« 北の花折々0717 | トップページ | NHK MUSIC BOX »

父親が死んで2年後に生まれた実子

幼い時に父を亡くす。とか、母親のお腹の子を見ることなく夫が亡くなる。という不幸な話は時折見聞きするが、父親が死んでから妊娠してもその父親の子と認められるようになるという話である。 
夫は白血病で、骨髄移植手術に際し無精子症になる恐れから、98年に医療機関で精子を凍結保存。しかし、99年9月に死亡。その後、夫の妻が医療機関から凍結精子を受け取り、別の医療機関で体外受精して、01年5月に男児を出産した。男児を嫡出子として役所に届け出たが父親の死後300日を経過していたため民法の規定で認められず訴訟になっていたのだが先日認める判決がでたらしい。
法律的な解釈は門外漢だが、医者の証明があれば実子を本人が死んだ後に産むことができるという訳なので、遺産相続なんかだと複雑なことになりそうな気もする。治療という名の元にどこまで生命を操作してよいのかそういう倫理的な部分も論じられて良いような気もする問題である。
うまくいえないが、何か自分の中ではひっかかるのである。 

|

« 北の花折々0717 | トップページ | NHK MUSIC BOX »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/990791

この記事へのトラックバック一覧です: 父親が死んで2年後に生まれた実子:

« 北の花折々0717 | トップページ | NHK MUSIC BOX »