« 北の花折々0522 | トップページ | 北の花折々0522b »

作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一と言えば

 知りませんでした。凄く有名なのだろうと思うけれど。記事のタイトルを見て、すぐ判った人は多いのでしょうか?長野とか鳥取の人だったりするかも知れません。菜の花で思い出した歌の歌詞がきちんと思い出せなくてネットで調べてへぇ~と思ったので記事にすることにした。作詞、作曲のコンビと言えば歌謡曲では作詞:阿久 悠 作曲:都倉 俊一がNO1でしょう。ピンクレディー,フィンガー5,のほとんどの曲。ジョニーへの伝言、五番街のマリーへ、どうにも止まらない。etc etc。皆が知っている曲めじろ押しです。で 冒頭の作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一ですが恥ずかしながら全く知らない名前でした。このコンビで作った曲を紹介しましょう。そんなに数がおおいわけではないですが・・。
 
   『故郷』    うさぎうさぎ追いし かの山 
           小鮒(コブナ)釣りし かの川
   『春がきた』 春が来た 春が来た どこに来た
            山に来た 里に来た 野にも来た
   『春の小川』春の小川は さらさらいくよ
           岸のすみれや れんげの花に
   『紅葉』    秋の夕日に照る山 紅葉
           濃いも薄いも數 ある中に
   『日の丸の旗』白地に赤く 日の丸染めて
            ああうつくしや、日本の旗は
そして
   『おぼろ月夜』 菜の花畑に 入日薄れ
            見わたす山の端 霞ふかし
            春風そよ吹く 空を見れば
            夕月かかりて 匂い淡し

作詞 高野辰之 作曲 岡野貞一 メドレーでした。
そうして今の子供たちはこういう歌知らないんですよね。どうなんでしょうねぇ。子供たちが歌える良い歌を作ろうってそんな運動は世界の中で日本にしかなくて残したい伝えたい日本の文化なんですけどね。もっとも詩が示している風景が日常ではなくなってきているし、童謡さえも 歌は世に連れ なのかもしれません。 穏やかな天気の土曜日 仕事は思うように進みませんが(笑) どこかの菜の花畑は朧月夜だったりするかなぁ などと思える夕方です。

|

« 北の花折々0522 | トップページ | 北の花折々0522b »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事を読んでいる、今、ミュージックフェアで『朧月夜』を歌ってる・・・・ビックリ(^^)
美しい日本語の言葉や表現って、やはり子供には聞かせたいですね~。
NHKの「みんなのうた」もたまに聞いてみますが、昔とはずいぶん違いますね・・・・最近では『TOFU』(豆腐)という曲にちょっとビックリしました。

投稿: yoshi | 2004.05.22 18:25

聞いたことはないのでわからないのですが調べた範囲だと吉幾三の久し振りのコミックソングTOFUは問い合わせが多い人気曲でCDが発売になったそうですよ。

投稿: | 2004.05.23 01:56

あら、そうなんですか (^^)
ラテン系の曲と
色っぽいお豆腐美女が印象的でしたよ

投稿: yoshi | 2004.05.24 00:19

どちらかというとそういう曲の歌い継ぎに
熱心でない国ですよ日本は。

投稿: マイナー唱歌作曲家 | 2004.07.24 01:13

マイナー唱歌作曲家さん、コメントありがとうございます。
歌は世につれ世は歌につれともいいますからね。難しいのかもしれませんが、確かにNHKのど自慢で民謡を歌う人もめっきり少なくなっています。時代の流れとあきらめたくない気持あるんですけどねぇ。

投稿: | 2004.07.24 06:46

日本の風景や、日本の歌を残していきたいですね。
日常の忙しい中にも、こんな歌を聴くとふと時間がゆっくりになったりして大事なものをわすれていたのでは?と思います。貴重な情報をありがとうございました。

投稿: | 2011.08.18 06:01

> さん
コメントありがとうございます。 虫の鳴き声に季節を感じるような日本人の豊かな感性と心のゆとりは失いたくないし、これから育ちゆく子供たちにも伝わって行って欲しいものですね。もう少しこのあたり陽の目をみてもいい日本の素晴らしい文化だと思うんですけどね。

投稿: 惑 | 2011.08.19 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/635236

この記事へのトラックバック一覧です: 作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一と言えば:

« 北の花折々0522 | トップページ | 北の花折々0522b »