« 北の花折々0726 | トップページ | 北の花折々0727 »

アテネの金メダルの値段

 陸上は500万円、卓球とテニスは2000万円、バドミントンは1000万円、アーチェリーは300万円 それに加えてJOCから全ての競技で300万円。テコンドー、レスリングも別途のお祝いがあるようです。今日の北海道新聞の夕刊の記事からの紹介です。女子レスリングはシドニーでは1000万円としたそうだが、今回は規模縮小だそうであり、その理由が出場する四人とも金メダルの可能性があるからだそうで、4000万円も払ったら教会がつぶれてしまうからという理由らしい。日本は凄いと褒め称えはするが、その瞬間であり、それほどの報奨金ではない。一生食べるのには困らない保証をする国も珍しくはない。国自体の広告効果や一般国民への有形無形の影響など総合的に考えれば2000万だって安いものかも知れない。お金のために頑張るのではないだろうけれど、ノーベル賞が1億円ならオリンピックの金メダルだってそのぐらいの価値はあるような気がする。「世界一」ってやぱり凄いと思う。ガンバレニッポン!

|

« 北の花折々0726 | トップページ | 北の花折々0727 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/1058192

この記事へのトラックバック一覧です: アテネの金メダルの値段:

« 北の花折々0726 | トップページ | 北の花折々0727 »