« こんどはリンゴポリフェノール | トップページ | フキノトウ »

毛がに

kegani.jpg
 特別大きいラベルではないので小さい手の平サイズ。活毛がに。泡を吹いているのがわかると思う。でこれが半額投売りされていたので、我が家の台所に登場したわけである。柔らかい皮、つまり脱皮したばかりで身の入りはよくない。それでも毛がには毛がに。この後、大き目の鍋で釜茹での刑に処せられて、ビールと共に、しゃぶりつくされ、
軽い、でも、あと味さわやか甘味のある海明けのオホーツクで採れた旬の毛がにはすでに胃袋に納まってしまった。指先が細かい傷で一杯である(笑)。そうそう、茹でたてのしかも脱皮直後の毛がには触感もふわっと上質の卵焼きのような歯ざわりであった。美味しそうですか?

|

« こんどはリンゴポリフェノール | トップページ | フキノトウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/356926

この記事へのトラックバック一覧です: 毛がに:

« こんどはリンゴポリフェノール | トップページ | フキノトウ »