« イラクの自衛隊はどうしてる? | トップページ | 東京ではSuicaになるJALカード »

出場停止

 高校の体育部の関係者が事件を起こすと大会への出場停止問題が取りざたされる。部長先生が援交を買ってしまって発覚したが選手は大会に出られることになった。あたり前と思うがこれが逆で女子高生が実は団体チームの女子選手だったならどうだろう。また男子生徒で傷害事件で体育部の選手ならおなじみの当たり前?部全体として行なった行動が社会規範に照らして問題がある場合はいたしかたないとしても一部の人間が個人的に行なった不祥事で全体がというのはどうなんだろうといつも思う。連帯責任と言う言葉で処理するにはどちらにとっても重過ぎる罰のように思う。
 連帯責任、管理責任、そして流行の自己責任。責任とはなすりつけあう物ではなくて、本来、いかにして果たすかという前向きな姿勢で対応しなければいけないものだとは思う。簡単なことではないがだからこそ企業等で責任者と呼ばれる人はそれなりの報酬があったりするし、それだけのリスクを覚悟で引き受けるものだと思う。ところが、手柄は自分、責任は部下にというような名ばかりの責任者も少なくないようである。
 「責任者出て来い!」と叫んでいた人生幸朗師匠なら昨今の事件をどう扱っただろうか?

|

« イラクの自衛隊はどうしてる? | トップページ | 東京ではSuicaになるJALカード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/476371

この記事へのトラックバック一覧です: 出場停止:

« イラクの自衛隊はどうしてる? | トップページ | 東京ではSuicaになるJALカード »