« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

北の花折々0731

かぼちゃ いわれのないいじめにあっている野菜かもしれない。甘くてほくほくして美味しいのに。花の中にしじみ蝶がいるのがわかるでしょうか?暑い朝ですpic_0062.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0730

つゆくさ ひまわりのような派手さはないが夏の花のイメージが強い。青い花と言うのはこんな色のことであの青いバラはやはり違う。今日も予報は真夏日。それでも木陰で少し風吹けばほっとする北海道の夏pic_0059.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北の花折々0729

あさがお こどもが学校から持ってきたのがある家もあるでしょう。朝顔市で買っていろんな大輪が咲き誇っている鉢のある家も。井戸でつるべ捕られている家はない?写真は通勤途中 銀杏の実が落ちていた快晴の汗の朝pic_0052.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バターコーヒー?

確かにラーメンや鍋、普通は使わない料理にも北海道らしさを出すのに使うことはあるけれど、コーヒーに?美味しいのかもしれないが…。有名ではない…と思う。pic_0050.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の花折々0727

?? 街路樹の根元にどなたかが植えたものと思うが変に大きい花の長さは20cm以上ある。にょきにょきとつぼみがそそりたっていたが花開くとくたびれている。初めて見た。昨夜の雷雨は嘘のような晴れ 蒸し暑い朝pic_0049.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アテネの金メダルの値段

 陸上は500万円、卓球とテニスは2000万円、バドミントンは1000万円、アーチェリーは300万円 それに加えてJOCから全ての競技で300万円。テコンドー、レスリングも別途のお祝いがあるようです。今日の北海道新聞の夕刊の記事からの紹介です。女子レスリングはシドニーでは1000万円としたそうだが、今回は規模縮小だそうであり、その理由が出場する四人とも金メダルの可能性があるからだそうで、4000万円も払ったら教会がつぶれてしまうからという理由らしい。日本は凄いと褒め称えはするが、その瞬間であり、それほどの報奨金ではない。一生食べるのには困らない保証をする国も珍しくはない。国自体の広告効果や一般国民への有形無形の影響など総合的に考えれば2000万だって安いものかも知れない。お金のために頑張るのではないだろうけれど、ノーベル賞が1億円ならオリンピックの金メダルだってそのぐらいの価値はあるような気がする。「世界一」ってやぱり凄いと思う。ガンバレニッポン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0726

ゆり 詳しい名前は不明 通勤途中に見事に咲いていた 北海道の学校も夏休み 今日は蒸し暑い雨pic_0048.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の花折々0725

しろたえぎく (by 怜さん) 白い葉や茎に黄色い菊状の花が沢山ついている。ご近所の庭先の花 暑い一日でしたが日が沈めば風も涼やかな北の国ですpic_0047.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピンクレディ&モー娘を見た

 meeさんのdress-up-smartlyでピンクレディ&モー娘がミュージックフェアで共演する話がでていた。見た。サウスポーがなかなか良かった。もう一度見たいくらい。ピンクレディのじゃなくて、辻ちゃん加護ちゃんのサウスポー。そりゃピンクレディは懐かしいし、お二人とも鍛えて手入れされているのでしょう。スタイルだって全く素敵でした。
 でも今でもばっちり踊れることも見せてもらったけれど、その歌を唄うのにふさわしい年齢があるとすれば、ピンクレディのヒット曲はモー娘の年齢の女の子に歌わせようとして作られた歌で、40過ぎの女性デュオに歌ってもらおうとして作られた曲ではない。もうすぐモー娘を離れて頑張る、W/ダブルユーの辻ちゃん加護ちゃんの元気、元気でキラキラしているサウスポーは今のピンクレディのサウスポーよりも自分には魅力的に見えたのでした。
 モー娘のひとりが「家で練習していたら、あらピンクレディなら全部踊れるのよ」と一緒に踊ろうとした母親が「おかしいわねぇ」と振りを忘れていたり、体が動かなかったエピソードを披露していた。鮮烈に、強烈に今も記憶に残るピンクレディである。 懐かしのメロディで全国営業かけるのもひとつの方法だとは思う。
 総立ちでみんなで振りをやってもりあがるコンサートもよいとは思う。その時代に戻れる楽しい時間を多くの人に提供するのも立派なエンターティメントです。でも今のピンクレディ、それぞれに人生経験を積んで大人の女性になった二人が二人らしい新しい歌でヒットチャートに出て来て欲しいと思ったりもしたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

わかるかな?

わが家の山椒にアゲハ蝶の幼虫が・・
さてさてわかりますか?
pic_0041.jpg

続きを読む "わかるかな?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0724

ききょう 袋状のつぼみだからたぶんあっているとおもう。爽やかな風が吹く夏の朝ですpic_0040.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK 2004 夏 博多祇園山笠

 うたた寝して目覚めた深夜にノブナガのワッキー地名しりとり、九州から岡山そして岡山から自分も乗ったことのあるサンライズ出雲日光へ移動していた。なかなか愛知へ戻れない旅が続いていた。チャンネルを回したら、コブクロのライブ、う~ん、これもなかなかいい。さらにチャンネルを回すと(実際には回してはいない、リモコンで他のチャンネルを押しているのだがチャンネルは回すと表現したい年寄りなのでご容赦願いたい)画面の向こうからすごいエネルギーが伝わってきた。今年の博多祇園山笠の生中継映像である。正確には先週7/15(木) 衛星第2 午前4:30~6:00 で生中継放送したものの再放送だった。
 何も編集していないそのままの映像、山笠をかつぐ男達の顔がよかった。顔などわからないうわ~っと駆け抜ける群集の映像から気合が伝わって来た。この中継に関わった人たちも山笠が大好きな人たちばかりなのだと思った。真剣勝負、一瞬の表情を、情熱をなんとか伝えたいという気合さえも伝わってくる迫力ある画面に終わりまで見入ってしまった。 

続きを読む "NHK 2004 夏 博多祇園山笠"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

何丁目(^-^)?

北の国の短い夏 夕方過ぎればまさに飲み頃 大通り公園のビアガーデンあなたは何丁目に?噴水あり木陰ありロケーションも様々、つまみもジンギスカンまである賑やかさです。pic_0038.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23日の金曜日

今日は23日の金曜日。13日の金曜日は縁起の悪い日とされているが、23日の金曜日はかなりの数のサラリーマン,OLにとってラッキーな日です。25日が給与支給日の人は日曜日なので金曜日の今日給料が振り込まれるからです。二日も早くもらえてしかも週末。気分もウキウキです。ただし、振り込まれていても後で現金支給、自分ではおろせない家族の為に頑張っているお父さんは帰宅組です。冷えたビールと笑顔が待っているならそれでも幸せの23日の金曜日。ただ…、いえ、この話はここまでとしておきます。笑 よい週末を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の花折々0723

ひめひおうぎすいせん 姫桧扇水仙(by怜さん) 洋名 モントブレチア 南アフリカ原産の外来種らしい そう言われるとこのオレンジは日本離れした色かも。2cm位の小さな百合状の花が左右対象に咲いている 快晴 今日は真夏日かなpic_0036.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

凝った出店

森の中の洒落た洋館 ではなく 役所の庭に期間限定のアイスクリーム屋の出店です。白い恋人のイシヤ製菓が道庁の庭に出した店。pic_0033.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の花折々0722

?? マメの仲間かと思う。花は5cmほどある。一般的な豆類よりは大きい。少し蒸し暑い曇。昨日からビアガーデンがオープンした。大通り公園は一丁毎に一社。各国内ビールメーカー、地ビール、世界のビールと並ぶ。pic_0023.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色でダイエット?

メイリさん の つるのポーズという記事によると薬もいらない、器具もいらない、1日に六分つるのポーズをするだけで、体重は落ちて、バストはアップする という画期的な方法が紹介されていた。弐十手物語の「つる~っ」を思い浮かべたが、確かに片足三分はなかなかきつい。 
このHP親を辿るとなかなか整理されていて、 ダイエット方法 という入り口のひとつに つるのポーズがある。まぁ、へぇ~と思うほどずら~っと並んでいる。「ごろ寝ダイエット」「食べたもの書くだけダイエット」等というのもあった。そうしてさらにその親をたどると、「goo ダイエット」というhomeにたどりつく。

続きを読む "色でダイエット?"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

北の花折々0721

ひるがお? 濃い緑に涼しげな白。カトリーヌドヌーブの主演で昼顔と言う映画があったような記憶が。札幌はガスっぽい。これ方言かな?霧未満みたいな感じ。長袖Yシャツにスーツで通勤中。pic_0025.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒いのでストーブをつけた

 朝、ズームイン朝のローカル放送のときに視聴者からのメール紹介で「今朝は寒いのでストーブをつけました」と紹介された。雄武町というオホーツク海側かなり北の小さな町である。調べてみた。確かに肌寒いかも知れない。
 東京の人にはうらやましい天気予報
tenki.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0720

どくだみ? 4cm位の小さい花 薄ぼんやりとした記憶頼りなので名前は怪しい。今日は曇り空pic_0024.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下書きと公開

公開した日ではなく、それが下書きでも最初に保存した日の順に管理されているらしい。都々逸と題した記事は二日がかりで昨夜に公開した最新版なのに 一瞬ない?と驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0719

まつよいぐさ 月見草とか宵待草とも呼ばれる。昼間は花が閉じていて日が傾くと開く花。待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさと作詞したのは竹久夢二 今日も晴れ 北の夏が過ぎていきます。
pic_0022.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都々逸

メイリさんのところで内海桂子師匠の話が紹介されていて、「丸い卵も切りよで四角ものも言いよで角が立つ」という都々逸を一節披露した話がでていた。7.7.7.5の26文字。しかも34.43..34.5なのだそうである。酒の席での粋な遊びだったようなところがあり、色恋をあつかったものが多い。有名どころをご紹介

 信州信濃の新ソバよりも 
    わたしゃお前のそばが良い
 恋に焦がれて鳴く蝉よりも 
    鳴かぬ蛍が身を焦がす
 
てなこと言われて鼻の下のばして通った若旦那が沢山いたのだと思います。まぁ その一方で奥さんも (^_^;)

 うちの亭主とこたつの柱 
   なくてならぬがあって邪魔
 帯も出来たし箪笥もできた 
   そろそろ旦那と別れよか

結婚式で紹介できるような やつも。

 一人笑うて暮らそうよりも 
    二人涙で暮らしたい
 わしとおまえは羽織の紐よ 
    固く結んで胸に置く
 惚れた数からふられた数を 
    引けば女房が残るだけ

粋じゃないけどココログネタで7.7.7.5 by 惑

 日記代わりの 簡単ブログ 
   いつのまにやら ネタさがし
 時間かかった 長文よりも 
   写真一枚 大人気
 ◎(まる)のコメント はずかし嬉し
   返すコメント また悩み

| | コメント (2) | トラックバック (1)

北の花折々0718

ブロディア(ブローディア) by HRCさん  ききょう だと思う(はずれだった笑)。快晴の真夏日 昨日は夕方から夜半にかけて雨が降った分 夏いきれの立つ庭です。 網戸から網戸へ風が渡れば クーラーはいらない北の夏です。pic_0021.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK MUSIC BOX

深夜というよりも明け方。NHKでMUSIC BOXという番組をやっている。フジテレビでやっていた僕たちの19XXとほぼ同じコンセプトだと思う。ジャンル別の音楽とその歌が流行った時代の映像とを流している。BGVとしては最高である。今夜は1970年代日本のニューミュージック 結婚しようよ 岬めぐり ヒーロー ・・ なんていう曲が流れてつい見入ってしまう。JAZZを特集していた時もあり当時のニューヨークの映像と一緒に流れていてとてもよかった。不定期らしいが AM2時~5時に起きていることがあったら NHKも覗いて見てください。情報提供していた音楽箱というHPがありました(最近は更新さrていない模様)。 やはりこの番組はまったく不定期で時間もバラバラのようです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

父親が死んで2年後に生まれた実子

幼い時に父を亡くす。とか、母親のお腹の子を見ることなく夫が亡くなる。という不幸な話は時折見聞きするが、父親が死んでから妊娠してもその父親の子と認められるようになるという話である。 
夫は白血病で、骨髄移植手術に際し無精子症になる恐れから、98年に医療機関で精子を凍結保存。しかし、99年9月に死亡。その後、夫の妻が医療機関から凍結精子を受け取り、別の医療機関で体外受精して、01年5月に男児を出産した。男児を嫡出子として役所に届け出たが父親の死後300日を経過していたため民法の規定で認められず訴訟になっていたのだが先日認める判決がでたらしい。
法律的な解釈は門外漢だが、医者の証明があれば実子を本人が死んだ後に産むことができるという訳なので、遺産相続なんかだと複雑なことになりそうな気もする。治療という名の元にどこまで生命を操作してよいのかそういう倫理的な部分も論じられて良いような気もする問題である。
うまくいえないが、何か自分の中ではひっかかるのである。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0717

たちあおい 芙蓉の花に似ているがこれはたちあおい暑い!最高気温30度を越えて真夏日か?pic_0020.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0716

たんぽぽもどき たしかこの名前であっているはず。名は体を表す の とおり。そうはいうもののニセ…とか…モドキと言う名前はその花に対しては少し失礼かもしれない。朝から20度、花火大会日より。浴衣姿も多いかなpic_0018.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪出没注意!

イノシシに襲われケガ 女性二人が一人は右手親指の先をかみちぎられる重傷。もう一人はお尻をかまれ軽傷。持っていた買い物袋が狙われたとかいう話。TVでやっていて神戸新聞にも記事が出ていた。熊出没注意!ならぬ猪出没注意!である。下の写真は神戸の阪急三宮西口にある銅像。神戸とイノシシ浅からぬ関係らしい。
inoshishi.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊出没注意

灰皿やTシャツ、チョコやキャラメルもある北海道のお土産キャラ 写真はカーアクセサリ コピーは赤ちゃんが乗っています のパロディだと思う。もし道路でこれを見たら あなたはどう思いますか?(笑)pic_0014.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (1)

北の花折々0714

?? 瓜のなかまっぽいが不明 畑も近い野原 雑草か野菜や園芸種かも不明 快晴pic_0013.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱走兵は脱走兵

 たとえば仁侠映画では、ヒーローは人を殺(あや)めてもちゃんと お勤めに いくのである。そのあいだ、よくできた女房は黄色いハンカチ飾って待っていたりするわけである。もっとも渡世の義理でお命頂戴する博徒と、軍隊いやだぁと逃げた男を一緒にしてはいけないのかもしれないが。蘇我ひとみさんのご主人ジェンキンスさんの話である。
 言うこと聞くからこの国に置いてと言ったのか洗脳されたのかはわからないが、すくなくとも自らの意思で軍隊の規律にも合衆国の法律も反して北朝鮮に行ったことは事実のようである。曽我さんやましてや二人の娘さんには何の罪もなく、親子一緒に幸せに暮らせることができればよいなと思う。場所はインドネシアでも韓国でも、日本でも全員が納得できるところであればよい。
 ただ、曽我ひとみさんが愛してしまった男性は残念ながら罪を背負っていたのである。その罪はきちんと償うべきで結果家族が離れ離れになってもしょうがないと思うのである。冷戦のころならいざ知らず、どんどん国と国の垣根がなくなっている時代である。娘たちと、愛する妻と、正々堂々と日本でもアメリカでも行けるように罪を償う。だから 待っていてくれ と 任侠のスターは言うに違いない。家族の幸せより、自分の保身を考えている男のように思えてしょうがないのである。アメリカに残された家族だってつらい思いだったに違いない。戦争は反対だが、アメリカ軍を脱走して北朝鮮に逃げ込んだっていうのは・・なかなか弁護しづらい。
 あんたも男なら罪はつぐなえ と そう説得しようとする関係者はいないのだろうか?サムライの国 日本が恩赦してやってほしいとアメリカに頼むのは、やりすぎのような気がしてならないのである。どうも最近の日本はバランス感覚に欠けている気がする。それほど一挙一動がニュースになるようなことではないと思う。この記事は反発を買う記事になるのかも知れないが。

同じように気にしているココログさん
ポップンボールさんのジェンキンス家

脱走兵じゃなく拉致された という意見もあるようです。(でもどうしてあそこまでアメリカを怖がるのだろう)
ポストの記事

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北の花折々0713

えぞのしもつけそう (by マージさん) 1m位の背の高い雑草?20cm位のふわふわした花を良く見ると7mm位の十字の白い花が一杯。つぼみは赤い小さい粒の状態。初めて見た花。後ろが広々しているが通勤途中の風景。今朝は久しぶりに晴れ!
ピンボケの携帯カメラではないきれいな画像がマージさんのところにあった。おかげで名前もわかった。
pic_0001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七大戦

七大戦というのがあるのだそうだ。旧帝国大学の定期戦。持ち回りの当番大学があって、前回の当番の時には一年生だったという兵もいるらしい。写真はクラーク食堂の中のポスター。時間がありふらっと寄ってみただけで、縁もゆかりもない。正確に言えば、一度は付き合ってみようかなとお見合いのようなものをしたのだが、どうも相性が良くなかった(笑)。しかし安い。
pic_0008.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0712

はるじょおん? とてもありふれた夏の雑草 今朝は涼しい曇 18度pic_0698.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新庄にアッパレ!

 本当にMVPをとってしまった。ホームラン予告のあとのセーフティバンド。ホームスチールで先取点。わくわくドキドキさせてくれて楽しませてくれた。張本さん、来週は新庄にアッパレ あげてやって欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

朝が一時間早い北海道

今 札幌では時計を一時間進めるサマータイムの実験が行われています。実験参加企業は朝8時から営業しています。工場は夕方4時に業務を終えています。
北にあるのと同時に東にあるともいえる北海道。北海道だけがサマータイム。夏に北海道にきたら時計を進めないといけない。なんてちょっと面白いと思う。短い夏を楽しむためにもとても良い方法のひとつ。仕事帰りに明るい爽やかな夕暮れに公園でビールを楽しむ。なんてヨーロッパみたいでお洒落かも知れない。
各地の日の出、日の入の時刻。太陽がでている時間。東経。北緯の度数。が順に並べました。2004年7月11日のデータです。

日の出日の入昼時間 東 北
宗谷岬03:54 19:21 15:27 142 46
納沙布03:46 18:58 15:12 146 43
札幌 04:05 19:14 15:09 141 43
東京 04:34 18:59 14:25 140 36
大阪 04:53 19:13 14:20 136 35
福岡 05:17 19:31 14:14 130 34
鹿児島05:21 19:25 14:04 130 32
那覇 05:44 19:25 13:41 128 26
与那国06:07 19:40 13:33 123 24

どこかのCM風に言うならば・・・納沙布の田中さんが夜明けと共に漁に出て1時間。大阪の中西さんが昇る朝日を見ながら今日も新聞を配達し始める。中西さんが新聞を50分かけて配り終えるころ、那覇の西山さんの奥さんがのぼる朝日を見ながら食事の支度を始める。納沙布の田中さんが2時間過ぎの朝の漁から港に戻って来る頃、与那国の山里さんは朝日の明るさに布団の中で伸びをする。日本の朝がリレーされていく。などと などと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0711

ひまわり たぶん早咲きでしかもミニタイプです。でも北の大地に咲いたひまわり 今日は雨 選挙です。pic_0005.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肌寒い~!

 現在の気温 18度。半袖一枚で出歩くには肌寒い天気の1日だった。娘はカーディガンを一枚はおって出かけていた。気候区分が違うのだからしょうがない。亜寒帯?と亜熱帯?。雪で閉ざされた冬と涼しい夏。暖かい冬と蒸し暑い夏。7月でもちょっと天気の悪い温度の低い日は 肌寒い~ のである。 それぞれ住めば都とは言うけれど、かーっと暑い夏もほんの少しだけなら 分けて欲しいものだ。 jikka*day by day の yosi さんが 「涼しー!」と書いていたので、悪乗りでした(笑)。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

気象情報

 あちこちで集中豪雨で大変だった1日。夕方からこのあたりも雨です。天気予報はあちこちにありますが、今どうなっているのか。今日どんな風に降ったのか。当然のことながら国がいろんな情報を集めて管理している。国土交通省が管轄の「防災管理情報センター」という立派なHPがある。だけでなく地震の情報もある。今朝の中部地方の集中豪雨も50mm以上の雨が4時間ほど続いたのがわかる。(2004.07.10時点の情報)
 お金をかけて情報収集し、さらにお金をかけて情報提供のHPを作り、それを知る人ぞ知るにしている。すべて我々の税金が使われているのに。
 ただなかなかどっきりするデータもあり、広く知れるのはまずいのかもしれない。などとも思う。最近一週間の地震発生状況北海道で言えば釧路沖、日高沖、奥尻のあたり。北海道の人はあぁよくあるよね。と思うかもしれない。プレートの境で起きているので、内陸に行くほど深い震源になっているのがよくわかる。でも小さな地震がこんなに発生していていいのかな、大丈夫なのかと思う。それぞれお住まいの場所を確認してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0710

ぐみ 花ではないのですが、ご近所の立派なグミ。最近はグミと言えばゼリー風味のゴムみたいなアレですが、おじさんはグミと言えばこれ。渋みと甘酸っぱさが懐かしい味でした。pic_0697.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セカンドシングル

 歌手が出した2枚目のシングルのこと。ではなく、離婚して独り身になった状態をさす言葉らしい。シングルも二度目なら・・。それなりに事情があって長い別居生活していてやっと離婚した後輩がいて、「おぉ晴れてバツイチかぁ、お祝いに飲みにでもいくか」と明るくからかったら「先輩、バツイチってのはさ止めてくださいよ。そのバツっていうのがなんかよくないじゃないですか。」「でもバツイチはバツイチだろう。未婚の独身とは違うぞ」そういったら「シングルと言ってくださいよ。それなら嘘じゃないでしょ」という。
 随分と離婚というのも一般化してきたように思う。昔は・・・ 結婚に失敗した。嫁さんに逃げられた。旦那に愛想つかされた。出戻り。濡れ落ち葉。いやはや この ネガティブなイメージ まさに バツイチ である。
 人それぞれの人生、同じような苦労に出会っても我慢して乗り越える夫婦もいれば、だめになり別れる夫婦もいるのだと思う。お互いに納得して、今まで一緒に歩いてきたけれど改めてそれぞれ別の道を歩むことがお互いに幸せな場合もあるのだろう。それが全て×とは言えないだろう。人生経験積んで人間が大きくなって○イチかも知れない。
 共に白髪の生えるまで、添い遂げるなんていう言葉は死語になりつつあるのかもしれない。けれども素直にそう思えるパートナーに巡り合ってはじめて結婚はしてほしいと思う。それでもそれが勘違いだったり、小さな傷が広がったりすることもあるだろう。それはしょうがない。安易なできちゃった婚を容認するような風潮には反対である。
 しかし、シングルで自由になった後輩と、妻一人、子供二人、ローン一杯の自宅を背負っている自分と・・、それは当然 優しい妻、愛らしい娘二人に日々囲まれている自分のほうが遥かに幸せだと日記には書いておこう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはこれでいいのかな?

英語がわかる外国人 「ここはどこだろう?あ、英語も書いてある。何々?エキマエドゥリ??」固有名詞だから 単なるローマ字でこれはこれでいいのかな?pic_0668.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アザラシのカレー

1000円 熊 トド えぞ鹿 肉屋にも 焼き肉屋にも ない。と 思う。ジンギスカンはどこでも売っているがつまりこれはお土産用の特別の商品。食用に飼育はしていない。pic_0695.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0709

?? 2cm位の小さい花がすうっとのびた茎の先で咲いていた。 ホールの花壇の宿根草 気温20度 雨は止んだ曇り空 ラベンダーが見頃の週末pic_0685.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブトムシのメス?

30年前の話ですが、poohpapaさんの「黒い悪魔との死闘」を見て思い出したことが。

北海道から丸二日、青凾連絡船と夜行寝台列車をのりついで京都にたどりついた修学旅行の高校生。だれかがビニール袋に5cmくらいある昆虫を捕まえて自慢気に
「これは北海道にはいないカブトムシのメスに違いない。どうだ!」
「確かに北海道では見ないなぁ。クワガタとも違うし」
「カブトムシはもう少し丸くないか」
「どれどれ ああだ こうだ」
そこへ仲居さんが通りかかって
「これ、カブトムシですよね」
と差し出したら
「えっ?きゃ、ゴキブリ!ゴキブリですよ!」
そう言われて
「へぇ これがゴキブリかぁ」
「おい、ゴキブリだって」
と、カブトムシのメスより、見せろ見たいと、はるかに人気になったのでした。
観光バスのガイドさんに
「皆さん おうちの農業のお手伝いしてますか」と全員農家の子供と思われ
「学校では熊飼っています。僕は熊担当です」と冗談を言ったらまじめに受け取られた
そんな時代でした。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

北の花折々0708

?? 細かい毛で茎も葉も覆われている。よく言えばビロード風。60cmはあるだろうか。1cm位の小さな黄色い花が穂のように幾つも咲く。外来種ではないかと思う。写真は昨日撮影。今日は雨。pic_0691.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕は八月七日に柳の木

北海道は竹がないので笹の葉に良く似た柳の木に飾る。一か月ずらすのは旧暦に合わせたのか浴衣が寒くない季節にしたのかはわからない。明日の朝、川に流される七夕飾りはどのくらいあるのだろう。せっかくある行事、どこかの業界が盛り上げ便乗企画ださないのかなとか思う。遠距離カップルなら最大半額で何かサービスとか。曇のまま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0707

コスモス 秋桜 今年初めて見ました。日が短くなってて寒くなる前に咲く予定の花は北の国では夏至を過ぎたらもうのんびりはしていられないのかも知れません。夏に咲く品種かも?今日は七夕 短冊に願い事は何ですか?pic_0690.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0706

あじさい こちらではかなり早咲きのアジサイ。今日の札幌のアジサイ。少し蒸し暑い雨がぱらつきそうな曇り空。アジサイ日和?pic_0687.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンガの煙突の家

人が住んでいる気配はないがユニークな作りである。自民党のポスターと共産党の看板があったpic_0688.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0705

すいれん 北海道庁の庭の睡蓮です。初夏の青空が水面に映っています。今日も晴れpic_0686.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切ってみました。

白い種がありました。すぐに酸化して少し茶色くなりましたが切った瞬間は青い感じがじした。pic_0684.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採ってしまったリンゴ

袋をかけたリンゴ12個。貴重な一個を間違って採ってしまいました。まだまともに大きくなったことはなく去年は初めてなった三個がちいさいまま秋が終わりました。今年はどうなることやら。pic_0683.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほおずき(ほおづき)のツリー

hozukitree.jpg
ほおづきランプを 見て思い出しました。 2002年の冬 銀座のあるお店(資生堂本店?)に飾られたほおづきのクリスマスツリー。何と手間をかけたツリーなのだろうと感心した記憶が蘇えった。初めてカメラ付携帯を持って珍しいものがあれば写していた。モブログはしていなくてもそんなことばかりしていた好奇心旺盛な奴です(^。^)。

続きを読む "ほおずき(ほおづき)のツリー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の花折々0703

hozuki.jpg
ほおづき(鬼灯) 浅草でほおづき市が開かれるのは来週。四万六千日の7月9日・10日。北向きの北海道の庭ではまだ花が咲いている。小さな小さなほおづきの実もついていた。この実が赤く色づく頃はすっかり秋なのだと思う。そうそう黄色い食用のほおづき があるのをご存知でしょうか。甘いミニトマトみたいな感じだったように記憶しています。

文中LINK top
JAとぴあ浜松 静岡の農協、今はハウスみかんの出荷が旬であるらしい。
はまだより ほおづき市から洋名までのコラムのHP
Hiromi network 秋田の 食用ほおづき紹介していたHP

おまけ ご近所で食用ほおづき作っていたのでご紹介です。由仁町の食用ほおづき

 頬付blog さんの 食用ほおずき 野菜図鑑の引用で食用ほおづきのことが きちんと書かれています。
頬杖blogさんには もうひとつ すてきなほおづきの記事が・・ ほおづきランプ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中に入れてもらえない木

塀をまっすぐ建てたら中に入りそうなのに、塀の中の木々から仲間外れにされたらしい?pic_0679.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の花折々

ほぼ毎日何か北の花を紹介し、二ヶ月を越えました。これをきっかけに怪しい妙なもの紹介も増えてきました。北の花折々 と言うカテゴリーを作って登録しました。左側のくらし とか 人 とか スポーツと分類が並んでいる中に 北の花折々 がある。クリックすると今までのが 全部見えます。名無しの花にお心あたりがありましたら、ご協力のほど よろしくお願いします。今までも教えてくださった花好きの心優しき方々に改めて感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0702

らべんだー これはわが家のラベンダー七月の北海道の花は無事クリア。ラベンダーと言えば筒井康隆さんの時をかける少女 原田ともよの映画が有名だがNHKのドラマが深町君だったかケンソゴルの未来っぽい顔を思い出すpic_0670.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

俺が見つけた嫁さんなんだからな!

主婦の毎日・母さんの仕事 と 題した yoshiさんの jikka day by day の 記事からの タイトルの一言です。 いい夫婦 簡単な言葉でくくれるほど簡単ではないとは思うけれど、素敵なご夫婦だなと思います。 ぜひ ご一読を。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北の花折々0630b

しゃくなげ 石楠花 びわではない(^_^;)。
一度紹介したのは八重の赤い石楠花、今度は白の普通の石楠花。枇杷と葉が似ている。昔 関東で暮らしていた時にそれは大きな枇杷があった。ここでたべられるまで実がなるとは思えないが・・・。 石楠花はどうも春の花らしい。やっと咲いた 北の石楠花
pic_0671.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の花折々0630

じゃがいも わが家の畑の片隅に咲いた。昨年秋の収穫と今年の春の畑おこしを逃れた運の強い?じゃがいもである。昨夜の雨が上がった曇り空。さくらんぼは雨のせいか、ほとんど割れてしまいました。pic_0669.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »