました。他の社長さんの陰口を内緒だよと言いながら教えてくれる社長さんもいました。今考えるとその多くは、仕事だったり、それ以外を含めて、僻みや妬みから来ていたものが多かったような気がします。すれすれの危ない橋を渡っている社長さんもいました。でもどの社長さんも社員を会社を維持していこうと必死だったように思います。

 悪口の話を、あまり具体的に書くのは、職業上で知りえた他人のプライバシーの部分があるので控えさせていただきますが、ちょっといい話をひとつ。給与振込みがほとんどの現在でも夏と冬のボーナスだけは現金支給にしている社長さんがいました。総務の処理は面倒なのですが社長の希望でそうしているそうです。80人足らずの会社ですが、いつもガミガミ叱りとばすばかりだけれど、年に2回くらいは笑顔で社員一人一人に接する時間を持ちたい。そうしてお父さんが働いてお金を稼いできているんだと、家庭に現金を持って帰らせてあげたい。それは俺が社長でいる限り続けるんだ。そういう社長さんがいました。辞めさせた人間がいないことが自慢の社長さんでした。

 社長さんに限らず、「嫌いな人に会ったことがない」というスタンスのブログでいられるように努力を自分なりにしていけたらと思っています。男女間の痴話喧嘩なども誰も読みたくはないでしょう(その手のネタもあまり持ち合わせていませんが)。夫婦喧嘩は「犬も喰わない」といいます。「ごちそうさま」と言われるくらいのベタな話のほうが心を暖かくしてくれるように思います。そんな風に人の話や他のブログの紹介もわくわくしながら、わくわくしてもらいながら続けていけたらなと、100,000アクセスを越えた夜に思うのでした。今後ともよろしくお願いします。 2004年10月19日

|

« もうすぐ100000! | トップページ | 23号はどれでしょう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお

100,000アクセス突破、おめでとうございます。
さすがに、それに合わせたいいお話でしたね、今回のは。
柄にもなく……
あ 失言。(^.^;)

投稿: ピーたん | 2004.10.19 07:57

惑さん、お早うございます。

100,000アクセス達成、おめでとうございます。

私もそんな風にblogと関わっていたいと強く思っているので、うれしく拝見しました。
ただし、そう願いながら書いているつもりですが、まだまだ修行不足かもしれません。改めて振り返ってみなければと思いました。

また素敵なお話をお聞かせ下さいね。

投稿: Kako | 2004.10.19 09:16

10万ヒット、おめでとうございまーす☆

惑さんのブログに対する思いが伝わって来ました。
なかなか淀川さんみたいな心境の域に達しない
私でありますが、

私もがんばりまーすっ!
惑さんの記事も毎日見てますし、頑張って下さい。
応援してまーす(^_^)v

投稿: メイリ | 2004.10.19 09:27

ピーたんさんから いい話とお褒めの言葉。台風が来ちゃったじゃないですか。ま、ご祝儀ってやつですね。ありがとうございます。これからもよろしくです。

投稿: | 2004.10.19 22:47

kakoさん お祝いの言葉ありがとうございます。風の向くまま気の向くままに好き勝手いいかげんに書いている日々ですが、自分の中のささやかなルールを淀川先生の言葉を借りて書いてみました。小さな諍いが大きな諍いを産むのだとすれば、小さな平和が大きな平和に繋がるとも言えるかなと。少し格好つけすぎですね(笑) またよろしくお願いします。

投稿: | 2004.10.19 23:00

メイリさん どうもありがとうです。ま、明るく楽しくが一番かなと。(^。^) 写真にしろ、文章にしろ、何か暖かいものが伝えられたらいいなぁ と 思っています。 時に厳しい現実もあるかもしれないけれど、仲良く 楽しくが いいですよね。よろしくお願いします。

投稿: | 2004.10.19 23:05

はじめまして。kabuと言うものです。

淀川長治先生の言葉、素敵ですね。昔の母の言葉を思い出し、トラバさせていただきました。
ブログの中でも、その気持ちを大切にしたいと思いました。

投稿: kabu | 2004.10.21 20:58

はじめまして、わにこと申します。「kakoの手文庫」さんでのご紹介を読んで、こちらにまいりました。
とっても共感したので、ひとつエピソードをアップして、トラバをさせていただきました。
私も、これからも読んで楽しいブログのスタンスで描いていこうという思いを新たにしました(*^^*)
また遊びに参ります。

投稿: わにこ | 2004.10.22 00:09

kabuさん 実際には淀川先生は「嫌いな人にあったことがない」のではなく、「嫌いな人を作らないように努力した人」で人間を愛された人なんだと思います。kabuさんのおかあさんのように。コメント、トラックバックありがとうございます。

投稿: | 2004.10.22 02:01

> わにこさん
はじめまして、他の方のブログでお名前だけはときどき。口は災いの元とも言います。言葉がなく心が伝わるならすてきですけどね。コメントありがとうございました。また遊びに来てください。

投稿: | 2004.10.22 04:17

> わにこさん
はじめまして、他の方のブログでお名前だけはときどき。口は災いの元とも言います。言葉がなく心が伝わるならすてきですけどね。コメントありがとうございました。また遊びに来てください。

投稿: | 2004.10.22 04:17

はじめまして。
巡り巡ってたどり着きました。
朝から心が暖かくなる文章を読み、優しい気持ちになりました。
主人の会社も、夏・冬賞与だけ現金で手渡されます。
何で振込みじゃないんだろうって、ずっと疑問だったのですが、もしかしたら主人の会社の社長さんも、そういう気持ちなのかもしれませんね。
私も人の心を暖かくできるblogを作っていけたらなぁと思います。

投稿: こむぎ | 2004.10.23 10:56

こむぎさん
はじめまして コメントありがとうございます。聖人君子ではないので、落ち込んでいるときもあるし、虫の居所の悪いときも当然あるのですが、心穏やかにブログできて、読んだ人もそんな気持になってくれたら良いのだけれどと思っています。またお寄りいただければ幸いです。

投稿: | 2004.10.24 06:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/1717390

この記事へのトラックバック一覧です: 私はいまだかつて、嫌いな人に会ったことがない:

» 夜書く手紙 [Kakoの手文庫]
まだ私が中学生ぐらいの頃、母によく言われた。「人に出す手紙は夜に書いちゃいけない [続きを読む]

受信: 2004.10.19 22:54

» 好き嫌い [kabu to musi]
「嫌いな人を作ったらだめだよ」 小学校の1年か2年のとき、 私が、だれだれちゃんがあんまり好きじゃない、とか口走ったときに 母が言った言葉です。 ... [続きを読む]

受信: 2004.10.21 20:40

» 謀(はかりごと) [かねころの生き方]
kakoさんの「夜書く手紙」の中で、 「わくわく日記」さんの「わたしはいまだかつ [続きを読む]

受信: 2004.10.22 00:04

« もうすぐ100000! | トップページ | 23号はどれでしょう »