« 北の花折々0621 | トップページ | さくらんぼ0622 »

「みずいろの手紙」あべ静江

ysence.jpg
1974/1集英社ヤング・センス冬号 高校生 ギターを買ってもらって、へたくそなりにいろいろ弾きたくて買った一冊。左下のサミーデービスJrがサントリーのCMをやっていて、右下のチューリップが「心の旅」をヒットさせた頃の雑誌。同じ頃それはそれはきれいな女性歌手が爽やかな歌声でデビューしてヒットを飛ばした。
ysence03
「お元気ですか そして今でも愛しているといって下さいますか」 のセリフにドキッとさせられた「みずいろの手紙」のあべ静江さんである。なんだかしっかりおばさん太りしてバラエティ番組にでていたりするが当時はこんなでした。さてこの雑誌は何でもありで、表紙をめくるとカーペンターズ、デビットボーイが出てくる。1973年を振り返った特集記事があり、フォークソロシンガーベスト3が写真で出ていた。皆若い。
ysence02.jpg
さてこの雑誌の裏表紙をめくると雑誌の広告が・・(裏表紙・・ 大学ノートの裏表紙に・・さなえちゃんを描いたの なんて歌 ありましたねぇ) 映っているグループはガロ。「学生街の喫茶店」のガロであるが、この雑誌に出ていたのは「君の誕生日」 という曲。小鳥は空を飛び~という「たんぽぽ」という曲がデビュー曲かな?でその雑誌が「GUTS」。こういう雑誌はどうして消えていったんでしょうねぇ。 マージさんの記事に刺激受けて引っ張りだしてきたネタでした。
ysence04

|

« 北の花折々0621 | トップページ | さくらんぼ0622 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

わぁ、懐かしい・・・泉谷しげるさんの髪・・・
ガロの全盛期はまだ小学生でしたが、よく歌っていたもので、
当時よちよち歩きの妹が覚えてしまって、友達から古い曲を知っているので、不思議がられていました。
うちには、今確認しましたら、1980年と1982年の
それぞれ冬号だけが残っていました。
なぜその2冊だけを残したのか、中を見ても、
今となってはわからないのですが、好きな曲があったのでしょうね。
洋楽の楽譜にいっぱい印がついていました。
ギターはフォークギターとクラッシックギターが1台ずつ
ほこりをかぶっています。(^^;)

投稿: (^o^)丿mee | 2004.06.21 23:23

出ましたねー、飛び道具(笑)
あの頃のあべ静江さんはホント清楚でした…って、
過去形で言うのは失礼か(^_^;)。
ガロやチューリップも懐かしいです。
「さなえちゃん」は古井戸でしたっけ。

投稿: マージ | 2004.06.22 13:32

>geminiさん 1980と1982 青春まっさかりの年代?(笑) 冬休みというのは夏に比べるとインドア傾向が強いので、こたつにみかんでギターとか?まぁ今考えれば一人勝手にカラオケというか思い込み弾き語りというか・・。まわりははた迷惑だったろうなぁと、僕は思います。歌もギターも下手なんですから。geminiさんはどうだったでしょう?

>マージさん
はいはい 出してきました(笑)。そうそう古井戸でしたね。NSPなんていうグループの曲も出ていました。いずれまた小出しに・・。

投稿: | 2004.06.23 09:14

NSPという言葉に反応してしまいました。
復活して3年目の活動をしていますよ。
復活ライブは天野氏が涙して・・・
先月の大阪のライブは、もうすっかりNSPでした。

全盛期は私は小学生~中学生(ここ強調)でしたので、
ライブには行けませんでしたが、今の方がいい感じではないでしょうか。

ギターは・・・文化祭などで、披露してましたが、
今はコードをかろうじて覚えてる程度です。^_^;

投稿: (^o^)丿mee | 2004.06.23 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/814104

この記事へのトラックバック一覧です: 「みずいろの手紙」あべ静江:

» 「まごころ」森山良子 [ごたまぜの引き出し]
集英社「明星ヤング・センス」1969年VOL.6 うちにある一番古い、音楽雑誌…になるのかな?まだ小学生の私に、ひとまわり年の離れた従兄が「これあげる」と持って... [続きを読む]

受信: 2004.06.22 13:34

« 北の花折々0621 | トップページ | さくらんぼ0622 »