« 火星人にやられた?! | トップページ | 日記じゃない? »

読書絵手紙コンクール

 読書絵手紙コンクールというのを日本海新聞が行っている。本を読んだ感想を絵手紙にするという企画である。今ひとつピンとこなかったのだが受賞作品を見てその良さがすぐわかった。 ひとつは本を読んで絵にするという印象のイメージ化という作業が行われる点。もうひとつは単なる感想ではなく誰かに伝える手紙という形式をとったこと。絵と短い文章という絵手紙の形を借りて子供たちの心が伝わってくる作品ができあがっている。手紙の相手は物語の主人公にだったり、友人にだったり家族にだったりする。昨年の受賞作品の文字だけを紹介してみる。

最優秀作品 (智頭町立富沢小学校5年 国岡由佳さん)
かなさんへ エルンストみたいに迷っても友達に話せばらくになれるよ!!  由佳

優秀作品 (学校法人かもめ幼稚園 6歳田澤茉夕さん)
にじいろのはなさんへ かんむりをあげるよ まゆ より

優秀作品 (岩美町立岩美北小学校3年 田中春奈さん)
大ふくろうへ そんなに先生になりたかったんだね へんしんすごかったよ 私の学校にきてね 田中春奈より」  

入選の中から一点 (岩美町立浦富保育所2歳 野沢祐斗くん)
じいじとばあばへ ゆうと より」 文字は代筆だがきっとこんな会話があったのだと思いたい。
「ゆうとくんはだれにだすのかな?」「じいじとばあば!!」100点満点の孫である。(笑)

 是非絵と一緒に見て欲しい。 「昨年の受賞作品」で飛ぶHPの 「受賞者のみなさん」の絵手紙部門から 受賞作品が見れる。地方文化の担い手としての新聞社の役割は小さくない。独創性あふれるとても良い企画だと思った。鳥取の雪の影響の混乱を見に行って初めて知った日本海新聞http://www.nnn.co.jp/主催のこのコンクール応募資格は鳥取県在住で、今年の募集は今日で終わりという間の悪い紹介ではある。

|

« 火星人にやられた?! | トップページ | 日記じゃない? »

教育」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4833/129794

この記事へのトラックバック一覧です: 読書絵手紙コンクール:

« 火星人にやられた?! | トップページ | 日記じゃない? »